ガジュマルの木の育て方|根腐れしない植え替えと挿し木や剪定のやり方

ガジュマル剪定

見た目が特徴的なガジュマルの木。
しかし、その由来やいわれに実はちょっぴり怖い話が・・・。
そんな所も魅力の一つかもしれません。

とは言え、守護樹木として古くから大切に育てられてきました。
具体的な植え替えや挿し木・剪定の方法をご紹介しますので、ガジュマルを大切に育てましょう。

夏の女子旅は自然系パワースポットへ!関東近郊の日帰りおすすめ5選

女子旅

すっかりテレビや雑誌で話題になった「パワースポット」。
「なんとなく落ち着く」「そこに行くと元気がもらえる」「心が癒される」など特定の場所に理由なく惹きつけられた経験はありませんか?

人の第六感を刺激するような日本全国にあるパワースポット。
近年、国内外問わず多くの観光客から人気を得ています。

ガジュマルの木の室内での育て方|置く場所や水やり方法と葉が落ちる原因

ガジュマルの室内で育て方

「多幸の木」と呼ばれ、精霊が宿るガジュマルの木。
根っこが特徴的で見た目も独特の雰囲気が目を引きます。
一般的に育てやすく、観葉植物の定番として人気も高いですね。
風水的にも金運・運勢アップの植物として注目されています。
しかし、気を抜くと葉が落ちたり枯れてしまいます。
枯らしてしまうともちろん運気的にも良くありません。

行者ニンニクの食べ方は醤油漬けが人気!作り方や保存と賞味期限は?

行者ニンニク

行者ニンニクは、ニンニクによく似た強い香りとスッキリとした独特な辛味で人気を誇る春の山菜です。

「行者ニンニク」って由来が気になるネーミングですよね。かつて修行をしていた僧のことを行者と呼びますが、行者が滋養をつけて荒業に耐える為に食べていた事からその名前が付けられたそうです。
滋養がつきすぎてしまい、それでは修行にならないので隠れてこっそり食べていたと言われています。

ナズナ(ぺんぺん草)のおいしい食べ方や味は?効能と栄養がすごい七草!

ナズナ

庭に、取ってもとっても生えてくる「ぺんぺん草」。
よく見ると可愛い花をつけたひ弱そうな雑草ですが、かなり繁殖力がありますね。

別名は「なずな」。
お粥にして1月7日に食べるあの「春の七草のナズナ」です。
今回は、春の七草のナズナ(ぺんぺん草)のおいしい食べ方と味や効能と栄養についてのお話です。

ジャスミン茶の効果的な飲み方|冷たいペットボトルもむくみに効能ある?

ジャスミン茶

ジャスミンの花ってご存知ですか?
ジャスミンの時期は種類によって異なりますが、春から夏にかけて咲きます。

その花は、ペルシャ語の「ヤースミン:神からの贈り物」に由来すると言われているようです。
花の色は白と黄色の二色で白の花言葉は「柔和:温和」、黄色の花言葉は「優美:優雅」まさに見た目そのもの!

びわの葉茶のすごい効能!ガンや花粉症や便秘に効果あり?副作用は?

びわの葉茶

『びわの葉はいろいろな体の不調に良い』という言い伝えがあります。
体調を崩した時、病気予防に、捻挫や腰痛までびわの葉は利用されてきました。

そして、びわの葉茶も昔から病気予防などとして人気がある健康茶です。
バラ科の植物で日常的に愛飲されてきたお茶ですが、その人気の秘密は何でしょう。

こと座流星群2017の特徴や極大のピーク時間帯と見える方角は?

こと座流星群

2017年の流星群は、しぶん義座流星群がお正月の空をかざってくれましたね。
次は、今年2番目流星のこと座流星群が4月に見られます。
4月に見られることから正式名称が「4月こと座流星群」になったそうです。
あまり活発な活動はなさそうですが、そろそろ突発出現が起こらないかと期待しています。

米ぬかの美容効果がある利用法は『食べる』!食べ方や保存期間や注意点

米ぬか 食べる

日本人が昔から愛用してきた米ぬか。
栄養豊富であらゆる効能がありそう。

健康面でもさまざまな効果がありますが、美容面でも肌の汚れをきれいに落としてくれるために古くから石鹸に使用されてきました。
美白効果やシミ・シワの予防まであるとされています。
普通は捨ててしまうのでしょうが、米ぬかを食べると美容効果があります。

ふきのとうの栄養や効能は?食べ過ぎによるアレルギーや中毒はある?

ふきのとう 栄養

ふきのとうの香りは独特で味には苦みはありますが、爽やかな風が漂うような感じでもありますね。
天ぷらに、ふきのとう味噌、お浸しに…。
ワクワクして仕方がありません。

今回は、いろいろな料理に使えるふきのとうの栄養と効能についてお知らせをするとともに、食べすぎによる
アレルギーや中毒についてお知らせをいたします。

サブコンテンツ
    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア