• 2019-10-25

大葉の育て方|ベランダ菜園初心者でもプランターで苗や種から簡単!

細かくきざんで和食の薬味として引っ張りだこの青シソ。 大葉というのはこの青シソの園芸品種としての名前です。 ちぢれた柔らかい葉から漂う大葉のかおりは、晩ごはんの献立の妄想をかきたてますよね。 食卓の名わき役『ザ・アジアンハーブの大葉』を育ててみませんか!? ベランダでもできる苗や種からの育て方を、菜園初心者にもわかりやすくご紹介します。

  • 2017-07-17

ゆずジャムの作り方と保存方法|レンジや圧力鍋で簡単!種の使い方は?

ビタミン豊富で体を温めてくれる、晩秋に旬となる柚子。 冬にむけて風邪予防にもなる、ゆずでジャムを作ってみませんか? 柚子に入っているたくさんの種、思わず捨ててしまいそうなところですね。 しかし、種にはとても重要な役割があるのです。 ゆずジャムのレンジや圧力鍋で、簡単な作り方をお知らせしましょう。 また種の使い方と、保存方法についてお届けします。

  • 2018-12-07

ゴーヤ茶の苦くない作り方と効能!血糖値を下げる効果あり?副作用は?

これからの季節に向けて、日持ちもする手軽なゴーヤの活用法としてお茶の作り方、しかも、カフェインレスの苦くないお茶の作り方をご紹介したいと思います。 血圧や血糖値に効果があるとか栄養の宝庫とも言われている"ゴーヤ”のお茶! その効能世副作用についても触れてきますね。

  • 2019-10-25

防災植物とは?災害時の非常食に食べられる雑草の種類と食べ方の例

防災植物っていう言葉、聞いたことありますか。 あまり耳にしない言葉ではないでしょうか。 実はこの防災植物を知ることは、災害の時に身を守ることにもつながるのです。 今回は防災植物について、災害時に非常食に食べることができる雑草の種類や、食べ方を具体的な例を挙げてお知らせします。

  • 2018-11-27

バスソルトの作り方はハーブや岩塩で!アロマや重曹でも|色付けも簡単

バスソルトとは、文字どおりお風呂に入れる塩のこと。 塩単体でも良いのですが、そこに精油やハーブを入れることで、心身ともに嬉しい効果が期待できます。 今回は、お家で簡単にできるハーブやアロマと重曹を使ったバスソルトの作り方をご紹介します。 さらに色付きの岩塩を使えば、手軽にカラフルなバスソルトの完成です。

  • 2019-12-03

手作り味噌の作り方|ジップロックと圧力鍋で初心者も簡単!麹の分量は?

全国各地そのお味噌の種類は様々ですが、多くの地方で食べられている米味噌の基本材料は大豆と麹と塩だけ。 日本人が毎日使う調味料と言ってもいいお味噌、ぜひ、自宅でオリジナルのお味噌を作ってみませんか? 今回は、ジップロックと圧力鍋で初心者でも簡単に作られる「手作り味噌の作り方」についてお届けします。 麹の分量や塩と大豆の割合も必見です!

  • 2017-07-22

ライスミルクの効能3つ!ダイエットや美容効果が凄い!飲み方や味は?

豆乳に続く「第3のミルク」として注目を集めるライスミルク。 セレブやモデル、子育て中のママ達の間で密かに人気が高まっています。 白米・玄米の生米から、あるいは炊いたお米から作られ栄養も豊富。 この記事では特に玄米から作られるライスミルクの効能を3つご紹介します。 ダイエットや美容効果などが凄いライスミルクの、飲み方や味はどうなのでしょうか?

  • 2019-12-04

そばの実の栄養価と効能|女性に嬉しいダイエット効果や食べ方は?

「蕎麦には栄養がたくさん含まれていて身体によい」とか「そばを食べても太らない」とか聞いたことありますよね。 そばの実は栄養価が高く効能があり、さらにダイエット効果まであるというからこんな耳寄りな話はありません。 そんな蕎麦の実、欧米ではダンサーやスーパーモデル、さらにオーガニックな生活をしている人たちの中で「スーパーフード」として愛されているってすごいじゃないですか! 今回は女性に嬉しい食べ方やレシピもご紹介します。

  • 2019-10-25

完熟梅ジャムの作り方は冷凍梅や梅シロップ後の梅で簡単!保存方法は?

今回は完熟した梅を使って苦味がない完熟梅ジャムの作り方をご紹介します。 冷凍梅や梅シロップ後の梅を使って簡単に作る事もでき、冷蔵と冷凍を使い分けて長期保存も可能です。 梅酒や梅干しを作るときに出るちょっと傷物や熟し過ぎの梅や、梅酒や梅ジュースを取ってしまった梅をぜひ梅ジャムに~ そしてうれしいことに、加熱することでダイエット効果が増えるんですって!!

  • 2019-12-03

さつまいもの茎は美味しい栄養食材!食べ方や下処理・保存方法は?

「さつまいもの茎って食べられるの?」と思った方もぜひ一度さつまいもの茎を料理に使ってみてください。 さつまいもの茎もさつまいも同じく、凄い栄養食材で様々な食べ方があります。 茹で時間に保存方法を難しく考えなくても大丈夫! さつまいもの茎の下処理は意外と簡単なんですよ。 さつまいもだけではなく「さつまいもの茎」の料理も加えて、栄養満点の献立ができあがります。