完熟梅ジャムの作り方は冷凍梅や梅シロップ後の梅で簡単!保存方法は?

梅ジャム

今回は完熟した梅を使って苦味がない完熟梅ジャムの作り方をご紹介します。
冷凍梅や梅シロップ後の梅を使って簡単に作る事もでき、冷蔵と冷凍を使い分けて長期保存も可能です。
梅酒や梅干しを作るときに出るちょっと傷物や熟し過ぎの梅や、梅酒や梅ジュースを取ってしまった梅をぜひ梅ジャムに~
そしてうれしいことに、ダイエット効果が加熱することで増えるんですって!!

さつまいもの茎は美味しい栄養食材!食べ方や下処理・保存方法は?

さつまいもの茎

「さつまいもの茎って食べられるの?」と思った方もぜひ一度さつまいもの茎を料理に使ってみてください。
さつまいもの茎もさつまいも同じく、凄い栄養食材で様々な食べ方があります。

茹で時間に保存方法を難しく考えなくても大丈夫!
さつまいもの茎の下処理は意外と簡単なんですよ。
さつまいもだけではなく「さつまいもの茎」の料理も加えて、栄養満点の献立ができあがります。

しそジュースの4つのすごい効能!効果的に飲むタイミングや副作用は?

しそジュース 効能

酸っぱさが美味しいシソジュース、疲れた時に無性に飲みたくなったりしませんか?
それは、心身がストレスを感じているサインかもしれません。
しそジュースを飲むと、心や体が不思議と楽になります。
そんな魔法のようなジュースには、しその豊富な成分や栄養素が私達の身体に魅力的に働いているのです。
そこで今回は、しそジュースの4つのすごい効能と効果的に飲むタイミングや副作用について徹底解説します!

上高地の紅葉2017の見頃時期はいつから?絶景穴場スポット4選!

上高地

上高地は、長野県西部、松本市に位置する、北アルプスの穂高連峰と、その谷間から流れてくる梓川(あずさがわ)に沿った平地です。
色彩豊かな自然と澄んだ空気の中、秋のハイキングはいかがでしょうか?
今回は、上高地の紅葉2017年の見頃時期と絶景穴場スポットをご紹介します。

そば茶の効能や副作用|便秘や血圧改善の効果も!妊娠中の注意点は?

そば茶

近年注目を集めているのがノンカフェインのそば茶。
蕎麦屋さんで出される特殊なお茶というイメージからか、マイナーな飲み物になっていますが、その効能は絶大です!

今回は、そば茶の効能や飲みすぎの副作用と妊娠中の注意点について、さらに便秘や血圧改善効果のお話しをいたします。

アロマディフューザーの使い方|手作りで精油の割合と長持ちさせるコツ

アロマディフューザー

お部屋のなかを素敵な香りで充たしてみませんか?
お気に入りの香りをいっぱい深呼吸するだけで、憂鬱な気持ちも吹っ飛んでしまうかもしれません。

今日は簡単に芳香浴が楽しめるアロマディフューザーの使い方について、精油の割合と長持ちさせるコツを掘り下げ、簡単にできる手作りのやり方もご紹介します。

ヘビイチゴは優秀な漢方薬!焼酎漬けの効能効果は虫刺されやニキビにも!

ヘビイチゴ

食べれるいちごと思って一つ摘んで食べてびっくり!美味しくない。。
そんな経験を子供の頃にした人も少なくないかもしれません。
名前からかまた不味いからか、毒のあるイメージですが毒はありません。
名前の由来は何でしょうね。
むしろ、漢方薬として活躍する奥深い雑草です。
今回ご紹介するのは、ヘビイチゴは優秀な漢方薬!焼酎漬けの効能効果は虫刺されやニキビにも抜群です。

焼き梅干しの作り方はレンジやトースターで簡単!フライパンで焼く時間は?

焼き梅干し

梅を加熱すると、梅に含まれている糖とクエン酸が結合し『ムメフラール』という成分が作られ、健康やダイエットに良いとブームになっています。

今話題の『焼き梅干し』をレンジとトースターや、フライパンで焼いてみました。
作り方はどれも簡単なのですが、焼く時間や手間に少し違いがあります。

しそジュースの作り方|クエン酸やりんご酢で簡単!保存期間や賞味期限も

しそジュース

さわやかな香りとのど越しすっきりのシソジュースは、夏の疲れた体をシャキッとさせてくれるような爽快感に人気がありますね。
手作りのしそジュースはそのまま飲むだけでなく、炭酸割リにしたり紫蘇ゼリーにしてもおいしいものです。
しその栄養素もたっぷりいただいて、夏を乗り切りましょう!
クエン酸やりんご酢で簡単にできるしそジュースの作り方や、気になる保存期間や賞味期限について、また残った紫蘇でゆかりの作り方もお届けします。

葉唐辛子の食べ方|佃煮でおにぎりやチャーハンのアレンジと保存方法

葉唐辛子 食べ方

葉唐辛子とは、唐辛子がまだ小さいうちに葉ごと収穫したものです。
葉唐辛子を使って簡単に佃煮が作れます。
無添加の調味料を選んで作れば無添加の佃煮になりますね。
佃煮は、おにぎりにいれたりチャーハンにいれたり、たくさん食べ方のアレンジが利くのでとても便利なんですよ。
葉唐辛子を美味しく食べきるための保存方法もご紹介したいと思います。

サブコンテンツ
    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア