みずがめ座流星群2018年5月6日の極大のピーク時間帯や見える方角は?

  • 1
    ツイート
  • 1
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

Sponsored Link

 

2018年の3番目に夜空を飾ってくれる流星群は『みずがめ座η(エータ)流星群』
「しぶん義座流星群」「こと座流星群」に続いて、『みずがめ座η流星群』も見ておきたいと気になっちゃいますね。

連休中の流星群ということもあって、見たいと思っている人も多いのではないかと思います。
また、観測時も、しぶん義座流星群の時のような恐ろしい寒さに見舞われることもなく、快適・・とまではいかなくても少なくとも凍えなくて済みそうですね^^

今回は、2018年5月6日のみずがめ座η(エータ)流星群について、特徴や極大のピークの時間帯と見える方向についてお届けします!

 

みずがめ座η(エータ)流星群の特徴

みずがめ座流星群

みずがめ座η流星群は、母天体があの『ハレー彗星』って知っていましたか?
そしてオリオン座流星群と兄弟みたいな関係にある流星なんですよ。

流星群は1年で何度見られるかというと、およそ100回と言われています。
その中でもっとも素晴らしく有名な流星群が3つあります。

それは、「三大流星群」の

1月のしぶん義座流星群
8月のペルセウス座流星群
12月のふたご座流星群

の3つです。

その三大流星群の次に規模が大きく、毎年活動がある流星群が『みずがめ座η流星群』。
しかし、北半球の高緯度に位置する日本では、地平線の低いところにみずがめ座があるため、すべての流星を見ることはできません。
南半球に住んでいれば楽しめるのですが・・・

また、粒子の元になるチリが大気中に斜めに飛び込んでくるので、観測者が見ることのできる流星の数が少なくなるのだそうです。
放射点の高度が低いために起こるうれしいことは、経路の長い見事な流星を期待できることです。

1時間当たり5個程度見られるのですが、多い年は20個ほどの時もあるそうです。
そんな当たり年になってほしいですね。

Sponsored Link

 

2018年5月6日みずがめ座η流星群の極大のピーク時間帯

みずがめ座流星群は5月6日に極大になります。
1日だけではなくその前後で観測できますので、日の選択も大事な条件になってきますね。

 

極大ピークの時間帯

2018年の極大は、5月6日の午後17時頃になります。
この日の日没時刻は18:31(東京都)

太陽が出てて見えないじゃない!!!

そこで、5月7日深夜0時頃から夜が明ける前(午前4時前ぐらい)までが、今年のみずがめ座η流星群の一番の見頃といえそうです。
また前後2~3日間、つまり5月4日あたりから5月8日ぐらいの夜半過ぎも候補として考えておきましょう。

天の川が見えるような空の暗い場所で観察すると、1時間に5個程度の流星を見ることができるでしょう。

 

みずがめ座η流星群データ
出現期間4月19日 – 5月28日頃
極大時刻2018年5月6日 17時頃
見頃時間帯*第一候補 5月6日0:00~夜明け(日本時)
*第二候補 5月7日0:00~夜明け(日本時)
光度比
(流星の明るさを表す指標)
2.7(明るい)
極大出現数(ZHR)
(流星の出現数を表す指標)
60 (中程度)
対地速度
(地面に対する流星の速度)
66km/s
流星電波観測国際プロジェクト・ American Meteor Society参照

 

観測条件と月齢

今年2018年のみずがめ座流星群の観測条件はあまり良くないようです・・・。
見頃となる未明には、月齢20の下限の月の月明かりに邪魔されて流星群は見えにくいでしょう。

■2018年5月5日
月の出時刻 :23:07
月の入り時刻:8:31(5/6)

■2018年5月6日
月の出時刻 :23:51
月の入り時刻:9:21(5/7)

月明かりのある方角を見ないように観測する必要があります。

 

月齢表

 

気象条件

せっかく流星を見ようと意気込んでも、雨や曇りなのはいただけないですよね。

そこで長期予報を調べてみましたら、何と5月6日は曇り(時々雨)!
前後一週間今年は少しぐずついたお天気になるようです・・

気象条件もよく検討して、観測に備えましょう。

 

みずがめ座流星群の見える方角は?

見える方向は特に気にしなくていいです。
できるだけ暗い方が良いですが、もし月や街灯りがあった場合は光と反対側を見るようにしましょう。

放射点はみずがめ座の真ん中あたりですが、そこをじっと見つめる必要もありません。
空全体を眺めているだけでOK。

  • 月明かりや街灯りのないできるだけ空の暗いところ。
  • 空が広く見渡せるところ。流星は空全体で見えるため。
  • 1時間に5個ぐらいの流星を待つわけなので、首が痛くなってしまうかもしれません。
    できれば、上を向いて寝て観賞するのが楽です。

2018年5月6日午前3時の星空はこのようになっています。

 

みずがめ座は東の空付近にあり、高くは昇りません。
また、2等星以上の明るい星がない星座なので見つけにくいかもしれません。

天の川が良く見えるような条件のところで、『デネブ』『アルタイル』『ベガ』を結ぶ夏の大三角形が天の川に見つけたら、ベガから天の川を渡り夏の大三角形を二分するように渡ったあたりを探してみてください。

 

おわりに

今回は、2018年5月のみずがめ座η(エータ)流星群の、特徴や極大のピークの時間帯と見える方向についてお届けしました。

次は7月に『みずがめ座δ(デルタ)流星群』が見ることができますよ。
せっかくなら、5月と7月をセットで見れるといいですね^^

街灯りが多い日本では、住んでいる場所から手軽に流星が見られるということも珍しいでしょう。
どこかに出かけてみることになると思いますが、真夜中の移動に注意してお出かけくださいね。

また、春と言えど夜中は結構寒いですので、防寒対策も忘れずに。
この素晴らしい天体ショーを余すところなく楽しんでください。

 

Sponsored Link

中国の伝統健康法・気功法や中国武術を上海で学び、有効な身体の使い方と健康法の指導をする健康運動指導士。
オーガニックライフやエコロジーに目覚めたきっかけは合成洗剤の疑問から。
身体を壊さない・未病にならない方法を、多くの人に提案し続けている。

  • 1
    ツイート
  • 1
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
いいね

コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア