潮干狩りの季節はいつ?神奈川・千葉・茨城のおすすめと人気の穴場6選

  • 0
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

Sponsored Link

 

潮風を浴びながら海水浴、楽しい仲間とスイカ割り、砂浜でビーチバレーをしたり。
海でのイベントを思うと胸が高鳴ります。

海は季節によってまったく違った香り、色彩、波の音を楽しませてくれます。
訪れた人々の五感を刺激するのも海の魅力。

潮干狩りは、夏が来る前に海とふれあうができるイベント。
著者も潮干狩りに行くと、夢中になって砂を掘った小さい時のことを思い出します。

潮干狩りは自然を楽しむことはもちろん。

帰宅後、採った貝は調理しておいしくいただけ、海の恵みを家に持ち帰ることができるんです。

千葉、神奈川、茨城ではたくさんの潮干狩りスポットあります。

今回は2017年、関東で潮干狩りの時期や、はまぐりの季節、 おすすめや人気の穴場をご紹介します。

 

都内からでも行きやすい!関東近郊の潮干狩りスポット

 

潮干狩り

3月中旬~6月頃まで開催されています。
春先から潮干狩りができるということに、驚かれる方は多いかもしれません。

潮干狩りは、3月から6月までと期間が長いのも魅力的

また、潮干狩りはタイミングが大切です。
5月上旬は特に潮が引く時間が長いとされていいます。

ゴールデンウィークは混雑が予想されますが、焦らず潮干狩りするには5月がおすすめ。
当日はなるべく早めに家を出て、渋滞を避けたいところですね。

潮干狩りスポットには海浜公園や海岸など貝が採れる場所は様々。

場所によって、袋無料、食堂がある、温泉が近隣にあると場所によって違った魅力があります。

採捕できる貝の種類も、場所によって様々なので調べるだけでも貝に詳しくなりそう。
また、食べてみたい貝で場所を決めるのも素敵ですね。
砂の中お目当ての貝が見つかれば、気分は宝探しですね♪

今回は都内からでも比較的にアクセスしやすい、千葉、神奈川、茨城の潮干狩りスポットをご紹介します。

 

1.神奈川県 【走水海岸】

住所 神奈川県横須賀市走水海岸
電話 090-2911-5419
🅿 111台 5:00~20:00(出庫~21:00)
🚻 あり(1か所)

走水の水は名水として有名。

走水神社では、神聖な水がわきでる神社として古くから親しまれてきました。
そんな走水神社では、富士山から長い時間をかけて流れてきたといわれている湧水をくむことができます

また、パワースポットとしても人気です。
潮干狩りの帰りに立ち寄ってみるのもおすすめですね。

神聖な富士山からの湧水が流れ込む海岸。
そこで育ったミネラル豊富なアサリで有名。
和食料理のお店で出てくるようなぜいたくな味で、体もきっと喜びますよ。

岩場が多いため、貝以外の生物も観察しやすくなっています。

岩場に隠れているのは、カニや小魚、ヤドカリなど。
見慣れない生き物の観察の方にも夢中になってしまいそうですね。

□料金

大人(中学生以上) 1200円(2kgまで)
こども(小学生)  600円(1kgまで)

※採貝量上記の量を超える分は1kgにつき600円
※ビニール袋が無料で支給されるそうです。

□おもな貝の種類

あさり

 

2.千葉県 【富津海岸】

住所 千葉県富津市富津2307-2
電話 0439-87-2233
🅿  1200台 無料
🚻  あり

一般的には3月中旬から行われる潮干狩り。
富津海岸では例年、3月上旬から潮干狩りが開始されるそうです。

みんなよりも一足先に潮干狩り。
友人や、職場の人など、ちょっとした話のタネにもなりそうですね。

富津海岸は東京湾の中で一番最初に潮干狩りができるスポット。
東京湾と言っても、外海に近い富津海岸の海水は驚くほど綺麗
大粒なあさりをたくさん見つけることができます。
すくすく育ったあさりを見つければ、 海水の状態が良いのは一目瞭然ですね 。

大粒のあさりをご飯と混ぜこんであさりご飯にすれば食べごたえがありそうです!

また、テニス、海水浴、ジャンボプールなど観光施設が充実していて、 更衣室や休憩所もあります。

いろんな県の方に是非来ていただきたい潮干狩りスポット。
富津海岸の海水の美しさを見れば東京湾の印象が変わるはずです。

□料金

大人(中学生以上)  1,800円(2kgまで)
こども(小学生)    900円(1kgまで)
4才~小学生未満   700円(1kgまで)

※ お持ち帰りにも嬉しい 網袋付です。

□おもな貝の種類 

あさり はまぐり

 

3.千葉県【牛込海岸 】

住所  千葉県木更津市牛込752番地
電話  0438-41-1341
🅿  1000台 無料
🚻  あり

木更津金田ICから約5分。
車でのアクセスが良く、約1,000台も入る広い駐車場が無料で利用できます。
休憩施設や食堂など、一休みできるところがあるのも親切なところ。

潮干狩りをした方からは「探し回らなくても簡単にあさりが採れる」と喜びの声も上がっています。
また、貝も種類豊富で、あさりの他に、アオヤギ貝、ツメタ貝、ニシ貝といったものなど。

ツメタ貝はあまり聞きなれない貝かもしれません。
見た目はエスカルゴのような形をしています 。
ツメタ貝はあさりなど二枚貝の天敵とも言われていて、なんと他の貝を食べてしまうんです。

このツメタ貝、もちろん食べることができるのですが、少し調理にコツがいります。
採捕できた際は海岸のスタッフの方に聞いてみてもいいですね。

他とは違った貝とふれあえるので、初めて見る貝に出会えるかもしれません。

□料金

大人(中学生以上) 1600円(2kgまで)
こども(4歳以上) 800円(1kgまで)

□おもな貝の種類 

あさり はまぐり バカ貝 シオフキ貝 アオヤギ貝 ツメタ貝 ニシ貝など

 

4.茨城県【日川浜海水浴場 】

住所 茨城県神栖市日川字海岸砂間地先
電話 0299-90-121(神栖市商工観光課)
🅿  約600台 無料
🚻  あり

潮干狩りといえば、あさり。
というイメージが強いかもしれません。
日川浜海水浴場ではなんとはまぐりが採れます。
鹿島灘海岸は「鹿島灘はまぐり」の産地。
潮干狩りでも、運よく見つけられることができるそうです。

鹿島灘はまぐりの特長は、鳶色がかった茶色と淡い黄色が美しい手のひらサイズの貝
他の貝よりも少し大きい貝なので、すぐ気がつきそうですね。

砂抜きした鹿島灘はまぐりはフライパンや金網の上で焼いて食べると絶品。
貝が口を開けたところに醤油をたらすと醤油の香ばしいにおいがハマグリの香りを運んできます。
想像しただけでも、お腹がすいてきます。

日川浜海水浴では 4月中旬から6月下旬が採り頃とされています。

無料シャワーもあるので、本格的に潮干狩りできそう。

近隣の施設も充実。
有料ではありますが、オートキャンプを楽しめる日川浜キャンプ場や、湯楽々(ゆらら)という温泉施設もあります。

Sponsored Link

 

□料金

無料です!
ひとり一日1kgまでの制限があるので、楽しくても採りすぎには注意しましょう。)

□おもな貝の種類 

はまぐり

 

5.神奈川県【海の公園】

住所 神奈川県横浜市金沢区海の公園10番
電話 045-701-3200
🅿  1688台 (普通車1時間310円~)
🚻  あり

6月が過ぎて、潮干狩りのタイミングを逃してしまった…

そんな方に嬉しいお知らせ。
海の公園では、なんと9月中旬頃まで潮干狩りを楽しむことができます

そして、7月第2土曜日から8月いっぱいは海水浴場としても解放。
水着を持っていけば、潮干狩りと一緒に海水浴を楽しめます!

この海の公園、海水浴ができることは有名ですが、潮干狩りとしてもひそかに人気なスポットなんです。

もともとは、公園内に人工の砂浜が作られ海水浴場として親しまれていました。
人口で作られた砂浜に、天然のあさり、シオフキなどの貝が自然と繁殖したそうです。
そして、海水浴場だけでなく、無料で潮干狩りを楽しめるスポットとなりました。

「都内から近い場所がいいけど、人混みは避けたい」
という方、海の公園は狙いどころかもしれません。

整備された砂浜は、お子様が一緒のご家族にも安心。
そのうえ施設も充実しており、身障者用トイレ・更衣室・温水シャワー・休憩所・コインロッカーなどがあります。

広がる海と大きな広場。
晴れた日は青空の下、一日思いっきり遊ぶことができます。

貝の種類はあさり、シオフキ、マテ貝 、カガミ貝

特にカガミ貝は真っ白で平べったいく丸型が美しい貝です。
著者も実物を見たことはありませんが、とても興味がわきました。

食べた後は洗って、小物作りのアイテムとして応用できそうですね。
シンプルな写真立てにカガミ貝をボンドでつけてみれば、夏の思い出の写真にぴったりな写真立てが出来上がります。
あとは、キリで気をつけながら穴をあけてモビールにしてみても。
窓際に飾れば、光に当たって輝くカガミ貝の白さにうっとりしそうですね。

□料金

無料です!

□おもな貝の種類 

あさり バカ貝 カガミ貝など

 

6.千葉県【船橋三番瀬海浜公園 】

住所 千葉県船橋市潮見町40
電話 047-435-0828
🅿  408台 (普通車1日500円)
🚻  あり

都心から近い潮干狩りスポットとして有名。

渋滞が心配なので、交通機関を利用して潮干狩りしたい。
という方にぴったり。

「京成船橋駅」から「船橋海浜公園」まで直接バスが出ているため、お車なしでも行きやすくなっています。
ゴールデンウィークや土日に渋滞の心配をしなくてすみますね。

料金のシステムは入場料、採ったあさりは100g単位での販売になります。
100gの料金も60円と結構お得。

船橋三番瀬海浜公園は写真家の方々にも人気。
近隣は自然が豊かなため、野鳥を観察することもできます。

潮干狩り以外にも予約制のテニスコートやバーベキュー広場があります。
器材貸出しと食材付きのセットがあるので、潮干狩りの後はバーベキュー。
食後の運動にテニスで汗を流すのも。

気軽に潮干狩りを楽しみたい。
一日の中で楽しいことを少しずつしたい。
という方にもうってつけ。

テニスや、バーベキューの施設を利用すれば一日にアウトドアの遊びを詰め込むのも思い出になりそうですね。
友人同士のグループでもみんなで野外の遊びを満喫できます。
(状況に応じて値段が変わる可能性があるのでバーベキュー、テニスコートの利用料金は直接ご確認ください。)

□料金

大人(中学生以上)430円
こども(4才以上) 210円
あさりの持ち帰りは100gにつき60円です。

□おもな貝の種類 

あさり

 

おわりに

関東で潮干狩りの時期と、はまぐりの季節のおすすめスポットや人気の穴場をご紹介しました。

出発前に干潮時間を事前に調べておけば安心です。
潮干狩りの際は干潮時間の2,3時間前には到着しておくようにしましょう。

潮干狩りのタイミングに焦らずにすみますね。
また、早めに到着することで、海でのんびり過ごすこともできます。

潮干狩りで過ごす時間は、穏やかな波の音、心地よい潮風で体も心もほぐされそう。
のんびり海の空気を堪能しながら、潮干狩りするのも粋な楽しみ方ですね。

また、採った貝を見せ合えば、会話が盛り上がること間違いなし。
潮干狩りは、お子さんや旦那さん、友人や恋人と、時間を共有するイベントにぴったりです。

海の香りが残るなか、帰宅後はさっそく、採った貝を砂抜き。

翌朝には温かいお味噌汁に。
シンプルな調理でも、新鮮な貝を頂くのにはちょうど良いですね。

みんなで採った特別で新鮮な貝。
お味噌汁が、朝食の主役になりそうですね。

 

Sponsored Link
茨城在住。ハーブや自然に囲まれることが好きです。絵を描いたり絵本を作り都内のイベントで販売することがあります。DIYが静かなマイブームです。




  • 0
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
いいね

コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア