きのねシャンプーしっとり&ふんわりタイプの使用感や成分解析!

  • 0
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

Sponsored Link

 

すっぴんで暮らすことをコンセプトにした「あきゅらいず」。
シャンプーにも凄いこだわりがあるとのことなので、『きのねシャンプー』の「しっとり」と「ふんわり」を使ってみました。

使い心地や「しっとり」と「ふんわり」の違いもご紹介します~♪

商品ページはこちら↓
あきゅらいず『きのねシャンプー』しっとりタイプ&ふんわりタイプ

 

あきゅらいず『きのねシャンプー』とは

きのねシャンプー

あきゅらいず『きのねシャンプー』のコンセプトはこのようになっています。

美しい髪を養うためには、
髪が生えている根っこ・頭皮のス菌ケアが大切。

頭皮は、髪を育てる大切な場所。
豊かな大地に育つ森のように、美しい髪はすこやかな頭皮から生まれます。
皮膚常在菌のちからを引き出し、大地を耕すようにいい土=地肌を育てる。
きのねは、そんなすこやかな頭皮を育てるヘアケア商品をお届けします。
via:あきゅらいず

 

ヒトは、体の中も皮膚にも『菌』がいっぱい。
このたくさんいる『菌』がすべていなくなったら、ひとは生きていけないのでしょうね。

『良い地肌を育てる』という考え方は、あきゅらいずの自然に生きる基本姿勢がこめられているように思います。
では、どのようなシャンプーなのか成分からお知らせします。

【全成分】きのね シャンプー/ ふんわり

水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン、BG、グリセリン、ラウロイルアスパラギン酸Na、タンジン根エキス、ゴマノハグサ根エキス、オカゼリ果実エキス、ベニバナ花エキス、ポリゴナツムムルチフロルム根茎/根エキス、スイカズラ花エキス、アマチャヅル葉エキス、ムラサキ根エキス、オタネニンジン根エキス、オウレン根エキス、ポリクオタニウムー10、ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl、セテアレス-60ミリスチルグリコール、クエン酸、クエン酸Na、エチドロン酸、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール

【全成分】きのね シャンプー/ しっとり
水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸TEA、スルホコハク酸ラウレス2Na、コカミドDEA、ポリクオタニウム-10、タンジン根エキス、ゴマノハグサ根エキス、オカゼリ果実エキス、ベニバナ花エキス、ポリゴナツムムルチフロルム根茎/根エキス、スイカズラ花エキス、アマチャヅル葉エキス、ムラサキ根エキス、オタネニンジン根エキス、オウレン根エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダカラシ葉エキス、褐藻エキス、クララ根エキス、シソ葉エキス、ヨーロッパシラカバ樹皮エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、セイヨウキズタエキス、ゴボウ根エキス、センブリエキス、ニンニクエキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、加水分解ケラチン、加水分解コラーゲン、加水分解シルク、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、BG、エタノール、ヤシ脂肪酸K、水酸化K、銀、フェノキシエタノール

via:あきゅらいず

 

あきゅらいずの無添加洗顔料『きほんの3ステップ』と同じように10種類の東洋ハーブのエキス「草根木皮(そうこんもくひ)たまり」が入っていて、洗浄剤として使われているコカミドプロピルベタインはベビーシャンプーにも使われるほどの優しい安全性の高いヤシ油由来のものです。

防腐剤としてフェノキシエタノールが使われていますが、これも自然に存在する成分であることから、無添加やオーガニック化粧品で配合される成分です。
100%安全とは言いずらいのですが、毒性は食品にも使われるパラベンよりやや低いということです。
オーガニックで無添加がベストですけれど、腐敗してしまったり菌が繁殖しては元も子もありませんからね^^

日本にはオーガニックコスメの認証機関はないので、どこまでをオーガニックとするかの判断がメーカーやブランドに任されているのが現状です。
ですから、せっかくオーガニックをうたっていても、メーカーの考え方や判断で安全性が決められているのは消費者にはわかりずらいものです。

あきゅらいずは、全成分表示をしているので安心ですね。

 

草根木皮(そうこんもくひ)たまり

きのねシャンプー   via:あきゅらいず

あきゅらいずの『草根木皮(そうこんもくひ)たまり』に入っているハーブはこれ↓

金銀花(きんぎんか) 紫草(むらさきぐさ)
紅花(こうか)    丹参(たんじん)
玄参(げんじん)   黄精(おうせい)
絞股藍(こうこらん) 蛇床子(じゃしょうし)
黄蓮(おうれん)   御種人参(おたねにんじん)

以上の10種類の東洋ハーブ草根木皮から、化学的な薬剤を使わず古来から伝わる「水抽出法」でエキスを抽出したものが『草根木皮(そうこんもくひ)たまり』ということですね。

日本人にあった保湿効果の高いハーブがシャンプーにも配合されているとはうれしいですね^^
これらのハーブは、漢方や中医学の生薬として女性のトラブルにもよく使われるもので効果が期待されます。

あきゅらいずの品質管理とポリシーそして安全検査は、とても意識の高いものであると感じられます。

 

あきゅらいずの考える頭皮のスキンケア

洗いすぎない

頭皮を洗いすぎると乾燥して、皮脂の過剰分泌などバランスが崩れます。

そうすると
・乾燥による皮脂の分泌異常が起こると・・・・頭皮がべたつく。
・常在菌のバランスが崩れると・・・・フケが出やすい。
・雑菌が増えると・・・・・嫌な臭いや炎症。
・乾燥や刺激で・・・・・・カサカサ、かゆみがでる。

こうしたトラブルを防ぐには、洗いスギを避けることが第一。

 

良い地肌を作る

頭皮が凝って硬くなると頭皮への血行不良が起こり、毛根まで栄養が届きにくくなると、髪の成長は悪くなって、薄毛や抜け毛の原因にもなります。
頭皮の凝りは意外と気づきにくいものなんです。

新陳代謝も促してくれる頭皮マッサージすることで血行が良くなり、髪の毛の根元まで栄養を行き渡らせることで、すこやかな髪が育ちます。

 

ホリスティック(全体性)

体の外側からのケアだけでなく、食事やストレスなど身体全体の環境をよくすることが、頭皮や髪にとっても良いバランスに必要!

 

あきゅらいず『きのねシャンプー』の使用感は?

「ふんわり」も「しっとりも」どちらもグレードの高いシャンプーだと思いますね。

無駄に香料など使ってないところや、気泡剤など未使用にもかかわらず泡立ちがとてもよいので、しっかり洗えて気持ち良いです。
髪質と目的によって選択されたらいかがでしょうか?^^

 

ふんわりタイプ

口コミで「ギシギシする」と書き込まれていましたが、わからなくはありません。
洗ってるときはわかりませんが、すすぎをしているときやドライの時、ちょっぴりだけ手に絡まる感じがあります。
しかし、しっかり乾いてしまうとそんな感じはなくなって、スタイリングしやすくなります。

毛先を遊ばせたヘアースタイルの方には最適!
髪質にもよりますが、帽子をかぶって汗ばんでも頭を2~3回振ればスタイルが戻り、スタイリング剤も少しで済みそうです。

 

しっとりタイプ

洗ってるときヌルヌルした感じがあるように思いますが、これも乾いてしまうとまったくなくなります。
こちらはまとまりが良くなり、髪ツルツルで通りが良くなります。
髪が痛んでいる方、ストレートサラサラヘアーの方によさそうです。

毛先を遊ばせたヘアースタイルをして帽子をかぶったらペタンコになりました^-^

シャンプーして次の朝、顔にシャンプーを付けたわけでもないのにお肌がしっとり。
頭皮と顔の皮は1枚なんだと再確認です!

 

ぜひあなたも試してみてくださいね^^

バナー原稿imp

 

おわりに

今まで合成界面活性剤のシャンプーを使っていた人に『きのねシャンプー』を試してもらったら、毎日シャンプーしているのに泡が立たないという感想でした。
彼女の頭皮と髪はいろいろな化学物質にコーティングされ、本来の自然の力を無くしているのでしょうか。
もしかしたら、彼女のようにシャンプーをきのねシャンプーに変えたら、違和感を感じる人もいるかもしれませんね。

本来は頭皮が健康であれば、常在菌や皮脂のバランスがしっかりとれていれば、少し汗をかいただけで臭うということはありません。
夏でも3日に1度のシャンプーでも大丈夫なほどです。(シャンプーを使わない日は湯洗いです)

何気なく使っているものや日常の習慣を考え直して、よりシンプルでナチュラルな生活が見えてくるようになれば理想的ですね^^

 

Sponsored Link
中国の伝統健康法・気功法や中国武術を上海で学び、有効な身体の使い方と健康法の指導をする健康運動指導士。 オーガニックライフやエコロジーに目覚めたきっかけは合成洗剤の疑問から。 身体を壊さない・未病にならない方法を、多くの人に提案し続けている。




  • 0
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
いいね

コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア