アートアクアリウム展2016の『超花魁』が凄い!感想と楽しみ方

  • 0
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

Sponsored Link

 

夏を彩る金魚。見ているだけで涼しくなりますね^^

そんな金魚が織りなすアートアクアリウム展が日本橋で開催されています。
今年は10周年でその集大成として賑っています!

様々なジャンルとのコラボレーションもしていて、日常を忘れてしまう幻想的な世界に連れて行ってくれます。
身近に感じる金魚ですが、今一度その美しさに魅せられるでしょう。

今回はアートアクアリウム展2016の感想と楽しみ方についてご紹介したいと思います。

 

アートアクアリウムとは?

4672_3

大阪・日本橋・金沢で開催されている金魚に特化した展示会です。
アートアクアリウムアーティストの木村英智さんが和を表現して空間デザインをしています。

これからの空間アートというジャンルは癒しの部分がより一層プラスされていくでしょう。

毎年アートアクアリウム展には沢山の人が訪れています。
特に今年は誕生10周年なのでより盛り上がりをみせています。

夜19時以降はナイトアクアリウムとして大人のデートスポットとしても人気が高いです^^
ラウンジのカクテルはオリジナルの金魚カクテルがあり、ドリンクを飲みながら会場を鑑賞することができます。

ナイトアクアリウムでは世界の有名なDJの出演もあるので、ホームページで行きたいイベントをチェックしてみてから行くと良いでしょう。前売りチケットも販売しています。

■□Event Info
〈開催期間〉2016年
大阪  堂島リバーフォーラム   7月6日(水)–9月5日(月)
東京 日本橋三井ホール      7月8日(金)–9月25日(日)
石川 金沢21世紀美術館        9月16日(金)–10月14日(金)
アートアクアリウムHP

 

 金魚とアートのイリュージョン

会場に一足踏み入れればそこは異世界です。最初に目についたのは一風変わった水槽!

様々なデザインの水槽があり、金魚の美しさを最大限に引き出しています。
それぞれの水槽では金魚のイメージも違って見え、感銘を受けました。

4672_1

日本を感じさせる作品と金魚の紅白がとてもマッチしている水槽です。

映像芸術の中で金魚が華麗に泳いで影を映し出し、アート生み出していますね。日本人だけでなく、海外からもジャポニズムなアートとして認められています。

4765_12

ライトで照らされた角型の水槽は、どの角度から眺めても金魚がキラキラと輝きを見せるよう工夫がされていました。

吸い込まれそうな美しさをいつまでも眺めていたい気持ちになってしまいます。

アートアクアリウムアーティストが作っているだけに見たことのない水槽ばかりです!

 

10周年の超大作「超 花魁」

アートアクアリウム生誕10周年を記念して作られた今年の目玉の作品は超 花魁

今までの花魁も1000匹の金魚が泳ぐ巨大な金魚鉢でしたが、進化を遂げた「超 花魁」は3000匹の金魚が泳いでいます。

デザインもとても豪華で煌びやかです!

4765_10

7色に光り輝く巨大鉢の中で金魚が舞い泳ぐ姿は、金魚が魅せる妖艶な一面が表れています。
水の滴り落ちる様は艶やかであり、涼しさも感じる作品です。

会場内に飾られている提燈ともマッチしていて、薄暗い照明の中で一際光を放つこの金魚鉢は圧倒的な存在感です!

4765_8

やはりこの超 花魁の周りが一番人が集まっていました!

そばでカクテルを片手におしゃべりに花が咲いているカップルや、水槽を眺めるお客さんの中には浴衣に身を包み、より一層日本らしさを感じている方も見られました。

 

金魚の数が増えたこともあり、世界最大級と言える金魚鉢が彩る世界に思う存分浸ってください。

 

さまざまな種類の金魚達

水槽のデザインだけでなく、金魚の種類も豊富です。

縁日などの金魚すくいで見る種類は一般的に和金ですが、普段あまり見ることのできない種類もここでは見ることができます。

4672_5

 

ランチュウは可愛らしさがあり人気の品種です。金魚の王様とも呼ばれていますが、背びれがなく、ずんぐりとした姿が可愛らしいと人気があります。癒し系NO.1ですね^^

4765_11

この風船みたいな水疱が目を引く金魚は水泡眼と呼ばれる品種です。眼の所にある膨らみはリンパ液でできています。
中国では一般的に飼育されている種類です。面白い風貌に水槽に食いついて眺める人達も多かったです!

 

この他にも沢山の金魚が展示されていて、ここまで金魚の種類が集まる展示会は他にはないのではないでしょうか。
飼育の難しい種類もありますが、これを機に子供の頃とは違った感覚で金魚の飼育にチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね^^

 

イベントも盛り沢山!

アートアクアリウム展は今までDJ、アーティスト、パフォーマーなどを招いて音楽やダンスと融合しています。

世界でも活躍する面々が繰り広げるイベントのある日はより一層楽しさが増しますよ!

花魁ナイトという女形の公城 蘭太郎さんによるショート舞踊劇も開催されています。芝居や舞踊を見に行く機会がなかった方も、こういった形で体験できるのは素晴らしいですね。

そして、ラウンジでは毎週木曜日に獺祭ナイトとして日本酒の純米大吟醸「獺祭」も堪能することができます。

アーティストによるイベントは夜の時間帯のナイトアクアリウムでの開催がほとんどなので注意してください。

金魚に関する物販もあるのでお土産として買っていくと喜ばれると思います^^

日本の良い所が盛り沢山のアートアクアリウム展は毎年開催されているので、見逃してしまった方も次の機会に日本の風情を噛みしめに行ってみてください。

 

 

Sponsored Link
田舎生まれの自然が大好きなアロマセラピスト。エステティシャンなどを経験した後に鍼灸院内の一室でアロマセラピーを取り入れた小さなサロンを開く。セラピストをしながらアロマ講師としても自然療法について発信し続けている。




  • 0
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
いいね

コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア