Lettre du Nature
自然とともにある生活を

ふたご座流星群2018のピークはいつ?極大時間や見える方角は?

ふたご座流星群

天文ファンでなくても、出会えると深い感動に包まれるのが流星。
それが星降る夜になると思うと、待ち遠しくてワクワクしてしまいますね。

流星群は毎年決まった時期に見られますが、その中でも毎年安定した活動がみられ、流星の出現数が多い『三大流星群』と言われる流星群が有名です。

三大流星群は次の3つです。

  • 1月の『しぶんぎ座流星群』
  • 8月の『ペルセウス座流星群』
  • 12月の『ふたご座流星群』

12月の冬空に多くの流れ星が飛び交うふたご座流星群。
非常に人気で毎年話題になる流星群ですね。

今年2018年の観測条件はどうなのか、気になりますね!
今回は、ふたご座流星群の特徴や、2018年の極大日時、ピーク時間帯や見える方角についてお伝えします。

ふたご座流星群の特徴

 

ふたご座流星群の母天体はファエトンという小惑星です。
活動している流星群のほとんどは母天体が彗星なので、小惑星が母天体のふたご座流星群は珍しい流星群といえます。

ふたご座流星群は、次の理由から、一晩のうちに見られる流星の数が最も多い流星群として知られています。

  • 他の流星群のように当たり外れが少ない
  • 流星群の活動度が高い
  • 放射点が日没頃からほぼ一晩中地平線の上に出ている
  • 夜が1年のうちで最も長く、大気の透明度も良い時期

一晩で観測できる流星の数は、同じ「三大流星群」で数が多いとされる夏のペルセウス座流星群を凌ぐとされており、年間を通しても最大。
過去には、1時間に100個もの流星が流れた年もありました。

極大(流星群の活動が最も活発な時)はあまり鋭くなく、出現は12月10日頃から顕著になり、極大の前後1日から2日程度は極大と同程度の流星が見られます。

それが過ぎると急激に減少するのも、ふたご座流星群の特徴です。

2018年ふたご座流星群の極大日とピーク時間帯

2018年のふたご座流星群の極大日とピーク時刻は、

12月14日 午前21時

となります。

毎年、夜半前の20時〜21時の時間帯にピークとなり、一晩を通して流星が流れ続けるため、非常に観測しやすい流星群ですね。

同じ「三大流星群」である、しぶんぎ座流星群やペルセウス座流星群は、深夜(夜半から未明)に流星が活発になるため、夜更かし流星群観測で寝不足になりそうですが、ふたご座流星群は夜半前に活発になるので、余裕を持って観測できそうですね。

風邪をひかないように防寒をちゃんとすれば、お子さんと家族で一緒に観測しやすい流星群です。

2018年ふたご座流星群の観測条件や見頃時間帯

ふたご座流星群の極大時刻(ピーク)はけっこういい時間帯なのですが、月齢などの観測条件はいかがなものでしょうか?

早速、ふたご座流星群の観測条件とベストな見頃の時間帯をチェックしていきましょう。

2018年12月の月齢をチェック!

さて、なにがともあれ「月齢」です。

流星をしっかり肉眼で捉えようとするならば、余計な「明るさ」は大敵。
最近はけっこう明るい流星が多いとされるふたご座流星群でさえ、月の明るさにはかないません。

一般的に、「明るい流星」とか「暗い流星」というのは、月明かりや街灯の影響によることが大きく、空が明るければ明るいほど明るい流星は少なくなりますし、空が暗ければ暗いほど明るい流星が多くなります。

2018年12月の月齢はこのとおり。

月齢は6.8。
15日が上弦。極大の日は半月一歩手前の月ですね。

まずまずといったところですが、半月もけっこう明るいので、月が見えない時間を狙うに越したことはありません。
この日、お月様はいったい何時頃沈んでくださるのでしょうか・・?

観測条件と見頃の時間帯は?

2018年のふたご座流星群ですが、ピークの日の月は上限。
できれば、月が沈んでからの観測がよさそうです。

極大の日となる14日の月の入り、日の出の時刻は次のとおり。

2018年12月14日の月の入り、日の出の時刻(東京)

月の入り時刻:22:37
日の出時刻:6:42

 

この時間帯なら、流星を堪能できそうですね。
さらに、放射点が最も天頂付近に来る0;00〜2:00頃なら、流星数も最も数多くシャワーのように流れる可能性が大です。

したがって、2018年のふたご座流星群の第一候補の見頃時間帯は次のようになります。

12月14日 23:00 〜 翌6:00頃 (ベストは0:00〜2:00頃)

 

第一候補が難しければ、13日の夜も狙い目です。
13日は22:00前には月は沈みますので、少し早くにいい状態で観測ができそうですね。

第二候補は、

12月13日 22:00 〜 翌6:00頃

でスケジュールしておいてくださいね^^

ふたご座流星群データ
流星電波観測国際プロジェクト・ American Meteor Society参照
出現期間12月7日 – 12月17日
極大時刻12月14日
見頃時間帯12月14日 0:00〜?:00頃
光度比 (流星の明るさを表す指標)2.6
極大出現数(ZHR) (流星の出現数を表す指標)120
対地速度 (地面に対する流星の速度)35km/s

ふたご座流星群が見える方角は?

流星群の流星は、ある一点を中心に放射状に四方八方に流れますが、その中心となる点を放射点(輻射点)といいます。

ふたご座流星群の放射点は、2等星カストルのすぐ近くにあります。
ふたごの兄弟の兄の星のカストルですねw(ちなみに弟は1等星ポルックス)

ふたご座はこの時期、午後6時ごろから東の空から天頂に向かって登っていき、午前2時には天頂のピークに位置するため、流れ星が真上から下へシャワーのように放出される天体ショーを楽しめるでしょう。

放射点の高度が高い時は流星数は概ね多くなる傾向にあります。
空の広い範囲を見渡せて、街頭の明かりのない暗い場所で観測すれば、1時間あたり40個の流星が観測できるでしょう。

視界に何かの明かりが入ると星が見えづらくなるので、明かりがある時は背を向けるようにして観察するのがポイントです。

ただ、視野をあまりにも放射点に固定してしまうと、視界の端っこの方で大きな明るい流星が流れ去っていた・・ということにもなりかねませんので、視野はあくまでも空全体を眺めるように広く取ってくださいね。

思い切って、ゴロン!と寝転がって、手足を大の字に広げて夜空を仰ぎ見てはどうでしょうか。
星たちのシャワーが、今年一年で降り積もった心の中のモヤモヤも洗い流してくれそうですね(*^^*)



ふたご座流星群を観測時は服装に注意!

ふたご座流星群が見られるのは12月半ば。
温暖化の影響もあり、12月でも日中は暖かい日があったりしますが、星が見えるのは夜。

言うまでもなく、寒いです!!

特に深夜まで夜空を観察する場合は、次の日「寒気がする!」「クシャミが止まらない!」
…なんて事態にならないためにも、しっかりと防寒対策をされることをおすすめします。

必須防寒グッズ★マスト5
  • レジャーシート(厚みのあるタイプのもの)
  • 寝袋
  • ひざ掛け
  • 温かい飲み物(保温のできる水筒で)
  • カイロ

 

防寒は完璧に!
あとは、星座早見盤と方位磁石も忘れないようにしましょう。

おわりに

今回は、2018年のふたご座流星群の極大日のピーク時間帯や方角についてお届けしましたが、いかがでしたか?^^

流れ星、実は色々な呼び方があります。

  • 夜這い星(好きな人を恋しく想うあまり、夜寝ている間に魂だけが抜け出して流れ星となって想う人のもとへ飛んでいく)
  • 抜け星(空から抜け出してきた星)
  • 縁切り星(他の星に縁を切られて落ちていく様子)
  • 花火星(花火のような星)

ロマンチックですねー^^
どの呼び方が気に入りましたか?

頬を刺すようなキリッと冷たい空気の中で降り注ぐ流れ星は、心の中に暖かい光や勇気をくれるような気がします。

昔の人も、それぞれの思いを胸に、流れ星を眺めていたのでしょうか。
静かな冬空の下、普段の喧騒を忘れて、流れ星に思いを馳せてみませんか^^

ABOUT ME
Kana
当サイトの管理人。 自然やナチュラルな生き方を日々追求している。 地球の環境問題や食料問題を真剣に考えるようになり、菜食主義を実践。 現在も元気にベジタリアニズム道を突っ走っている。