しし座流星群2018のピークはいつ?極大時間や見える方角は?

  • 1
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

 

毎年11月に出現する流星群は「しし座流星群」。

しし座流星群は、2001年の大出現で一躍知名度を上げましたが、その後の目立った活動はありません。
50年ほど過去にも、1分間に40個も見られたといわれています。

しかし、しし座流星群には素晴らしい特徴があり、決して見逃せない流星群なのです。

今回は、2018年のしし座流星群の見頃や見える方角と特徴についてもご紹介します^^

 

Sponsored Link

しし座流星群の特徴

 

しし座流星群は、毎年11月中旬に出現する流星群で、放射点がしし座の中にあります。
母彗星は「テンペル・タットル彗星」となります。

しし座流星群といえば、2001年にあった1時間あたり2000個という膨大な流星雨の大出現が特に有名ですね。

それ以降は1時間あたり10個程度まで減ってしまい、2001年の時のような目立った活動はないようですが、この流星群の注目すべきところは、大きな流星が多く赤い流星「火球」が見られることです。
火球とは、非常に明るい流星のことで、星の3~4等級よりも明るいので、夜空を明るく照らすように見えることもあります。

 

また、最大の特徴としてはやはり「速度」でしょう。

母彗星のテンペル・タットル彗星の軌道を地球が通過することで、流星の元になる「塵」が大気圏に突入することで発生するしし座流星群は、全流星群の中でダントツの速さを誇ります。

なぜなら、テンペル・タットル彗星の軌道の角度が非常に深く、ほぼ直撃に近い形で地球の大気圏内に突入することになるため。
これに、地球の公転速度が加わることで、速度が秒速71kmという非常に速い流星となります。

このように、しし座流星群は「大きくて速い」流星が出現するので、非常に綺麗な流星痕が見られるという点でもチェックしておきたい流星群ですし、また流星天文学の発展にも大きな役割を果たしてきた流星群なのです!

 

2018年しし座流星群の極大日とピーク時間帯

2018年のしし座流星群がピークとなる極大日とピーク時刻は、

11月18日 午前7時

となります。

 

極大日時とは?

流星群の発生期間中で最も多く流星が出現する日とその予想時刻のことです。

 

朝方になりますが、月の条件が良ければ18日の未明が狙えそうですね。

 

2018年しし座流星群の観測条件は?

それでは、ベストな見頃を観測条件からチェックしていきましょう。

 

2018年11月の月齢は?

まず、流星群の観測条件を決める重要チェックポイントである月の状態を見てみます。

2018年11月の月齢はこのようになっています。

しし座流星群

 

極大の日である11月18日の月齢は10.5。
満ちていく月も半月もすっかり過ぎて、丸々と太りつつある月です・・。

星の観測にとって「月齢」はとても大きな影響を与えるファクター。
月の光に比べて星の瞬きはとてもか細く小さいので、月が煌々と夜空を照らしていると、いくら明るさ自慢のしし座流星群といえども、瞬殺でかき消されてしまいます・・。

もちろん、街の明かりも大敵です。
流星群観測には余計な光がなにもない方がいいのです。

これは、どうにかして月の出ていない時間帯を狙うしかないですねー。

 

しし座流星群2018の観測条件やベストな見頃は?

さて、11月18日は極大時刻が午前7時、月齢は10.5ということで、かなり明るい月明かりがあるので、一見あまり良い条件ではないと思われるかもしれません。

ですが、この邪魔なお月さま・・(流星群の時だけはゴメン!)
18日は夜半過ぎに沈んでくれるので、未明〜夜明け前にかけては月明かりがないという好条件に恵まれます。

ということで、今年2018年の観測条件は「良い」になります!

天気が良ければ、最もベストな見頃時間帯は

11月18日 1:00 〜 6:00頃

になりますので、ぜひこの時間帯を第一候補として準備しておいてくださいね。

 

しし座流星群は、活発な時とそうでない時の差が大きいことも特徴。
もし、仮に天気が悪いなどで第一候補のタイミングがダメでも他の日でもチャンスがあります。

活動期間は11月6日〜11月30日と、観測が可能な期間が長いですので、11月18日前後(できれば前)の月明かりが出ていないタイミングも狙えます。

 

しし座流星群見頃時期の月の入り時刻(東京)

11月8日 :17:19
11月9日 :17:58
11月10日:18:41
11月11日:19:27
11月12日:20:16
11月13日:21:08
11月14日:22:02
11月15日:22:57
11月16日:23:53
11月17日:-
11月18日:0:49
11月19日:1:46
11月20日:2:45

 

「大物」が混じっている可能性が高い流星群ですので、本命の時間帯以外もできればチェックしておくといいと思います。
ぜひ、上記の日程で月が出ていない時間帯を第二候補としてスケジュールしておいてくださいね。

 

しし座流星群データ
出現期間11月6日 – 11月30日
極大時刻11月18日
見頃時間帯11月18日 0:00〜?:00頃
光度比 (流星の明るさを表す指標)2.5
極大出現数(ZHR) (流星の出現数を表す指標)10-10000
対地速度 (地面に対する流星の速度)71km/s

流星電波観測国際プロジェクト・ American Meteor Society参照

 

しし座流星群の見える方角や方向は?

しし座流星群

 

流星が放射状に飛び出す中心の場所(放射点)は、しし座の1等星「レグルス」の近くにあります。
1等星のレグルスはとても明るい星ですので、放射点を見つける手がかりになるでしょう。

18日の未明は、しし座は東の空に木星とともに昇ってきます。
つまり、放射点は東の空ということですが、流星はしし座の方角しか現れないということはなく夜空全体に出現します。

流星は、放射点を中心にして、四方八方に飛び出していくように流れていくので、できるだけ見晴らしがよく明かりの少ないところで観測するのがいいですね。
都市部の明かりが見える方角ではなく、できるだけ暗い方の空を見上げるとより見やすくなります。

また、しし座流星群をピークで観測する時間帯は夜から翌未明になりますので、一日でも一番冷え込む時間帯となります。
11月も半ばの未明から朝方は特に気温が低く、非常に寒いですので、ダウンコートなどの防寒アウター、マフラーや手袋、ホッカイロや温かい飲み物などを準備して、風邪をひかないようにしながら観測をしましょう。

 

おわりに

2018年しし座流星群の特徴と見える方角や、極大のピーク時間帯についてお届けしました。

自然現象なので、そう簡単にやすやすと遭遇できるという類のものではありませんが、もし運良く流星を見ることができれば大きな感動を体験することができるでしょう。

今年のしし座流星群、あなたにとって素晴らしい体験となりますように^^

 

Sponsored Link

当サイトの管理人。
自然やナチュラルな生き方を日々追求している。
地球の環境問題や食料問題を真剣に考えるようになり、菜食主義を実践。
現在も元気にベジタリアニズム道を突っ走っている。

  • 1
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
いいね

コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア