Lettre du Nature
自然とともにある生活を

10月りゅう座流星群(ジャコビニ流星群)2018のピーク時間や見える方角は?

10月りゅう座流星群,ジャコビニ流星群

秋の天体ショーの始まりですね。
日本でみられる流星群のうち、秋の夜空を飾るトップバッターは個性的な「10月りゅう座流星群」です。

「ジャコビニ流星群」とも呼ばれているこの流星群は、年ごとにいろいろな表情を見せてくれます。

今回は、2018年の10月りゅう座流星群(ジャコビニ流星群)について、その特徴や極大のピーク時間帯と見える方角をお届けしますね。

10月りゅう座流星群(ジャコビニ流星群)の特徴

「10月りゅう座流星群」という名前にピンとこなくても、「ジャコビニ流星群」と聞けば「ああ!あの流星群ね!」と分かる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そうです、大流星群のフィーバーで世界中を驚かせたこともあるあの「ジャコビニ流星群」です。

ジャコビニ・ジンナー彗星を母彗星とする流星群であることから付けられた名前ではあったのですが、国際天文連合が「10月りゅう座流星群」と決めたため正式名称となりました。

この流星群の最大の特徴は、予測不可能な活動があるということ。

ある年は流星嵐を起こしたほどの活動があったかと思えば、ある年は夜空を見上げて頑張ってもさっぱり見れなかったという年もあります。
それは、太陽の周りを回るジャコビニ・ジンナー彗星が二度公転する13年ごとに回帰してきた年に、活動が非常に活発になるからです。

13年ごとに大出現をする流星群。
毎年見られる他の流星群とは少し性格が違う「13年周期の流星群」となります。

とっても個性的ですね^^

なので、10月りゅう座流星群をチェックするべきは、母彗星の「ジャコビニ・ジンナー彗星」が回帰する年かどうかということですが・・

ジャコビニ・ジンナー彗星が回帰するのは、次はなんと今年2018年の9月!
今年は回帰年ということで、期待できそうですね!

また、ゆっくりした速度で流れるのも特徴の一つです。

2018年10月りゅう座流星群の極大日とピーク時間帯

2018年の10月りゅう座流星群がピークとなる極大日とピーク時刻は、

10月9日 午前9時

となります。

はい。思いっきり太陽が空を明るく照らしている時間ですね。
なので、このピークぴったりの時間には流星群は観測できません・・。

では、今年2018年の10月りゅう座流星群は、条件的にはあまりよく観測できない悪い条件となるのでしょうか?



2018年10月りゅう座流星群の観測条件は?

それでは、10月りゅう座流星群の観測条件を詳しくみてみましょう。

2018年10月の月齢は?

月齢の状態は流星群観測の良し悪しを決定づける需要な条件の一つ。
太陽ほどではないですが、月明かりも夜空に輝くと相当に明るく、小さな流星の光は簡単にかき消されてしまいます><

ということで、早速2018年10月の月齢の状態をチェック!

10月りゅう座流星群,ジャコビニ流星群

なんと!!!
極大の日である10月9日は、新月の日とぴったり重なっているではないですか^^

星の観測 にとって、月明かりつまり「月齢」が大きな影響を与えます。
つまり、月齢だけで考えると、「満月」が最も条件が悪くなり「新月」が最も条件が良くなるのです。

今年の10月りゅう座流星群は最高の月齢の条件下にありますね^^!

観測条件は?

月齢29.4、朔の新月になるので、月は太陽と一緒に出てくるのでこの日は月は見ることはありません。

2018年10月9日の日の出と月の出の時間(東京)

日の出時刻:5:42
月の出時刻:5:23

 

極大は午前9時ですから、できるだけ夜明けの方がいいのですが、日の出の時間は5:30頃になるので、そこがタイムリミットになりますね。

天気が良ければ、最もベストな見頃時間帯は、

10月9日 0:00 〜 5:00頃(より明け方がベター)

となります。

10月りゅう座流星群データ
流星電波観測国際プロジェクト・ American Meteor Society参照
出現期間10月6日 – 10月10日
極大時刻10月9日
見頃時間帯10月9日 0:00〜5:00頃
光度比 (流星の明るさを表す指標)2.6
極大出現数(ZHR) (流星の出現数を表す指標)?
対地速度 (地面に対する流星の速度)20km/s

2018年10月りゅう座流星群が見える方角は?

10月りゅう座流星群の放射点は、りゅう座の中(りゅうの頭付近)にあります。

放射点とは?

流星群に属する流星は天球上の1点から飛び出してくるように見えます。
この流星の飛び出してくるように見える1点(中心)を「放射点」または「輻射点」といいます。

 

 2018年10月9日24時の星座配置

 

10月頃だと夕方に放射点の高度が高くなり、時間の経過とともに高度が下がってきます。

放射点の高度が高い(頭の真上に近い)時は、流星の元になるチリが真上から大気に飛び込んで来る形になり、チリの数、つまり流星の数が多くなります。

したがって、10月りゅう座流星群は、放射点の高度だけを考えると夕方頃が最も良い条件となります。

ですが、流星は夜空全体を四方八方に流れるものですので、見える方向はそれほど考えなくても大丈夫です。
それよりも「明かりのある方角を見ない」ということが大事です。

もし、輻射点のある方向を見たい方は、北西から北の方角に注目するとよいでしょう。

 

おわりに

10月の初旬は、まだ秋の入り口ということもあり、深夜でも比較的過ごしやすい気温です。

例年この時期の最低気温は18度〜22度ほどあり、深夜の観測といえどもそれほど冷え込みを心配する必要はないでしょう。

ですが、天気によっては15度を下回る年もありますので、長時間の外での観測で体調を崩さないように、羽織るものを用意して観測に臨んでくださいね。

とはいっても、10月上旬という時期は、1年の中でも観測環境的には良い時期ですね。
夏は虫に狙われますし、冬の深夜の中長時間の観測はなかなかタフですからね・・w

今年はジャコビニ・ジンナー彗星の回帰年ですし、観測条件も良いですから、期待して準備してもよさそうです。

ABOUT ME
KAZ
中国の伝統健康法・気功法や中国武術を上海で学び、有効な身体の使い方と健康法の指導をする健康運動指導士。 オーガニックライフやエコロジーに目覚めたきっかけは合成洗剤の疑問から。 身体を壊さない・未病にならない方法を、多くの人に提案し続けている。