昭和記念公園のコスモス2017の開花状況や見頃時期は?駐車場も!

  • 0
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

Sponsored Link

 

夏も過ぎ去り涼しくなりだす頃に咲くコスモス。
「秋桜」とも書くコスモスは、まさに秋の代名詞とも言えますね。

東京の立川にある国営昭和記念公園では、コスモスの開花に合わせ毎年多くの人で賑わいます。

見渡す限りのコスモスが咲き乱れる秋の昭和記念公園。
大人から子供まで楽しめるコスモスの開花状況や見頃時期をご紹介します。
駐車場も併設されアクセスもよい昭和記念公園で、コスモスを楽しんではいかがでしょう。

 

昭和記念公園のコスモスは圧巻

コスモス 昭和記念公園

日本でも有数の、花と植物の豊かな国営公園の昭和記念公園
大きさはなんと東京ドーム約40個分です。

春は桜の花見、夏は花火に、秋はコスモス、冬はイルミネーション、などの様に季節ごとに様々なイベントが目白押しです。

もちろん、紹介しきれないほどたくさんのイベントが開催されていて、一年を通してずっと通えるような穴場スポットなのです。

昭和記念公園のコスモスの魅力は何といっても、その数です。
なんといっても550万本のコスモスが、和記念公園の半分の敷地約一万平米に絨毯を敷き詰めたように咲いているわけですから、訪れた人は感動と驚きを隠せません。

 

コスモスの開花時期

コスモスは大きく2種類に分けられ、それぞれ「夏咲き」と「秋咲き」と呼ばれています。

「夏咲き」は早ければ6月の下旬頃に開花し、「秋咲き」は、8月の終わり頃から咲き始める早咲きや、10月〜11月に咲くものがあります。

ちなみに、冬の2月〜3月頃に咲く「冬咲き」というものも品種改良によって現在はあるそうです。

コスモスは開花してから2週間から3週間くらいが見頃の期間があります。
昭和記念公園の3品種のコスモスは、秋咲きのものを中心に植えられていて、それぞれの見頃が少し異なります。

 

昭和公園で楽しめるコスモスの品種

東西の花畑と花の丘のコスモス全部で約550万本。
とにかく数の多さにびっくりしてしまいますね。

コスモスは一年草なので、花が咲き終わると枯れてしまうんです。
そして、次の年また種まきをして育てなければ、きれいな花が見れません。

ご紹介するのは、2016年植えられていた3品種。
コスモスの原産地はメキシコですが、日本生まれのコスモスもあるんですよ。

 

■キバナコスモス

コスモス 昭和記念公園

メキシコ原産のコスモス
「黄花」の文字通り黄色い花を咲かせます。
学名は「コスモス・スルフレウス」と呼び、スルフレウスは硫黄色という意味で、これもまたやはり黄色から名付けられています。

草丈は低め、花は早い時期から咲き始める。

日本ではあまり馴染みがなかった種類ですが、兄弟分である赤色の花を咲かせる「サンセット」という品種が日本で生み出されてから一気に普及しました。

そこから次々に兄弟品種が生まれ、育てやすさからも各家庭の庭やガーデニングでは、人気を集めています。

 

■イエローキャンバス

コスモス 昭和記念公園

黄色の花を咲かせ10月ころから開花するコスモス。
初夏まきで草丈約1m、上のほうで枝分かれしてボリュームがあります。

一般的にはピンクや白の花を咲かせていたのが、突然変異で黄色い株が一つだけ生まれました。
それが1957年頃の話で、育種学研究室という植物の研究をしている施設がそれから開発を続けること約30年。

ついに世界初の黄色のコスモス「イエローガーデン」が誕生しました!

その後、2000年により鮮明な黄色の花を咲かせる「イエローキャンパス」が誕生し、今や黄色いコスモスの代名詞となったのです。

日本で生まれ日本で品種改良されたと聞くとなぜか親近感が湧いてきますね。

 

■ドワーフセンセーション

コスモス 昭和記念公園

メキシコ原産。

温かい地方では、6月ごろから11月までの長い期間見どころ時期がありますので人気のある品種です。

草丈50㎝ほどの倒れにくくしっかりしたコスモス。
いわゆるコスモスのイメージとなるのが、センセーションという品種です。

ドワーフとは北欧神話や童話に出てくる「小人」の意味、まさに背丈が低いのが特徴的でそこから名付けられたと言われています。

コスモスは英語では、2枚羽状の美しいものという意味になるそうです。
まさに、ドワーフセンセーションは羽を持った美しい小人、というような表現が名付けられているというわけですね。

コスモスの花言葉は「乙女の真心」や「優美」など、美しさを持った女性的なイメージが際立ちます。

 

2017年の開花や見頃時期

コスモスは温度よりも日照時間が開花に影響するので、少しずれる事はあっても、だいたい例年と同じ開花になるんです。
昭和記念公園では秋咲きのコスモスが中心に植えられ、例年9月中旬から下旬から開花を迎えます。

コスモスのお花畑は種類ごとに「原っぱ東花畑」「原っぱ西花畑」「花の丘」3箇所あるんです。
お花畑にはそれぞれに名前が付いていますので、そこで楽しめる種類や見ごろ時期についてお話ししましょう。

植えられるコスモスは毎年少し変わることもあるので、2016年と2015年もあわせて振り返ってみます。
 

■2017年に植えられたコスモス
  • 原っぱ東花畑
    キバナコスモス(レモンブライト)が9月中旬から10月上旬が花盛りです。
  • 原っぱ西花畑
    イエローキャンバス・イエローガーデン・オレンジキャンバス・クリムゾンキャンバスが、10月上旬から11月上旬まで見頃を迎えています。
  • 花の丘 
    圧巻のドワーフセンセーションが10月中旬から下旬にインパクトありますよ。
11月5日(日)『コスモス摘み取り体験』が原っぱ西花畑で行われます!!
イエローキャンパスの摘み取りできますので、軍手・ハサミ・ビニール袋を持って行きましょう。

 

■2016年に植えられたコスモス
  • 原っぱ東花畑
    キバナコスモス約70万本(オレンジ)・・・9月下旬から10月上旬が見頃
  • 原っぱ西花畑
    イエローキャンパス約80万本(黄色)・・・10月下旬が見頃
  • 花の丘
    ドワーフセンセーション約400万本(ピンク・白・赤)・・・10月中旬が見頃

 

■2015年に植えられたコスモス
  • 原っぱ東花畑
    イエローキャンパス・サンセットイエロー(黄色)・・・・10月初旬から見頃
  • 原っぱ西花畑
    ベルサイユ・日の丸・ピコティー等(ピンク)・・・・9月中旬から見頃
  • 花の丘
    ドワーフセンセーション(ピンク・白・赤)・・・・10月中旬から見頃

10月中旬ごろが、たくさんのコスモスが咲き乱れるのを見ることができるのではないかと思います♪

 

Sponsored Link

 

昭和記念公園のアクセスと駐車場

車でお越しの方も電車でお越しの方も、比較的来場しやすいかと思います。
代々木公園のように都心にあるわけではありませんが、東京駅からも1時間程度です。
気になる、駐車場やアクセスをご紹介します。

 

アクセス

大きな公園ですので、駐車場や最寄駅を事前に確認しておく方が良いでしょう。
電車を利用する場合と車で行かれる道順を、地図にポイントしましたのでご利用くださいね。


ポイントをクリックすると名称がでます。

 

電車最寄駅から入口への行き方
  • JR中央線
    「立川駅」北口を出たら左方向、伊勢丹に沿ってまっすぐ600m徒歩8分であけぼの口に到着します。
  • 多摩都市モノレール
    「立川北駅」北改札より階段を降りると、そのまま直進し立川北駅前の交差点をそのまま北西へ進みます。
    中央線を利用された場合と同じです。
  • JR青梅線
    「西立川駅」は駅と昭和記念公園が直結しています。
    駅を出たら北側に徒歩2分で西立川口が見えてきます。
  • 西武拝島線
    「武蔵砂川駅」を出て南へ進み三叉路を左折、見影橋公園の角を右折し、突き当りを左折します。
    すたみな太郎NEO立川店角を右折し600mほど進むと砂川口に到着します。

徒歩で最寄駅から各入り口までのルートは、下記の地図を参考にしてくださいね。


ポイントをクリックすると名称がでます。

 

車でのアクセス

中央自動車道「国立府中IC」を出て、国道20号線を立川方面へ約25分。
いちばん大きな駐車場「国営昭和記念公園 立川駐車場」までのルートです。

 

駐車場

大きな公園ですので、駐車場も3つ併設されています。
それぞれの収容台数と駐車料金はこのようになります。

  • 立川口駐車場
    大型車ー83台 普通車ー1,755台 原付・自動二輪車ー70台
  • 西立川口駐車場
    大型車なし 普通車ー345台 原付・自動二輪車ー40台
  • 砂川口駐車場
    大型車ー10台 普通車431台 原付・自動二輪車ー18台

<駐車場料金>

  • 大型 ー 1,750円
  • 普通車 ー 820円 (年間パスポート提示で720円)
  • 原付・自動二輪車 ー 260円 (年間パスポート提示で210円)

spot info

昭和記念公園
東京都立川市緑町3173

<開園時間>

【9月】    土日祝9:30~18:00   平日9:30~17:00
【10月】  9:30~17:00
【11月】  9:30~16:30

<入園料>
大人(15歳以上)410円 / 子供80円

<秋の無料入園日>

  •  9月18日(月)(敬老の日)65歳以上のみ
  • 10月22日(日)  秋の都市緑化月間
  • 10月29日(日)  秋の都市緑化月間

 

おわりに

大自然の雄大さとはまた一味違った、身近な自然の良さというのを感じるには絶好の機会ですね。

秋を彩る昭和記念公園のコスモス。
そのスケールの大きさに圧倒されます。

市川市と昭島市に180㏊もの広大な敷地を持つ昭和記念公園は、立川基地跡地を利用して作られた国営公園です。
秋は広大な敷地に咲くコスモスだけでなく、イチョウ並木の紅葉もうっとりしますよ。

ワークショップや展示会などたくさんのイベントが催され、年間を通して土日には体験教室が行われていますので、親子で参加するのもたしいですね。

開花状況や見頃時期も駐車場状況も、リアルタイムで昭和記念公園HPで公開されています。
駐車場も充実しており車で訪れる事も出来るので、秋の行楽の一つの選択肢に入れてみてはどうでしょうか?

 

Sponsored Link




作家BESO。
オーガニックやスピリチュアルライフを楽しむクリエイター。批判や対立から次のステージへ行けるように日々精進しております。

  • 0
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
いいね

コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア