「美容」の記事一覧

  • 1
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

ジャスミン茶の効果的な飲み方|冷たいペットボトルもむくみに効能ある?

ジャスミン茶

ジャスミンの花ってご存知ですか?
ジャスミンの時期は種類によって異なりますが、春から夏にかけて咲きます。

その花は、ペルシャ語の「ヤースミン:神からの贈り物」に由来すると言われているようです。
花の色は白と黄色の二色で白の花言葉は「柔和:温和」、黄色の花言葉は「優美:優雅」まさに見た目そのもの!

米ぬかの美容効果がある利用法は『食べる』!食べ方や保存期間や注意点

米ぬか 食べる

日本人が昔から愛用してきた米ぬか。
栄養豊富であらゆる効能がありそう。

健康面でもさまざまな効果がありますが、美容面でも肌の汚れをきれいに落としてくれるために古くから石鹸に使用されてきました。
美白効果やシミ・シワの予防まであるとされています。
普通は捨ててしまうのでしょうが、米ぬかを食べると美容効果があります。

米ぬか洗顔はニキビやシミに効果あり!作り方や毎日のお手入れのやり方

米ぬか洗顔

日本で、もしくはアジアを中心とした世界中で愛される米。
その米の再利用やエコとして今回は米ぬかの洗顔料をご紹介します。

ニキビやシミにも効果が有るとされる米ぬかの洗顔料やパック。
他にも様々な人体への効果があると言われています。
作り方や毎日のお手入れのやり方も併せて見ていきましょう。

大根の葉は捨てずに干す!保存食や野草茶と入浴剤に大活躍|作り方と効果

大根の葉

旬の大根が一本まるまるで、しかも葉っぱ付きで売られている光景って、よく見かけませんか。
ところが「葉っぱは邪魔!」そう思ったことありませんか?
しかし、捨てちゃもったいない栄養の宝庫なんです。
そこで大根の葉っぱを干して保存食や野草茶に、保存方法や使い方をご紹介しましょう。

どくだみ風呂のアトピーや肩こりと冷えに効果的な作り方|薬湯の効能は?

どくだみ風呂

果てしない効能の数々で知られる、スーパー薬草・どくだみ。
内側から摂取するどくだみ茶はもちろん、どくだみ化粧水も女性の間で大人気ですよね。
まだまだ続く冬の寒さに負けないように、毎日入るお風呂にもどくだみの力を取り入れてみてはいかがでしょうか。
今回は、どくだみ風呂のアトピーや肩こりと冷えに効果的な作り方とその薬湯の効能についてお届けします。

お風呂上がりのヒリヒリの原因は塩素かも!敏感肌の対策方法は?

塩素風呂

お風呂上がりで気持ちいいはずが 何故か身体中が痒くなったり肌にヒリヒリ感を感じたことってありませんか?
思ってもいなかったところに原因があった、という話があります。
このお風呂上りのヒリヒリもその類いかもしれません。

なんとこの犯人は水道水に含まれている「塩素」も一因だったのです。

どくだみ化粧水の作り方|生葉や花で手作りは日本酒や焼酎とグリセリンで!

ドクダミ化粧水

日本人にとって最も身近なコスメともいえる化粧水。
そんな化粧水、実は不必要な成分が含まれていることが多いのをご存知でしたか?
中には使用感のよさを重視するあまり、肌の表面に膜を張ってしまうようなものさえあるんです。
そこで安心なのが、化粧水を手づくりしてしまうこと!
できあがるまでの過程がわかるだけでなく、効能も自分で選べてしまうのが魅力的です。

ローズマリーのお風呂での使い方|生でも乾燥でもお肌にすごい効果

ローズマリー風呂

お料理やアロマテラピーでお馴染みのローズマリー。
そのすっきりとしたハーブの香りは、老若男女を問わず大人気ですよね。

ローズマリーの効能は、知れば知るほど奥深いものがあります。
本格的に冬に入った今、中でもそのお風呂での効果には目を見張るものが…。

ローズマリーを使った入浴法で、ぽかぽかの身体とすべすべのお肌を目指してみませんか。

マタニティのメイクやリップはオーガニックコスメで!国産人気ブランドは

マタニティ オーガニックコスメ

あたらしい命を授かること—。
それは、ママになることを選んだ女性にとって、喜びと希望に満ちた聖なる瞬間です。

自分ひとりの身体ではなくなったとき、食べ物や衣類に気を遣う女性は多くとも、ただでさえやることの多い妊娠中、「化粧品の成分にまで気が回らない」という方も多いのではないでしょうか?

今日はそんな妊娠中のあなたに、安心して使える成分良好な国産ブランドをご紹介します。

アボカドのカロリーやコレステロールが気になる! 脂質や糖質と栄養効果

森のバターと言われる『アボカド』
お寿司やハンバーガー、サラダなどにアボカドがよく使われるようになりましたね。
森のバターって何がそんなにいいのかしら?
高カロリーということだけで、アボカドを敵のように思っていた自分が居たのです。

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア