「健康」の記事一覧

  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
  • ツイート

大根の葉は捨てずに干す!保存食や野草茶と入浴剤に大活躍|作り方と効果

大根の葉

旬の大根が一本まるまるで、しかも葉っぱ付きで売られている光景って、よく見かけませんか。
ところが「葉っぱは邪魔!」そう思ったことありませんか?
しかし、捨てちゃもったいない栄養の宝庫なんです。
そこで大根の葉っぱを干して保存食や野草茶に、保存方法や使い方をご紹介しましょう。

どくだみ風呂のアトピーや肩こりと冷えに効果的な作り方|薬湯の効能は?

どくだみ風呂

果てしない効能の数々で知られる、スーパー薬草・どくだみ。
内側から摂取するどくだみ茶はもちろん、どくだみ化粧水も女性の間で大人気ですよね。
まだまだ続く冬の寒さに負けないように、毎日入るお風呂にもどくだみの力を取り入れてみてはいかがでしょうか。
今回は、どくだみ風呂のアトピーや肩こりと冷えに効果的な作り方とその薬湯の効能についてお届けします。

お風呂上がりのヒリヒリの原因は塩素かも!敏感肌の対策方法は?

塩素風呂

お風呂上がりで気持ちいいはずが 何故か身体中が痒くなったり肌にヒリヒリ感を感じたことってありませんか?
思ってもいなかったところに原因があった、という話があります。
このお風呂上りのヒリヒリもその類いかもしれません。

なんとこの犯人は水道水に含まれている「塩素」も一因だったのです。

ローズマリーのお風呂での使い方|生でも乾燥でもお肌にすごい効果

ローズマリー風呂

お料理やアロマテラピーでお馴染みのローズマリー。
そのすっきりとしたハーブの香りは、老若男女を問わず大人気ですよね。

ローズマリーの効能は、知れば知るほど奥深いものがあります。
本格的に冬に入った今、中でもそのお風呂での効果には目を見張るものが…。

ローズマリーを使った入浴法で、ぽかぽかの身体とすべすべのお肌を目指してみませんか。

ヘンプオイルの効果効能と使い方|アトピー肌のスキンケアや食用にも

麻の歴史は古く、日本では縄文時代から人間の生活と深く関わってきたました。

麻の繊維で衣服を作ったり、神社のしめ縄や横綱の化粧回しにも使われています。
今では麻からできるオイルの美容効果が注目されてきているのです。

つくし茶の簡単な作り方や効能や注意点は?花粉症対策にも効果!

つくし茶

春になると、河原の土手や道端でピョコンとかわいい顔を出している、つくし。
見つけたときは、「春だなぁ」って、ほこほこした気持ちになりませんか?

カレンダーや学校のおたよりでも、つくしのイラストが載ってたりしますね♪
きっと、春を感じさせてくれる植物として、昔から親しまれてきたのでしょうね。

『飲む点滴』豆乳甘酒の効能や効果的な飲み方とは?飲む時間と量の注意点

甘酒豆乳

寒くなると温かい飲み物が恋しくなりますね。 せっかく飲むなら、美容と健康に効果的でしかもおいしく飽きずに飲めるもの。 それは、なんたって『豆乳甘酒』 これにかなうものは、他にはなかなかありませんものね。 ここでは、甘酒と豆乳それぞれの効能と、豆乳甘酒の作り方、飲み方、おいしく栄養補給するコツをお伝えいたします。

ローズマリーティーの健康効果や効能|作り方や飲む量・副作用は?

ローズマリーティ

みなさま、ローズマリーティーってご存知ですか?

リラックス効果で人気の高いハーブティーですが、カモミールやラベンダーのそれに比べ、まだまだ馴染みの薄いローズマリーティー。

実は、驚きの効能に溢れていました。

柚子風呂の作り方と効果効能|肌がピリピリしない入り方や対処方法

ゆず風呂

『ゆず湯に入ると1年風邪ひかないよ!』と昔からいいますが、なぜ風邪をひきにくくなるのでしょう。
ゆず風呂に入るとうれしい効果がいっぱい。
香りがよくてリラックスできますが、それも柚子の精油成分効果だったんですね。

重曹×クエン酸で簡単炭酸風呂の作り方!使用量や塩素除去の効果は?

炭酸風呂

日本人ならではの昔から風習や健康法。

それはなんてたって「お風呂」!!
身体を温め血流をよくし、穏やかな気持ちにもなれますよね。

ここでは、重曹×クエン酸で簡単炭酸風呂の作り方や使用量や塩素除去の効果についてお届します。

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア