Mikaさんの記事一覧

  • 0
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

ローリエの葉の栄養と効果効能|生葉の使い方や乾燥の日数と保存方法は?

ロリエの葉

お料理好きでなくても名前は聞いたことはあるといった人も多い、ローリエ。
月桂樹と呼ばれるクスノキ科の木の葉っぱで、ローレルやベイリーフとも呼ばれます。
このローリエ、料理のスパイスとしては広く知られた存在ですが、実は栄養価を豊富に含んだ頼れる存在なんです。
収穫に最適と言われる夏が到来する前に、その栄養と効果効能を学んでみましょう。

クラリセージの効果的な使い方!アロマの効能やブレンドのやり方と注意点

クラリセージ

植物の葉や花から抽出したオイル、「精油」を使って行うアロマテラピー。
ヨーロッパでは立派な医学として受け入れられているポピュラーな植物療法です。
その王道といえば、深いリラックス効果で知られるラベンダー、気分をあかるくするスイート・オレンジ、集中力を高めるペパーミントなどがありますが、精油自体の種類は何百種類にも及ぶのをご存知でしたか?

カモミールティーの効果と妊娠中の副作用|おすすめの作り方や飲み方

カモミールティー

昔はあまり馴染みのなかったお茶ですが、最近ではオーガニックフードのブームもあり、さまざまな種類のものが販売されていますよね。
そんな中でもとりわけ人気なのが、カモミールティー。
「何にでも効いちゃう万能茶」なんて言われたりしていますが、果たしてその効果効能にはどんなものがあるのでしょうか。
今日はそんなカモミールティーの効能、作り方、飲み方、そして妊娠中を含めた副作用について学んでいきたいと思います。

ローズマリーの鉢植えと地植えどっちがいい?初心者にも簡単な育て方

ローズマリー鉢植え

Lettre du Natureでも何度もフィーチャーしている地中海生まれのハーブ、ローズマリー。
そのウッディかつすがすがしい香りは、さまざまな用途に使えると大人気です。
事実、料理やアロマテラピーでよく目にするローズマリーですが、ガーデニングビギナーにも育てやすいハーブで知られていること、ご存知でしたか?

ということで、今日は鉢植えか地植えどちらがいいのかを含め、初心者にも簡単なローズマリーの育てかたをご紹介します。

どくだみ風呂のアトピーや肩こりと冷えに効果的な作り方|薬湯の効能は?

どくだみ風呂

果てしない効能の数々で知られる、スーパー薬草・どくだみ。
内側から摂取するどくだみ茶はもちろん、どくだみ化粧水も女性の間で大人気ですよね。
まだまだ続く冬の寒さに負けないように、毎日入るお風呂にもどくだみの力を取り入れてみてはいかがでしょうか。
今回は、どくだみ風呂のアトピーや肩こりと冷えに効果的な作り方とその薬湯の効能についてお届けします。

どくだみ化粧水の作り方|生葉や花で手作りは日本酒や焼酎とグリセリンで!

ドクダミ化粧水

日本人にとって最も身近なコスメともいえる化粧水。
そんな化粧水、実は不必要な成分が含まれていることが多いのをご存知でしたか?
中には使用感のよさを重視するあまり、肌の表面に膜を張ってしまうようなものさえあるんです。
そこで安心なのが、化粧水を手づくりしてしまうこと!
できあがるまでの過程がわかるだけでなく、効能も自分で選べてしまうのが魅力的です。

ローズマリーのお風呂での使い方|生でも乾燥でもお肌にすごい効果

ローズマリー風呂

お料理やアロマテラピーでお馴染みのローズマリー。
そのすっきりとしたハーブの香りは、老若男女を問わず大人気ですよね。

ローズマリーの効能は、知れば知るほど奥深いものがあります。
本格的に冬に入った今、中でもそのお風呂での効果には目を見張るものが…。

ローズマリーを使った入浴法で、ぽかぽかの身体とすべすべのお肌を目指してみませんか。

マタニティのメイクやリップはオーガニックコスメで!国産人気ブランドは

マタニティ オーガニックコスメ

あたらしい命を授かること—。
それは、ママになることを選んだ女性にとって、喜びと希望に満ちた聖なる瞬間です。

自分ひとりの身体ではなくなったとき、食べ物や衣類に気を遣う女性は多くとも、ただでさえやることの多い妊娠中、「化粧品の成分にまで気が回らない」という方も多いのではないでしょうか?

今日はそんな妊娠中のあなたに、安心して使える成分良好な国産ブランドをご紹介します。

折りたたみエコバッグやリュック型の海外でも人気のオシャレなブランドは?

エコバッグ

みなさんは「エコバッグ」使っていますか?
日本で初めてエコバッグという言葉が使われたのは、1992年のこと。
東京でエコロジーショップを経営していた会社が、当時ドイツで既に人気だったエコバッグの概念を日本に持ち込んだことがきっかけでした。

オーガニック口紅の落ちない・あれない・色素沈着しないブランドのおすすめは

オーガニック口紅

ひと昔前のオーガニック・ナチュラルコスメといえば、色がほとんどつかなかったり、夕方になる前には跡形もなく消え去っていたり…と、ケミカルの化粧品に比べると、どうしても頼りないところがありました。

しかし、最近のオーガニックコスメは、とっても進化しています。
オーガニック志向が高まる世間の声に合わせるように、様々な企業が努力を重ねているようです。

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア