ボタニカルシャンプーとは?オーガニックとの違いは?成分徹底解析!

  • 15
    ツイート
  • 36
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 1
    ブックマーク
  • 6
    Pocket

Sponsored Link

 

「ボタニカル」人気がヘアケア分野にも飛び火し、ノンシリコン、自然派、オーガニックに続いて最近では「ボタニカルシャンプー」がいいと話題になっています。
このボタニカルシャンプーとは一体どのようなシャンプーなのでしょうか。
少し前から話題になっているオーガニックシャンプーとの違いは?

今回は、ちょっとだけ辛口にボタニカルシャンプーについて考えてみたいと思います。
またおすすめのボタニカルシャンプーを厳選し、その成分を徹底解析しましたので、是非参考になれば幸いです^^

 

ボタニカルシャンプーとは?

ボタニカルシャンプーphoto by lucy maude

自然派志向の高まりとともに、注目を集めているキーワードが「ボタニカル」。
「ボタニカル」とは「植物の、植物学の」という意味ですが、インテリアにも積極的に「植物」を取り入れたり、ファッション分野でも「植物柄」が大流行していたりと、ライフスタイルに深く浸透している傾向があります。

こうした中、シャンプーにも「ボタニカルシャンプー」といわれるラインナップが最近多く出てきています。
言葉の意味から考えると普通に「植物のシャンプー」というイメージですが、これだけだと実態が少し曖昧ですよね。

ざっくりと言うとボタニカルシャンプーとは、「植物の力を取り入れたシャンプー」「植物由来で作られた成分を多く配合したシャンプー」ということのようです。

植物成分由来で作られているということでとても髪に優しそうなイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプーとの違い

ボタニカルシャンプーは植物由来の成分配合であるということですが、少し前から注目されていた髪に優しいとされている「オーガニックシャンプー」とどういった違いがあるのでしょうか。

オーガニックシャンプーとは、化学合成農法や化学肥料は使わず有機肥料などにより土壌の持つ力を活かして栽培された植物を使用したシャンプーのことで、オーガニック認定を受けた植物成分が入っていることが前提になります。

対して、ボタニカルシャンプーの方は植物由来の成分を使用していることが定義になっているので、オーガニックかどうかというのは問題ではないようです。

非常に曖昧なところにあるとは思いますが、オーガニックもボタニカルも目指すところは自然派であるということができるでしょう。

一部の製品ではボタニカルシャンプーは、オーガニックシャンプーに比べると、洗浄力や泡立ち、泡持ち、質感が良く、毛先ケアや頭皮エイジングケアもできると謳っているようですが、こういった要素は決して「ボタニカル」か「オーガニック」かによるところの判別ではなく、界面活性剤などの他の成分によるところの効果ですので、混同しないように注意が必要です。

 

ボタニカルシャンプーは髪に良いのか?

結論からいうと、ボタニカル成分が入っている方がちょっとは髪に良いといえるでしょう。
しかし、ボタニカルシャンプーだからといって全部が全部「美髪になる」「髪に優しい」と判断するのは早計です。

そもそも、髪に良い悪いというのは、シャンプーの主成分が良いかどうか、どんな成分が使われているのかということで決まります。
例え植物由来の有効成分が配合されていたとしても、シャンプーの洗浄成分である界面活性剤が洗浄力が強すぎるものが多く配合されていた場合、必要以上に皮膚の皮脂を落としてしまい、髪がパサパサになったりします。

ですので、「ボタニカル」とか「植物由来成分」という言葉に惑わされず、どんな成分が使われているかを見極めることが大切です。
ボタニカルの有効成分はおまけ程度に考えておいた方が良いでしょう。

 

おすすめのボタニカルシャンプーと成分解析!

Sponsored Link

 

植物の効果的な成分を使っているとされるボタニカルシャンプーですが、巷にはその健康的で優しいイメージとはかけ離れた残念なクオリティの商品も出回っていることも事実。。

そこで、ボタニカルシャンプーの中でも本当に髪にやさしい成分を使用しているものを厳選し、成分解析してみたいと思います。

BOTANISTボタニスト ボタニカルシャンプー

BOTANISTボタニスト ボタニカルシャンプーvia: www.cosme.net

BOTANISTのボタニカルシャンプーは、天然植物由来の成分が90%以上配合されており、非常に髪や地肌に優しいと話題になっているシャンプーです。
世界的にも愛用者が多く、アメリカ、フランス、日本では売り切れ続出しているほどの人気。
ノンシリコンなのに髪がきしまないと非常に評判のシャンプーです。

では、成分を解析してみましょう^^

■■全成分
水、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロイルサルコシンNa、ラウレス-4カルボン酸Na、ココイルグルタミン酸Na、デシルグルコシド、グリチルリチン酸2K、サトウキビエキス、セラミド2、PEG-30フィトステロール、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、コカミドMEA、リンゴ酸、ポリクオタニウム-10、エタノール、BG、DPG、セテアレス-60ミリスチルグリコール、PPG-4セテス-20、EDTA-2Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料
■■成分分析
ベタイン系界面活性剤(両イオン性界面活性剤)
・ コカミドプロピルベタイン
アミノ酸系界面活性剤
・ ココイルメチルタウリンNa
・ ラウロイルメチルアラニンNa
・ ラウラミドプロピルベタイン
・ ココイルグルタミン酸Na
陰イオン性界面活性剤
・ ラウロイルサルコシンNa
高級アルコール系界面活性剤
・ ラウレス-4カルボン酸Na

使用されている界面活性剤の種類は多いですが、比較的優しい成分で作られています。
アミノ酸系界面活性剤は、肌にとってより低刺激な洗浄成分で赤ちゃん用のボディソープなどによく使われています。
両イオン性界面活性剤は、他の界面活性剤の洗浄力のサポートとして使用されることが多く、洗浄力が弱い分刺激も弱く、皮膚が弱い人にも使える界面活性剤です。
高級アルコール系界面活性剤は、非常に洗浄力が強く刺激の強いものが多いですが、この「ラウレス-4カルボン酸Na」という成分は、弱酸性の石鹸系洗浄剤で、洗浄力は高いが低刺激という特徴を持つ優れた成分です。

低刺激の界面活性剤をバランスよく配合してあるという感じでしょうか。
数あるシャンプーの中でも、かなり成分に配慮してある製品といえるでしょう。

 

KUSU HANDMADE カンフル&ボタニカルシャンプー

KUSU HANDMADE カンフル&ボタニカルシャンプーvia: kusuhandmade.com

九州生まれのクスノキとハーブで作られたナチュラルな100%天然素材のボタニカルオーガニックシャンプー。
クスノキから採取されるカンフルには、防腐作用や皮膚病などにも用いられる他、精神安定効果もあるそうです。
お酢で漬け込んだハーブを使用しているため、「酢」効果で髪がサラサラに。
こだわって作られている秀逸なシャンプーですね^^

成分解析はこちらです。

■■全成分

水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸、ココイルグリシンK、ココイルメチルタウリンNa、ヤシ油脂肪酸リジン、カンフル油、植物エキス(ミカン、ローズマリー葉、ハトムギ種子、カミツレ、センブリ、タイム、アロエ、アロエベラ、ドクダミ、ヨモギ、ツバキ花、イチジク葉、イチジク茎)、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ホホバ種子油、ラベンダー油、スクワラン、酵母エキス、海藻エキス、褐藻エキス、トコフェロール、チャエキス、ダイズエキス、グリセリン

■■成分分析
ベタイン系界面活性剤(両イオン性界面活性剤)
・ コカミドプロピルベタイン
アミノ酸系界面活性剤
・ ココイルグルタミン酸
・ ココイルグリシンK
・ ココイルメチルタウリンNa
・ ヤシ油脂肪酸リジン

このシャンプーは強い界面活性剤を一切使っておらずかなり低刺激ですね。
強い洗浄成分が入っていないため、洗浄力はどうなのかと思われるかもしれませんが、極端にワックスでベタベタになった髪を洗うのでなければ洗浄力は弱い方がいいに越したことはありません。
そもそも、髪の洗いすぎが様々なトラブルを引き起こしますので、洗浄力の弱いシャンプーを使い、頭皮が本来持つバリア機能を高めていく方が美髪への近道になりますよ^^

 

あきゅらいず『きのねシャンプー』 「ふんわり」と「しっとり」

ボタニカルシャンプーvia:あきゅらいず

きのねシャンプーは2種類。
ボリューム感が出る<ふんわり>と、まとまりのある仕上がり<しっとり>
どちらもリンスは必要ありません。

髪と同じ成分であるアミノ酸由来の洗浄成分と、日本人の肌質に適した保湿成分たっぷりの10種類の東洋ハーブ「草根木皮(そうこんもくひ)たまり」をベースにしたシャンプー。
泡立ててから1分程度おき、頭皮を中心にしっかりとすすぐと、 リンスなしでもしっとりと仕上がります。

それでは成分を見てみましょう。

きのねシャンプー/ ふんわり
■■全成分
水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン、BG、グリセリン、ラウロイルアスパラギン酸Na、タンジン根エキス、ゴマノハグサ根エキス、オカゼリ果実エキス、ベニバナ花エキス、ポリゴナツムムルチフロルム根茎/根エキス、スイカズラ花エキス、アマチャヅル葉エキス、ムラサキ根エキス、オタネニンジン根エキス、オウレン根エキス、ポリクオタニウムー10、ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl、セテアレス-60ミリスチルグリコール、クエン酸、クエン酸Na、エチドロン酸、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール

きのねシャンプー/ しっとり
■■全成分
水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸TEA、スルホコハク酸ラウレス2Na、コカミドDEA、ポリクオタニウム-10、タンジン根エキス、ゴマノハグサ根エキス、オカゼリ果実エキス、ベニバナ花エキス、ポリゴナツムムルチフロルム根茎/根エキス、スイカズラ花エキス、アマチャヅル葉エキス、ムラサキ根エキス、オタネニンジン根エキス、オウレン根エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダカラシ葉エキス、褐藻エキス、クララ根エキス、シソ葉エキス、ヨーロッパシラカバ樹皮エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、セイヨウキズタエキス、ゴボウ根エキス、センブリエキス、ニンニクエキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、加水分解ケラチン、加水分解コラーゲン、加水分解シルク、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、BG、エタノール、ヤシ脂肪酸K、水酸化K、銀、フェノキシエタノール

■■成分分析
アミノ酸系界面活性剤
・ ココイルグルタミン酸TEA
・ ラウロイルアスパラギン酸Na

アミノ酸系両性界面活性剤
・ ヒドロキシアルキル(C12-14)
・ ヒドロキシエチルサルコシン
・ コカミドプロピルベタイン

スルホコハク系界面活性剤
・ スルホコハク酸ラウレス2Na

 

きのねシャンプーの詳細はこちら↓

 

洗浄力の弱い界面活性剤を掛け合わせることで、低刺激で洗浄できるように配合されてるとか。
このシャンプーの特徴は、10種類の東洋ハーブの濃縮エキスの『草根木皮(そうこんもくひ)たまり』が、頭皮を健康へと導いてくれそうです~
シンプル&ナチュラルの「あきゅらいず」の基本姿勢が製品に詰まってますね。

 

Sponsored Link
当サイトの管理人。 自然やナチュラルな生き方を日々追求している。 地球の環境問題や食料問題を真剣に考えるようになり、菜食主義を実践。 現在も元気にベジタリアニズム道を突っ走っている。



  • 15
    ツイート
  • 36
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 1
    ブックマーク
  • 6
    Pocket

いいね


コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア