ガジュマルの木の室内での育て方|置く場所や水やり方法と葉が落ちる原因

  • 0
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

Sponsored Link

 

多幸の木」と呼ばれ、精霊が宿るガジュマルの木。
根っこが特徴的で見た目も独特の雰囲気が目を引きます。

一般的に育てやすく、観葉植物の定番として人気も高いですね。
風水的にも金運・運勢アップの植物として注目されています。
しかし、気を抜くと葉が落ちたり枯れてしまいます。

枯らしてしまうともちろん運気的にも良くありません。
今回は、そんな魅力溢れるガジュマルの室内での置き場所や、枯らさない為の育て方をご紹介します。

 

ガジュマルの室内での置き場所

ガジュマルの室内で育て方

観葉植物を置く場所は意外に悩みます。
自分も植物も気持ちよく生活できるところを探したいですね。

その為にはまず、特性や性質をしっかり把握しましょう。
また、風水の知識も少しあるとワンポイントになります。

 

南国生まれの精霊が宿る木

ガジュマルはクワ科の常緑樹。
日本では主に沖縄に自生する植物です。

台湾や中国の暖かい地方、インドやオーストラリアなどに自生しています。
日光と温暖な環境と適度な湿度を好みます

沖縄では、ガジュマルには「キジムナー」という赤髪で赤い体をした精霊が宿り、幸福をもたらしてくれるとされています。
昔話で言うところの座敷童のような存在で、現れるところに財産や幸運をもたらします。

名護市では守り神として植えられ町のシンボルにもなっています。
大きなガジュマルはなんと20メートルほどにも育っています。

観葉植物として販売されているものはたいてい挿し木で植えられているのでこんなに大きくなりませんのでご安心ください。

基本的に日当たりが良ければ、部屋のどこに置いても大丈夫なようです。
各方角に置いた時にガジュマルに宿るパワーが、どのような意味合いで働いてくれるか見ていきましょう。

 

勝利のエネルギーが宿る、北・東北東・西

ガジュマルが呼び寄せてくれる幸せは「勝利のエネルギー」とも呼ばれています。
自分の部屋の中心から見て、北・東北東・西の方角に置くとこのパワーの恩恵が上手く流れてくれるようで、金運が上昇するとされています。

それぞれみなさん家の構造が違いますので、この方角を見て玄関や台所など日当たりの良いところを選んで見てください。

 

「ひんぷんガジュマル」の南

もともと、南国の植物なので南の方角に置くのも相性がいいようです。
南に置く場合は厄除けとしての意味合いがあるようで、部屋に入り込む邪気から守ってくれます。

名護市では「ひんぷんガジュマル」とよばれています。
「ひんぷん」とは外からの目隠しや悪霊から守る屏風のことです。

1750年に運河開通と地域の発展のために石碑が建てられました。
その石碑は「ひんぷん」のように見えるためヒンプンシーと呼ばれるようなり、横に生えていたガジュマルも、すくすく成長しその石碑とともに「ひんぷん」のようになっていることからいつしかそう呼ばれるようになりました。

 

置き場所と風水

自然と共存してきた人類の歴史を振り返ると、「風水」という言葉が出てきます。
どこか怪しげな占いのような響きもありますが、実は科学的根拠も多く信頼できる部分もあります。

しかし、あくまでも自分と植物が気持ち良く生活できる場所を選ぶのが一番。

「風水の言う通りに置いたのに悪いことばっかり起きる」
という風なことになると、なんでも何かのせいにしてしまうことになってしまいます。
自分自身が、成功や目的に向かって行くための、一つの知恵である事が大切です。

風水で未来を掴むというより、生き方のひとつの知恵として取り入れてみようかな、というスタンスで、自然とともに生きるという思いやライフスタイルが大切なのだと思います。

続いては、実際にうまく成長できる育て方もしっかり見ていきたいと思います。

 

「キジムナー」も喜ぶガジュマルの育て方と水やり方法

ガジュマルの室内で育て方

沖縄では身体中が赤い「キジムナー」を見たという目撃情報もあるそうです。
ですが、あくまでも精霊ですので一般的に見えるかどうかはわかりません。

どんな観葉植物も同じですが、大切な命として植物と共に成長していく事が大事ではないかと思います。
どんな環境を好むのかを知ってあげることが大切ではないでしょうか。

 

南国育ちなので太陽が大好き

亜熱帯から熱帯にかけて生息するガジュマル。
しっかりと日光に当ててあげましょう。

とはいえ真夏の直射日光は少し苦手なようです。
そこだけ注意してしっかり日光に当ててあげながら、部屋の中の好きな場所に置いてあげましょう。

ですので、窓辺やベランダの近くがオススメです。
方角との兼ね合いを見ながら置き場所も考えてあげれば、尚いいですね。

 

もちろん水も大好き

熱帯の植物という事で、水分も好みます。
基本的には土が乾いてきたらたっぷりと水をあげましょう

春と秋では週に1、2回を目安に、夏なら毎日あげてもいいくらいです。
霧吹きなどで葉っぱに吹きかけてあげるのもいいですね。

大切なポイントは、土の乾燥具合をしっかりと観察するという事です。
一概に週に1回だからと決めるのではなく、様子を見ながら調整してあげてください。

冬場は2〜4週間に一回ぐらいで大丈夫なようです。
土が乾いているなと思った時から数日経過してからあげましょう。
常緑樹ですので冬場も葉っぱがあります。
土と葉の様子を見ながらあげすぎないように注意しましょう。

 

暖かさをキープしてあげる

特に冬場は越冬する条件として、5℃以上を保つようにしましょう。
室内であれば基本的に5℃以上になると思うので、そんなに心配する事もないかと思います。

南国育ちですので暖かさも好みます。
春〜秋の間は日光の当たる暖かいところがよく成長します。

特に暖かい時期は成長が大きいので、葉の数も増えてきます。
しっかりと陽に当ててあげることを意識しましょう。

 

ガジュマルの葉が落ちる原因

Sponsored Link

 

ガジュマルの元気が無くなってくるケースで、よくあるのは葉っぱが落ちてしまう事です。
常緑樹なので、基本的には1年中葉っぱをつけていますが、これが落ち始めると危険信号です。

葉が落ちてくる原因を前もって知っておく事で、予防しながら育てるとうまくいきます。
また、早めに対処すれば復活して元気になりますのでよく観察してあげましょう。

 

乾燥している、水をあげすぎている

水が大好きなガジュマル。
単純に水不足が原因で元気がなくなり、葉が落ちるというのも多いようです。

ですが、先ほども出てきましたがあげすぎには注意しましょう。
あげすぎると今度は根腐れしてしまいます。

根腐れは病気の原因や枯れる原因にもなるので気をつけましょう。
先ほどの季節ごとの水やり頻度を参考にしながら土の乾燥具合をしっかり観察してあげてください。

 

気温が低い、極端な日光不足と直射日光

冬場はしっかり、気温に気を使ってあげてください。
室温は5℃以上だけれども、窓辺は実は気温が低くなっている、という事もかんがえれらます。

置き場所を考えてあげながら日光も当たるようにしてあげましょう。
日光が不足するのも葉が落ちる要因となります。
こちらも水やりと同じで、当たりすぎず、不足しないように心がけましょう。

逆に夏場は、日光が好きだからといって直射日光に当たりすぎると、疲労してしまいます。
程よく、バランスを見ながら大切に育ててあげましょう。

 

害虫の被害

ガジュマルにとっては天敵となる「カイガラムシ」と「ハダニ」
これらが葉につくと、弱てしまって葉を落とす原因になるようです。
葉っぱや茎からガジュマルの栄養を吸い取ってしまいます。

カイガラムシは歯ブラシなどで葉を擦ってあげると虫が取れるので、優しくとってあげましょう。
ハダニは水分に弱い為、霧吹きで葉に水分をあげていると発生の予防にもつながります。
殺虫剤などはガジュマルが弱ってしまう原因にもなりますので、あまりオススメではありません。

 

まとめ

人気の観葉植物「ガジュマルの木」。
南国生まれの「多幸の木」で精霊も宿る神秘的な植物。
見た目も特徴的で独特の根っこで珍しく人気もあります。

自宅に飾って運気を上げて日々を楽しく過ごすのも良し。
贈り物としてお祝いなどにプレゼントするも良し。

ガジュマルに限らず、植物は愛情を注いで育ててあげればしっかりと成長するといわれています。
植物と自分が気持ち良く過ごせるような環境になった時、楽しそうな雰囲気に引き寄せられて精霊も宿ってくれるのではないか、と個人的に思ったりもします。

「キジムナー」も葉が落ちてしまった陰気なガジュマルには宿ってくれないと思います。
幸せの為に精霊を呼ぶのではなく、自分も植物もエネルギッシュに生活を送った時に気付いたらそばにきてくれるのかもしれません。

「勝利」と「厄除け」のエネルギーをガジュマルからもらって、幸せの多い人生を自然とともに歩んでみてはどうでしょうか?

 

Sponsored Link
作家BESO。 オーガニックやスピリチュアルライフを楽しむクリエイター。批判や対立から次のステージへ行けるように日々精進しております。



  • 0
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

いいね


コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア