福井足羽神社のお花見!ライトアップの時間は?アクセスや駐車場情報

  • 0
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

Sponsored Link

 

春になったら楽しみなのが「お花見」ですね。
友達や家族とまったり過ごしても良し、仕事仲間や同僚と親しくなれるチャンスもありのこのイベント。
今年も桜の開花が楽しみです!!

例年の桜の開花は、東京ではで3月下旬、満開予定日は4月上旬ですが、開花と満開は地域や気候、桜の種類で異なってきますね。

今年は、北陸福井でお花見はいかがでしょう。
福井は特急サンダーバードで、大阪から2時間弱。
東京から新幹線と特急で約3時間あまり。
4月上旬からお花見ができます。

また福井は名所旧跡や絶景スポットが多く、海の幸山の幸が豊富で良質の温泉にも恵まれたところです。

今回は、桜とパワースポットの名所で有名な、福井市にある『越前祖神足羽神社』でお花見の話題です。
また、アクセスと駐車場や地図などについてもお知らせします。

 

足羽神社のある足羽山と足羽川のお花見

 

福井足羽神社

福井市内の中央に足羽山という小高い山があります。
そこには福井市民の心のよりどころともいえる神社があり、多くのご利益がある神様を祀っています。
パワースポットとしても年々有名になり、全国的にも知られるようになりました。

 

福井足羽神社しだれ桜や桜並木:夜桜とライトアップの時間

足羽山全体にはソメイヨシノとヤマザクラが約3500本程咲いており、足羽山公園と共に足羽神社のしだれ桜は天然記念物に指定され『日本さくら名所100選』に選ばれています。

このしだれ桜の木は樹齢350年以上と言われ、鳥居をくぐるとかなりの迫力でど~んと約12mの高さを誇って目の前に立っています。
なんとこの木、何度も大火や戦火・雪害に見舞われ、さすがに一時は勢力が衰えたそうですが、現在は復活して荘厳な美しさを保っています。

「あすわさんのしだれざくら」と地元の人から呼ばれていて慣れ親しまれているしだれ桜。

毎年、春になると地面につくほどの枝いっぱいにたくさんの桜の花が咲き、咲きすぎて枝が折れるんじゃないか!?と思うほどダイナミック。

見所は木の枝の下から見上げること。
正面から見る桜と下から見上げる桜は、吸い込まれそうな景色のようで圧倒されること間違いなし!

また夜になると、美しくライトアップされることで鳥居ごしから見えるしだれ桜は、昼間とは違った雰囲気で鑑賞することができ、幻想的な世界に引き込まれます。
周辺には数百個のぼんぼりが灯り、ひときわ美しい夜桜見物ができます。

足羽山から下りると、市内を足羽川が流れています。
足羽川に架かる「桜橋」を渡って足羽川の土手に植えられた2キロ以上にわたるさくら並木沿の桜も圧巻。

桜並木は「日本一のスケール」としてテレビや、観光ガイドでも取り上げられることが多く堤防沿いの道を覆い尽くす桜の木は、一本一本が大きく立派です。

桜の花のトンネルをくぐって、ゆっくり堤防沿いを散歩しながら鑑賞できるので是非、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
開花の期間中は、桜のトンネルのライトアップが夕方6時から夜9時ごろまで行われますので、夜桜もぜひ見物してほしい一つです。

この時期、福井市内は冬の白い雪の世界から、桜色の春へと変貌するのです。

 

福井足羽神社(越前祖神足羽神社)

Sponsored Link

 

農耕や居住に適さない土地を第26代継体天皇(けいたいてんのう)が治水事業を行うことにより、人々が豊かに暮らせる土地を開拓しました。

越前平野が見渡せる足羽山に社殿を建設し、この地の守護神として大宮地之霊(おおみやどころのみたま)を祀り創立以来1500有余年という歴史と深い信仰で越前祖神と称され安全を祈願したのが足羽神社の起源。

ご祭神の継体天皇はたくさんの子宝に恵まれたことから、子孫繁栄や子宝の参拝者が多く訪れます。
そして、この神社の狛犬さんの足元には子供の狛犬がくっついているのですが、珍しさと願いを込めて参拝に来た人は必ずのように撫でて行くのです。

このように、県民からは氏神様として安産祈願からお宮参り、七五三など子供の一連の行事にも深く信仰される足羽神社。
古来朝廷からの縁も深く、中世では戦国武将の柴田勝家も深く尊信していたとか。

また、他にも30柱ものたくさんの神様がお祀りされています。
多くの神徳があるということで、ご利益をもらいに訪れる人が後を絶ちません。

足羽神社の御神紋は珍しい紋章で”三光(さんこう)の紋”という太陽と月と星のデザイン。
これは、昼となく夜となくすべてのものを照らす月と太陽、夜に方角を導く北斗七星を表しているのだそうです。
全国的にもとても珍しい紋章です。

 

足羽神社周辺おすすめの散策ルート

足羽神社へ行くルートは足羽山の北面に位置する「愛宕坂」から登るのがオススメ。

笏谷石(しゃくだにいし)の石畳の急な階段なのですが、登って行く途中の建物の雰囲気や風情にいつ行ってもうっとりです。
休憩スペースからの福井市内の一望も一見の価値がありますよ。

自分の足で登って、散策しながら参拝するのが地元民のお気に入り。

春の愛宕坂は、石の階段に100個以上のあんどんが並べらてライトアップするイベントも開催されるので、優しい光の中を歩いてみてはいかがでしょうか?

足羽神社の近くに「大久保茶屋」というお店があり、有名なのは”木の芽でんがく”という固めの豆腐に甘い味噌を塗って焼いてある豆腐と”木の芽おでん”という辛子味噌がのったこんにゃくが味わえます。

ぜひ木の芽の香りを感じて、春の味を楽しんでほしいです。
味噌だけでの販売もしていて、買って帰ってることもできるので気に入った方はお土産にすると喜ばれますよ。

しだれ桜

 

強力パワースポット毛屋黒龍神社

せっかく足羽山にいらしたのなら、この強力パワースポットに行かないてはありません。
足羽山の登り口にあるこの神社、知る人ぞ知る全国的に有名スポットで、ここが目的で訪れる人も後を絶ちません。

足羽神社の継体天皇が行なった治水工事をした際に、北陸地方屈指の大河川であった黒龍川(九頭龍川)の守護と、安穏のため高龗大神(たかおがみ)と闇龗大神(くらおがみ)二柱の御霊を祀っておりました。

元々は「毛谷神社」と呼ばれていましたが、のちに「毛谷黒龍神社」と改称しました。
名残に、麓の地区一帯は今も毛谷町と呼ばれています。

福井では最強パワースポットということで、強力な力での邪気払いや、厄除け・勝負事の前などに参拝すると知恵を授けてくれると大評判。
地元の人からは「くろたつさん」と呼ばれていて、厄除けや商売繁盛で人気の神社です。

何か悪いことが起きると「くろたつさんへ行ってお祓いしなきゃ」というぐらい頼りにされていて、古くから県民の生活に溶け込んでいます。

 

福井足羽神社でお花見の駐車場やアクセスと地図

観光地やハイシーズンで困るのが、駐車場やアクセス。

多くの人がたくさん集まる時期。
せっかく来たのに駐車場がないなんてことにならないようにしたいですよね。
ここでは、スムーズにたどり着けて駐車できるように説明いたします。

 

足羽神社へのアクセス

福井駅に到着後、福井市街地を周るコミュニティバス「すまいる」に乗りましょう。
福井駅西口西広場バスターミナル6番のりばより西ルート(照手・足羽)のバスに乗車して
「愛宕坂口」下車
バス停の向かい側に愛宕坂への入り口があります。
徒歩約10分で足羽神社の境内に到着します。

所在地 福井県福井市足羽108

□■車で
北陸自動車道 福井I.Cより福井駅に向かって約20分程。

□■足羽山無料駐車場

駐車場は足羽山の麓に約40台ほど駐車できる無料駐車場があります。
目印は総合公園足羽山の看板の下です。

□■公共交通機関
最寄駅 福井駅

電車  福井鉄道 福武線 越前武生方面行きに乗車
「公園口駅」下車
愛宕坂登り口まで徒歩約15分。

近隣駅 福井鉄道 福武線「公園口駅」下車

バス  JR福井駅から赤十字病院行バス「左内公園口」下車

コミュニティバス  まちなか周遊バス「愛宕坂口」下車

 

有料駐車場

福井駅周辺には大きな駐車場が3か所ありますので、わりとスムーズに駐車できると思います。

□■大手駐車場

所在地   福井市大手3丁目10-1
収容台数  264台
営業時間  24時間営業

□■大手第2駐車場

所在地   福井市大手3丁目12-20
収容台数  102台
営業時間  7:30~23:00

□■本町通り地下駐車場

所在地   福井市順化1丁目、中央3丁目地係
収容台数  316台
営業時間  7:30~翌日1:00

 

おわりに

ここでは、桜とパワースポットで名所の福井足羽神社でお花見ということでお伝えしました。

お花見は春しか楽しむことのできないイベントです。
せっかくなら北陸で一番綺麗なシダレザクラを見ていただき、強力パワースポットのくろたつさんで参拝して日々の邪気を祓ってパワーをもらってくださいね。
くろたつさんで参拝してからしだれ桜を見て、大久保茶屋で休憩してのんびり過ごすのが地元の人の楽しみ方でもあり、おすすめです。

ぜひ桜のころの福井で、桜を愛で、美味しい新鮮な食を楽しみ、質の良い温泉に浸かり、心身をリフレッシュしませんか~

 

Sponsored Link



  • 0
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

いいね


コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア