折りたたみエコバッグやリュック型の海外でも人気のオシャレなブランドは?

  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
  • ツイート

Sponsored Link

 

みなさんは「エコバッグ」使っていますか?

プラスチックレジ袋の使用は、地域によって差があるものの「エコバッグ」の普及は進んでいるように思います。

今回は、人気の折りたたみエコバッグやリュック型のご紹介や、海外(サンフランシスコ発)の最新エコバッグ事情とオシャレなブランドについてお知らせします。

 

トートだけじゃない!折りたたみやリュック型も人気

日本で初めてエコバッグという言葉が使われたのは、1992年のこと。
東京でエコロジーショップを経営していた会社が、当時ドイツで既に人気だったエコバッグの概念を日本に持ち込んだことがきっかけでした。

それから24年後の、今年2016年。
街中はもちろん、雑誌の付録でもエコバッグを見かけるようになり、昔と比べその普及率は格段に上がりましたよね。

中でも注目すべきは、その便宜性の高さとデザインのバリエーション!
従来のトート型に加え、最近ではコンパクトな折りたたみタイプ、リュック型なども人気なんです。

 

海外でも人気のオシャレなブランドは?

筆者の住む街、アメリカ・サンフランシスコは、環境に優しい生き方を選ぶ人が多く、世界中のエコな人々が集まる街として知られています。

その大きな後押しとなったのが、2012年に施行された「プラスチックレジ袋全面禁止」の法律です。
エコバッグを持参していない人は、「10セント払って紙袋を買うか、そのまま手で抱えて持って行くか、どっちかにしなさい」というこのルール。

スーパーはもちろん、ファーマーズマーケット、デパート、小売店など、業種やその形態に関わらず、すべてのお店に適用されています。
施行後すぐは、「ついうっかり家に忘れてきてしまった!」という人も多くいましたが、現在は皆かばんにエコバッグを入れて出かけるのが習慣となっています。

今日はそんなエコシティ・サンフランシスコの街中で特によく見かける人気のエコバッグブランドを三つ、ご紹介します。

 

TRADER JOE’S

エコバッグ

まず、何が何でも外せないのが、「TRADER JOE’S」(トレーダージョーズ)!
食料品を入れるエコバッグの王様のような存在です。

トレーダージョーズは、アメリカ全土に展開する自然派スーパーチェーンです。
新鮮で安全な食材だけでなく、パッケージデザインにもこだわるお茶目なお店として、アメリカ人に大人気なんです。

そんなトレーダージョーズが出しているエコバッグは、どれもカラフルで可愛いものばかり。
保冷用やワイン用など様々な種類があるのですが、写真に写っているのは一番人気のサイズ。
なんとこちら、99セント(日本円で100円ほど)で買えてしまうんです!

エコバッグを普及させるには、おしゃれなデザインはもちろんのこと、誰もが気軽に手に入れやすい価格であることも大切ですよね。
トレーダージョーズのプチプラエコバッグのおかげで、全米にエコバッグを持つ人がぐんと増えたのは、本当に素晴らしい功績です。

「そんなに安いんだったら、すぐだめになるんじゃないかしら?」
そんな声も聞こえてきそうですが、心配無用!

筆者はかれこれ数年間使い続けていますが、いまだしっかり使えていますよ。
日本では楽天で取り扱いがあるようです。
いろんな柄があるので、ぜひ試してみてくださいね。

画像をクリックすると楽天ページに移動します。
野菜のパターンがおしゃれなトート型エコバッグです。
本体はジュート・持ち手がコットン製で、風合いがあって素敵。
エコバッグもエコですね。

 

 

OUT OF PRINT

エコバッグ

 

まだエコバッグがそんなに普及していない土地では、「エコバッグは食料品を買ったときに使うもの」といった考えがポピュラーかもしれません。
しかし、「どんなものでも、買い物をしたら袋は有料」のサンフランシスコでは、雑貨や洋服用に別に布で出来たエコバッグを持つのが主流。

防水加工されているスーパー用のエコバッグと違い、綿や麻の素材のものが多く、定番のトートバッグ型が人気なのがこの用途のエコバッグの特徴です。

そこで筆者の一押しなのが「OUT OF PRINT」(アウト・オブ・プリント)」というニューヨーク生まれのブランド。

なんと文学小説の装丁カバーをそのままデザインとして採用するという、画期的なブランドなんです。
本好きにはたまらないコンセプトですよね。

筆者のお気に入りは、写真にも写っているスコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャッツビー』柄!
あの有名な表紙をそのままプリントした、ギャッツビーファンにはたまらない一枚なんです。

マチもしっかりしていて、見た目よりたくさん入るのはもちろん、しっかりとした厚手のコットンがなんともステキ。
小説だけでなく、絵本や童話のプリントも多数あるので、お子さんと一緒に選んでも楽しいかもしれません。

自分の好きな物語をこんな形で持ち運びできるなんて、素敵ですよね。
楽天のこのお店でいくつかエコバッグの取り扱いがありますので、ぜひチェックしてみてください。

画像をクリックすると楽天ページに移動します。
素材は100%コットンキャンバス。
このトートバッグを1個買うと、貧困地域に一冊の本が送られるそうです。
1925年初版デザインの『グレート・ギャッツビー』柄です。

 

BAGGU

エコバッグ

 

さて、最後はクールでポップなデザインが人気の「BAGGU」(バグゥ)のエコバッグのご紹介です。

BAGGUのエコバッグは、とにかく機能性抜群、使い勝手がいいことで知られています。
冒頭で述べた折りたたみとリュック型を出しているのも、このBAGGU。
「あ、かわいい!」と思うと、大抵BAGGUの商品だったりします。

写真に写っているのは、折りたたみ型の「ミント x ホワイト」、「チーター」、「サメ ブルー」の三つ。

公式サイトによると、BAGGUのエコバッグは通常のレジ袋2〜3個分の荷物を入れることができるそうですが、畳むと手のひらに乗るくらい本当に小さくなるんです!
日常の買い物だけじゃなく、荷物が増えがちな長旅のお供にもぴったりですね。

もうひとつの人気・リュック型ですが、これはBAGGUでは「TOTE PACK」(トートパック)という名前で統一されています。
こちらは手のひらよりはさすがに大きくなってしまうのですが、十分コンパクトに収納することができます。

なんと持ち手を取り出して、トートバッグとして使うことも出来、まさに一石二鳥!
「トートもリュックもどっちも欲しい」「自転車に乗るのが好き」「買い物中は両手が自由な方がいい」。
そんな方に特におすすめです。

気になる素材も、CEO兼デザイナーのエミリーがこだわり抜いて選んだという「リップストップナイロン」が使われています。

これはアウトドアウェアにも使われる非常に丈夫な素材で、実際に触ってみると分かりますが、「ちょっとやそっとのことじゃ破れないぞ!」という強い意志を感じる布ざわりが、実に頼もしい限りなのです。

「みんなにちょっと一目置かれるようなエコバッグが欲しい!」
そんなおしゃれさんには、ぜひチェックしていただきたいブランドです。

サンフランシスコではちょっとおしゃれなブティックや雑貨屋さんなんかに置いてあるBAGGUのエコバッグですが、実はすでに日本進出も果たしています。
1色カラーのシンプルなものから、写真のようなポップな柄ものまで幅広く出ていますので、ぜひ覗いてみてくださいね。

画像をクリックすると楽天ページに移動します。
ナイロン製で、軽いかさばらないオシャレなアイテム。
ポケット部分に本体を収納できるので、袋だけいつの間にか失くしてしまうことがなくなりますよ。

 

おわりに

たかがエコバッグ、されどエコバッグ。
毎月、毎週、人によっては毎日使うものだから、見るたびに心が弾むようなものを選びたいものです。
最初は「おしゃれ」のつもりで選んだエコバッグでも、使う度にそれは地球への優しさとなって、あなたの見えないところで、この星の手助けになっています。

まずはお気に入りの一枚を見つけるところから、始めてみませんか。

 

Sponsored Link



  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
  • ツイート

もし記事が「面白かった!役に立った!」と感じたら「いいね!」していただけると嬉しいです!



コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア