アボカドのカロリーやコレステロールが気になる! 脂質や糖質と栄養効果

  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
  • ツイート

Sponsored Link

 

森のバターと言われる『アボカド』

お寿司やハンバーガー、サラダなどにアボカドがよく使われるようになりましたね。
アボカド…
実に高カロリーとしか思えず、見て見ぬふりをして避けてきました。

なんで日本でアボカド?
森のバターって何がそんなにいいのかしら?
高カロリーということだけで、アボカドを敵のように思っていた自分が居たのです。

何気なく料理の本をめくっていると、そうではないのです!
そこで徹底研究。

なんとアボカドはすっごく体に良く、うまく摂るとダイエットにもいい。
神様のような存在になり得る可能性は無限大。

今回は、カロリーやコレステロールが気になるアボガドのホントと、脂質や糖質と栄養効果もあわせてお伝えします。

 

アボカドのカロリーが気になる!

5652_1

 

アボカドダイエットってありますよね。
ほんとに大丈夫?って思ってしまいますが。

先ずは「アボカド」の栄養成分についてお話しましょう。

メキシコ産 アボカド 100g(アボカド1個 可食部約100g)
主な栄養成分

エネルギー   187.0㎉ (ご飯100g  168㎉)
炭水化物    6.2g
カリウム    720.0㎎
カロテン    75㎍
ビタミンE   3.4㎎
ビタミンB2  0.21㎎
ナイアシン   2.0㎎
ビタミンB6  0.32㎎
葉酸      84.0㎍
ビタミンC   15.0㎎
一価不飽和脂肪酸  10.85
多価不飽和脂肪酸  2.15
食物繊維           5.3

あれ?最後のほうの項目、単位が違うぞ! そうなんです、ここです。

「アボカド」ご存知のように別名「森のバター」、その名前からも連想されるように脂肪分をたっぷりと含んでおり、その量はなんと果肉の18~25パーセント程あるのです。

ダイエットをしている元気女子にとってこんなに怖い食べ物ってありますか?
どうしても、敬遠は避けられませんよね。

しかし、調べていくうちにこの脂肪が要、そうダイエットの救世主だったんです。

 

アボカドのコレステロールが気になる!

バターのように脂肪やコレステロールが多ければ太るイメージがありますが、アボカドの脂肪成分は先ほどもお話ししたように、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸などは体内の血液をさらさらにしたり、コレステロールを減少させる効果があります。

そのうえ「アボカド」に多く含まれるビタミンB6。これがすごい効果を持っています。
脂肪を分解する力がすごいのです。

ビタミンB6とは、水溶性で、人間の腸内で作られる物質で13種類あるビタミンの中の一つです。

一般的にビタミンB6と呼ばれるのは、ピリドキサミン、ピリドキサール、ピリドキシンの3種類です。
主に神経系の助けになる成分です。
アミノ酸を生み出すための、たんぱく質の分解を助長します。

動脈硬化予防や、痙攣、うつ病、月経前のイライラ(PMS)にも良いとされています。
体内でも作られますが、水溶性なので体からすぐに抜けてしまうため積極的に摂った方が良いとされています。

要するに身体と脳が同時に活性化されるということなんです。
体内でも作られますが、体からすぐに抜けてしまうため積極的に摂った方が良いとされています。
「アボカド」の持つ脂肪分のほとんどが不飽和脂肪酸です。
これは、善玉脂質であり血中コレステロールを増加させる心配のないものなのです。HLD下げずにLDLだけを下げる効果もあります。

ビタミンEも多く含まれ、強い抗酸化作用があり活性酸素の害から身体を守りがん、心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病を予防するとも言われています。

なんだか少しホッとしてきましたね、「アボカド」の持つ脂肪って良き味方なんですね。

 

栄養効果がすごいうえダイエットにも最強

Sponsored Link

 

「アボカド」には先ほどもお話した不飽和脂肪酸以外にも女性に嬉しい栄養素がたくさん。
では、ご紹介していきましょう。

ビタミンB6

水溶性のビタミンの為、過剰に摂取しても尿中に排泄されるため心配はありませんが体内に貯めておくことが出来ない為毎日摂取しなければなりません。

これは肌の健康を守る、動脈硬化の予防、脂肪肝の予防、神経機能を正常に維持する等効果があります。

ビタミンE

エストロゲンという女性ホルモンの分泌を促す促します。
妊娠したい女性にぜひ、または更年期障害に悩んでいる女性必須です。

女性らしさを向上させる作用があり、そのうえ末梢血管を広げ血行を良くし、血行障害からくる肩こり、頭痛、冷え性などの症状を改善する作用も兼ね備えています。

カリウム

細胞の正常活動のサポートをする上に、ナトリウムが多くなるとそれを排出させ高血圧を防ぐ作用があります。
細胞の中の浸透圧の維持や水分の調整に役立つのでむくみにいいですよ。

食物繊維

腸内環境を整え、便通を良くし有害物質を減らします。
また、アボカドに含まれるグルタチオンという成分は肝機能の働きを高め体内の有害物質の排泄を促進させる効果もあります。

体内の有害物質が排泄されると身体機能は高まり新陳代謝も活発になるので痩身効果も期待大ですね。

葉酸

ビタミンB群の一つでほうれん草に多く含まれています。
葉酸はビタミンB12と作用しあい血液を作る働きがあるため、不足すると悪性の貧血がおこることもあります。

 

おわりに

「アボカド」はダイエットにも非常にいい果物として注目されています。

食物繊維が豊富なため、体内での水分を吸収し満腹感を感じやすく腹持ちがいいので、食前に「アボカド」を食べることで食事の量を減らすことが出来ます。

「アボカド」を調べていくうちに今までの誤解を反省し、その効果のすごさに感動を受けアボカドを牛乳と少しのはちみつで味付けをして毎朝飲み始めました。

たった3日で、身体の浮腫みが抜けたような感覚を覚えました。
1週間で家族にもわかるくらい効果が表れたのです。

朝はビタミンの吸収がよいため眠っていた身体がシャキーン!
そのうえ腹持ちがよくお昼ご飯を少しで終わるほど。
実感しました。

栄養豊富な「アボカド」ですが、カロリーが高いので食べ過ぎると逆効果になりますので注意が必要です。
いろんな効果がある「アボカド」、あなたのライフスタイルに合わせておいしく召し上がれ~

 

Sponsored Link



  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
  • ツイート

もし記事が「面白かった!役に立った!」と感じたら「いいね!」していただけると嬉しいです!



コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア