ダイエット効果や血圧を下げる柿の葉茶のタンニンの副作用や注意点

  • 10
    ツイート
  • 69
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 2
    ブックマーク
  • 12
    Pocket

Sponsored Link

 

柿は、「柿が赤くなれば医者は青くなる」と言われるほど栄養価の高い果実です。

柿の栄養成分には、ダイエット効果や血圧を下げる効果も期待されており、健康に抜群の効果をもたらしてくれる柿の葉茶に人気と注目が集まっていますね。

ただ、柿の葉茶には「タンニン」という成分が豊富に含まれていますが、メリット面も大きい分、デメリット面も少なからずあるようです。

そこで、今回は柿の葉茶に含まれるタンニンについての素晴らしい効果とともに、その副作用や注意点などもご紹介し、柿の葉茶を楽しんで取り入れていける方法をお届けします。

 

柿の葉茶の凄い効果!

柿の葉茶

 

ビタミンCの宝庫!

柿の葉茶には豊富なビタミンCが含まれており、その量は緑茶の約20倍レモンの約10〜20倍というビタミンCの宝庫なんです!

正確にいうと、ビタミンCそのものではなく「プロビタミンC」というビタミンCになる前のもので、体内でビタミンCに変化する物質です。
ビタミンCは加熱に弱く熱で壊れてしまいますが、プロビタミンCは熱を加えても壊れないため、温かいお茶で飲んでもちゃんとビタミンCが摂れるという優れもの。

温かい飲み物でビタミンCが効率良く摂れるのは柿の葉茶ぐらいとも言われています。

 

柿の葉茶は血圧を下げる!高血圧予防にも

柿の葉茶には血圧を下げる作用があり、高血圧予防にも効果的なお茶として積極的に取り入れたい健康茶です。

柿の葉茶に豊富に含まれている血圧降下作用のある物質とは、

・ カキタンニン
・ クエルセチン・ルチン
・ カリウム

があります。

「タンニン」はポリフェノールの一種で、毛細血管の浸透性を高め正常に保つ作用と血圧を調整する働きがあります。

そして蕎麦に多量に含まれているとしておなじみの「ルチン」も同じくポリフェノールの一種ですが、こちらも毛細血管を強く柔らかくする効果があり、多くの国で血管保護のための薬剤として使用されているのです。

さらに、「カリウム」の作用には、高血圧の原因となる体内のナトリウムを減らしてくれる働きがありこちらも血圧降下に抜群の効果を発揮してくれます。

このように、柿の葉茶には血圧を下げる成分が豊富に含有されているのです!

 

柿の葉茶のダイエット効果

前述のとおり柿の葉茶にはタンニンが豊富に含まれていますが、このタンニン、なんと余分な脂肪を分解してくれる働きもあるのです!

また、タンニンの血流を良くする働きにより、基礎代謝がアップ。
ダイエットが成功する秘訣は、基礎代謝を上げることが必須なので、柿の葉茶を摂取すると効率的に基礎代謝を上げるサポートをしてくれるのです。

柿の葉茶は高い栄養価があるので、ダイエット中の飲み物としても最適。
ダイエット中の栄養不足も回避してくれます。

なので、柿の葉茶をダイエットに取り入れる、というのは非常に効果的とされており、多くの方が実践している人気のダイエット方法になっています^^

 

柿の葉茶に含まれるタンニンとは?

柿の葉茶

柿には独特の柿渋がありますが、柿の渋みの正体こそポリフェノールの一種の「タンニン(カキタンニン)」です。

タンニンには、タンパク質を変性させることで組織や血管を縮める作用(収れん作用)がありますが、この収れん作用により口の中でタンパク質と結合し変性したことで、強い渋みを感じるのです。
このタンニンという成分こそが、「柿が赤くなれば医者は青くなる」と言われるように健康面で様々な効果をもたらしてくれます。

血圧降下や脂肪を分解する作用だけではなく、タンニンには下記のような効果も。

  • 強い抗酸化作用があり老化の原因となる活性酸素を除去してくれる
  • 悪玉コレステロールの低減作用があり、血液をサラサラにし動脈硬化を改善・防止する
  • 悪臭成分と結合し変性することで消臭効果がある。体臭や口臭の予防にも
  • 二日酔いの原因であるアセトアルデヒドと結合しやすく、体外に排出することで二日酔いにも効果がある

渋柿独特の渋みが苦手という方も、これだけの効果があると分かると少し見直されたのではないでしょうか 笑

しかし、柿の葉茶には渋みやクセはなくさっぱりしていますがタンニンはちゃんと含まれていますので、無理なく摂り入れることができますのでご安心くださいね^^

 

柿の葉茶のタンニンの副作用や注意点

Sponsored Link

 

摂り過ぎると良くないタンニンの副作用

いいことずくめな柿の葉茶の「タンニン」ですが、取り過ぎると嬉しくない症状が出ることがあります。
タンニンには主に下記のような副作用があるので注意してくださいね。

 

便秘になる?

タンニンには便を固くする作用があり下痢止めの効果があるのですが、これが行き過ぎると便秘になってしまう可能性があります。

柿の葉茶は、基礎代謝を上げ血流を良くする効果や豊富に含むビタミンCの効果により、ある程度までは便秘解消に役立つのですが、大量摂取してしまうとメリット側の作用よりタンニンによるデメリット作用の方が上回り、かえって便秘になってしまいます。

軽い便秘気味の人が柿の葉茶を摂取することで便秘解消の効果が期待できますが、特に症状がひどい場合は一時的に飲用を中止した方がよさそうです。

貧血になる?

タンニンは鉄と結びつき「タンニン鉄」という物質に変化し、水に溶けにくい性質に変化します。
これにより鉄が腸から吸収されるのを妨げてしまうのです。
特に植物性食品に含まれる非ヘム鉄がタンニンと結びつきやすく吸収阻害されてしまうようです。

ただ、柿の葉茶にはビタミンCが豊富に含まれており、非ヘム鉄が吸収されやすい形に変化して取り込まれるのをサポートしてくれるので一概には絶対に貧血になるという類のものではありません。

貧血気味の時や鉄分不足の症状がひどい場合以外は、神経質に気にするほどではないですよ。
ただ、食前、食後の1時間は、タンニンによる鉄分の吸収阻害を防ぐため、柿の葉茶の飲用は控えた方がよさそうです。

 

柿の葉茶の飲み方の注意点

メリット面の効果が大きく期待できる柿の葉茶ですが、デメリット面との効果ともうまく付き合いながら摂り入れることがいいですね。

柿の葉茶を飲む時の注意点として、まず適量を心がけることが大切です。
タンニンの大量摂取はデメリット面が強調されてしまいますので、一日2杯ぐらいまでにしておきましょう。
柿の葉茶を玄米茶やハトムギ茶などとブレンドするのもいい方法です。

また柿の葉茶を飲む時は空腹時を避けるようにしたほうがベターです。
一度にたくさん飲むのではなく、少しずづ何回もゆっくり飲むのがいいですね。

茶葉を抽出するときは、沸騰したお湯ではなく70度ぐらいのお湯で煎じます。
こうすることで風味が豊かになり、タンニンの抽出量を抑えることができるので過剰摂取を避けることができます。

体にいいからといってたくさん飲み過ぎたり、副作用があるからといって過剰に心配することなく、あくまでも適量を心がけていけば、健康的に柿の葉茶を楽しむことができますよ^^

 

Sponsored Link
当サイトの管理人。 自然やナチュラルな生き方を日々追求している。 地球の環境問題や食料問題を真剣に考えるようになり、菜食主義を実践。 現在も元気にベジタリアニズム道を突っ走っている。



  • 10
    ツイート
  • 69
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 2
    ブックマーク
  • 12
    Pocket

いいね


2 Responses to “ダイエット効果や血圧を下げる柿の葉茶のタンニンの副作用や注意点”

  1. nishide mitsuo 西出 満雄 より:

    柿の葉についてのコメント大変適切であり参考になりました。
    他にも、オオバコやアロエ等々有効なものが多いので、これからが楽しみです。

    • KAZ より:

      コメントありがとうございます。
      初春から夏の初めまで、野草茶作りで忙しいですね。
      柿の葉も5月から6月にかけて若葉が育ち、採り頃を迎えています。

      オオバコのパスタやバター炒めも美味しく食べられますよ!
      またお越しくださいね。

コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア