ラニーニャ現象とは?2016冬の雪の影響や発生原因を分かりやすく

  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
  • ツイート

Sponsored Link

 

エルニーニョ現象という言葉は有名ですが、その反対の現象もあるのをご存知ですか?
その現象は『ラニーニャ現象』
どんな現象なのか、わかりやすく列記してみました。

また、温暖化の一つの原因『ラニーニャ現象』の発生原因や、2016冬の雪の影響をお知らせします。

 

ラニーニャ現象とは?

ラニーニャ
あまり取り上げられない「温暖化」の陰に潜んでいる、「ラニーニャ現象」もあることをご存知でしょうか?

「エルニーニョ現象」の逆の現象を「ラニーニャ現象」と言います。

「エルニーニョ現象」は温暖化でしたよね。
じゃあ「ラニーニャ現象」って冷えること?
そうなんです!
南米沖の海面温度が急激に下がる異常気象がの事。

太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて、海面水温が平年より低い状態が続く現象を「ラニーニャ現象」と呼ばれます。
これは、日本で起きている猛暑や冷夏、地球規模の気象の荒れ、といった異常気象とも深い関係があるとのこと。

同じ海域で海面水温が高くなる現象を「エルニーニョ現象」といい男の子を意味する名前。
反対に海面水温が低くなる「ラニーニャ現象」は女の子を意味する名前が付けられたとされています。

太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸付近で生まれる巨大な雷雲が、これらの現象を発生させ日本を含め世界中に異常気象を引き起こすそうです。
日本からは遠いためあまり実感はありませんが、実は日本にも大きな影響を与えているのです。

「ラニーニャ現象」が日本への及ぼす影響として、空梅雨や猛暑が挙げられます。
そうなると水不足が起こり作物の収穫に大きなダメージを与えてしまうのです。

また、冬は寒冬になり雪も多く降ることが多いと言われ、強い貿易風により海水が循環されることによって、さらに深海から栄養豊富な海水が引き挙げられることで漁獲量が高くなります。

漁獲量が増えることは喜ばしいことと思われるかもしれませんが、広い海の中の自然が生み出し築きあげて来た食物連鎖に大きな影響を与えるのです。
そう考えるとマイナス要因が大きいと言わざるを得ませんね。

「ラニーニャ現象」を分かりやすくいうと

  • 南米ペルー沖の海面水温が低い状態が続く。
  • 海面水温が高くなる「エルニーニョ現象」とは反対の現象である。
  • 夏が猛暑、冬は寒冬の傾向になる。
  • 世界的異常気象になりやすい。

 

発生原因

Sponsored Link

 

普通の状態では、太平洋の熱帯域では貿易風が常に吹いているため、海面付近の暖かい海水が太平洋の西側に吹き寄せられています。

西部のインドネシア近海では暖かい海水が蓄積し、東部の南米沖では深いところから冷たい海水が海面近くまで湧き上がっているのです。
そこで、海面温度が太平洋赤道域の西部で高く東部で低くなっているため、西部では上空に積乱雲が盛んに発生します。

この中で「ラニーニャ現象」が発生しているときは、東風が平常よりも強くなり西部に暖かい海水がよりたくさん蓄積し、東部では冷たい水の湧き上がりの量も多くなります。
そうなると、東部の海面水温が平常よりも低くなるため積乱雲の発生がいっそうに盛んになるのです。
これが「ラニーニャ現象」を起こす発生原因となるようです。

東部の海面水温が、平年の基準値よりも5度以上低くなる期間が6か月以上続くと「ラニーニャ」が発生したと判定されます。

では、発生予測はできるのでしょうか?
「ラニーニャ現象」の周期や期間などは予想がしにくいと言われています。
短いと半年ほどで現象が収まったり、時には1年や2年近く現象が続いたこともあったようです。

最近では「エルニーニョ」の発生に不随して発生せず、1年おきや2年おきに発生していることがあることからやはり予測はなかなか難しいようです。
これらのメカニズムの解明と予測の研究が待ち望まれますが、「ラニーニャ現象」の予測不可能で頻繁な発生はやはり地球温暖化が進んでいるせいでしょうか。

「ラニーニャ現象」発生原因を分かりやすくいうと

  • 太平洋の西と東の海面水温が西高東低になっているのが、さらに激しく差ができるため。
  • 東部の海面水温が平常よりも低くなるため積乱雲の発生がいっそうに盛んになるため。

 

2016冬の雪の影響

気象庁によるとラニーニャ現象が8月からこの現象が発生しており、今年の冬はいつもに増して寒くなる予想。
また10月も「ラニーニャ現象」が発生しているので、今後も現象が続く可能性が高いと報じられています。
そのため、西日本を中心に気温が低くなりそうです。

降雪量は、エルニーニョ現象やラニーニャ現象に特に関係ないそうですが、日本海側では多く降るかもしれないのでドキドキですね。

2007年の「ラニーニャ現象」は、日本でも最高気温を記録する猛暑でした。
近年の地球温暖化現象が猛暑を誘発させたようです。

そして、猛暑になればなるほど電力消費量が増え、二酸化炭素の排出量も増えてしまいます。
現象と温暖化の追っかけっこになっているのが現状です。

2016冬の雪の影響をまとめると

  • 雪は、気圧配置で決まるのでわからない。
  • 低温や凍結に注意しよう。

 

おわりに

何気なくテレビに目をやると、北極の哀れなシロクマが映し出されていました。
シロクマの身体は茶色い泥にまみれ、海面に浮かぶ氷片に本当に人が一人立てるかと思うくらいの小さな氷の上に、四つ足をその氷の上にぎゅうぎゅうに寄せるように立っているのでした。

また何日餌を食べないとそうなるのか、シロクマはガリガリにやせ細り何とも言えないほどに悲壮感が漂い、思わず目を見開きテレビにくぎ付けになってしまったのでした。
温暖化で氷が解けて居場所がなくなったシロクマの悲しい姿が、私たちの未来を暗示しているかのように思いました。

飛行機に乗って上空から見ると、夜の地球はネオンや電気でとてもきれいですね。
たくさんのエネルギーを使って、この便利な生活ができるのだとつくづく思います。

とにかく、今年は寒い冬になりそうなので、気をつけましょうね~

 

Sponsored Link



  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
  • ツイート

もし記事が「面白かった!役に立った!」と感じたら「いいね!」していただけると嬉しいです!



コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア