お風呂上がりのヒリヒリの原因は塩素かも!敏感肌の対策方法は?

  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 1
    Pocket
  • ツイート

Sponsored Link

 

お風呂上がりで気持ちいいはずが 何故か身体中が痒くなったり肌にヒリヒリ感を感じたことってありませんか?
思ってもいなかったところに原因があった、という話があります。
このお風呂上りのヒリヒリもその類いかもしれません。

なんとこの犯人は水道水に含まれている「塩素」も一因だったのです。

普段は特に気にしなくても、問題が無いと思っている所を見直すいい機会かもしれません。
お風呂上りのヒリヒリの原因について少し掘り下げていきましょう。
また、敏感肌の対策方法についてもお伝えします。

関連記事:重曹×クエン酸で簡単炭酸風呂の作り方!使用量や塩素除去の効果は?

 

お風呂上がりに肌がヒリヒリ痒いのは何故?

塩素風呂

お湯に浸かってリラックス。
でも出た後になぜかヒリヒリする。
その原因を探るために、お湯の性質がどういうものかというところに少し注目しましょう。

家でお風呂に入るとヒリヒリする人でもかけ流し温泉だとそうではない。という事があります。
かけ流し温泉と水道水の一番の違いは『塩素』です。

古来から人は、水を媒体とする多くの感染症による被害に悩まされてきました。
その対策として塩素を水道水に入れることで、圧倒的に感染症被害が抑えられました。

そのメリットの反面として、塩素の人体へ与える影響があります。

肌には肌バリアがあり、それが肌を保湿し、空気中のウィルスやホコリから守っています。
しかし塩素は殺菌作用が強く、肌を守っている微生物も殺菌してしまい、肌バリア効果を弱めてしまいます。

「これがアトピーなどの皮膚疾患を引き起こしている」という説もあり、注意を促している医者もいます。

さらに塩素は水中から蒸発するとさらに殺菌力を高めると言われています。
お湯から湯気としてあがった塩素が鼻や口などの粘膜に触れるのも好ましくありません。

感染症を防ぐために入っている水道水の塩素ですが、実際に家庭で使う時にはその塩素の弊害を防ぐために除去してしまう、というのが一番効果的です。

 

お風呂の効果的な塩素除去方法

お風呂に入ること自体は体を休め、免疫力を上げて健康に生きる秘訣とも言われています。
なのに水道水のお風呂にそのまま入ると上に挙げたような理由で逆効果ということになってしまいます。
塩素対策として塩素を除去するお手軽な方法をご紹介します。

 

 ビタミンCを入れる

ビタミンCは様々な形で身近に存在しています。
それらをご紹介しましょう。

  • アスコルビン酸
    薬局やドラッグストアに「アスコルビン酸」もしくは「ビタミンC」とパッケージに書いて売っています。
    正式な化学名か一般的な名前かの違いで中身はほど同じものです。
    湯船に耳かき1杯ほどが適量です。
  • 柚子などの柑橘類
    一般的なイメージ通り柑橘類にはビタミンCが豊富に含まれています。
    日本では昔ながらの入浴の知恵として愛されてきた柚子風呂。
    塩素除去の効果も期待できて注目を集めています。

柚子風呂の記事はこちらをご覧ください。
柚子風呂の作り方と効果効能|肌がピリピリしない入り方や対処方法

  • 緑茶
    緑茶にもビタミンCが豊富に含まれています。
    嬉しい事に、お茶を飲んだ後の茶殻でも構いません。
    朝飲んだお茶殻を、夜には塩素除去に湯船に入れると、2度お茶を楽しめます。
  • 入浴剤
    入浴剤にビタミンC含有のものがあります。
    もちろん製品によって様々ですので、これからは含有成分を少し気にして見てみても面白いかもしれません。

ビタミンCがどうして塩素除去するかという化学式です。
塩素とビタミンCで化学反応が起きているわけですが、反応後は酸化したビタミンC・水・塩に変わるんです。

C6H8O6(ビタミンC) + NaClO(次亜塩素酸ナトリウム)
→C6H6O6(酸化ビタミンC) + H2O(水) + NaCl(塩化ナトリウム)

即効性もありアトピーの方等には効果の声があがっています。

 

浄水器を付ける

台所の水道には浄水器をつけているご家庭も増えてきていると思います。
その要領でお風呂にもつけるというものです。

水道の配管は年数とともに老朽化します。
目に見えていない建物の中の、水道管の中も同じように老朽化しています。
それらの面を考えると浄水器を付けてしまうのも効果的です。

しかし、これには経済的な問題も大きく関わってきます。
最近では各家庭の関心も広まり、比較的安価な簡易浄水器も出ていますので、こちらはお財布と相談して考えてみてくださいね。

 

塩素除去セラミックボールでお手軽に

塩素除去を目的にセラミックで作られたボールも市販されています。
そんなに大きな物ではなく、そのまま洗濯ネット等に入れて簡単に使えます。
浄水器の中のフィルターにこの機能が付いているものが多く、浄水器の中身だけ使うというイメージに近いかもしれません。

 

二番風呂に入る

一番風呂はお父さんが入るもの。
古風な家訓かもしれません。

実は一番風呂の人の、皮脂や皮膚のミネラル分が塩素を中和してくれています。
ですので、二番風呂以降は塩素が中和された状態で入れるようになります。
今はもうないかもしれませんが、昔はお父さんが身をはって家族を守っていたのでしょうか。

豆知識としてあげましたが、お父さんのお肌の心配もしてあげたいところですね。

 

お風呂の塩素除去の注意点

Sponsored Link

 

このように塩素を除去する上で、知っておきたい注意点もあります。
何事もそうですが、ご自身の体や体質に合うかどうかを大切にしてください。

 

■□ビタミンCの入れ過ぎ

ビタミンC入れ過ぎに注意しましょう。
またビタミンC自体が肌に合わない。という方もいるようです。
ご自身の肌に合わないようであれば使用を考えてください。

 

■□柚子の入れ過ぎ

ゆず果汁を入れ過ぎると刺激が強すぎてヒリヒリすることがあります。
また、農薬の有無にも注意しましょう。
せっかく塩素が抜けても農薬が入っていれば別の影響が出てしまいます。

 

 

 おわりに

今回は、お風呂上りにヒリヒリする原因の一つに「塩素」の影響があることと、敏感肌の方や赤ちゃんの肌バリアを守る対策をお知らせしました。

自分は痒くもヒリヒリもしないから大丈夫。
なんて思っていても、徐々に肌はダメージを受けています。
肌バリアが元気なうちから対策をしていく事をオススメします。

水道水に限らず身近にあるものの本質をもう少し奥深くみてみると、意外に新発見があるかもしれませんね。

生活に便利なものがたくさん製品化されています。
それを活用するのも一つですが、古来からの知恵をうまく利用するのもエコでよいですね。

今回のお風呂では柚子やお茶など身近な自然に触れあう楽しさがあります。
実質的な塩素の問題だけでなく、香りも楽しめ心身ともにリラックスしてみてはどうでしょうか?

 

Sponsored Link
作家BESO。 オーガニックやスピリチュアルライフを楽しむクリエイター。批判や対立から次のステージへ行けるように日々精進しております。



  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 1
    Pocket
  • ツイート

もし記事が「面白かった!役に立った!」と感じたら「いいね!」していただけると嬉しいです!



コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア