みかんの皮は捨てずに食べる!活用法と栄養は?漢方薬の効果効能も

  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
  • ツイート

Sponsored Link

 

冬将軍の到来!寒~い冬を迎えますね。
そう、冬と言えばこたつにみかん。
切るに切れないゴールデンコンビと思うのは私だけ?

橙色のみかんの皮に指を入れて皮を剝いていくにつれて、中から顔を覗かすみかんに何か愛しささえ感じますね。
私は、もう何個でも食べちゃいます。
気が付けば、横にみかんの皮がてんこ盛り!ってなったことありませんか?
あら?食べ過ぎちゃったわ~ってみかんの皮をごみ箱にポイって捨てますよね。

ちょっと待ってください!もったいない!

みかんの皮には栄養素がたっぷり入っています。

そのうえみかんの皮は漢方薬に使われていること、ご存知ですか?
捨てちゃもったいないみかんの皮について栄養、効果や効能、活用法などについてご紹介していきます。

 

みかんの皮の凄い栄養と効果!漢方薬の効能も

みかんの皮

みかんの皮や白い筋に、栄養や薬効があるのはなんとなくわかっていても、なかなか食べずらいものですよね。

みかんの構造

まず、みかんの皮の構造についてお話します。

外果皮

表面の橙色の皮の部分です。
その皮をよーく見ると表面のつぶつぶを発見できますよね?
これは油胞と言ってそう、汚れ落としの洗剤に使われています。

内果皮

外果皮の裏側にある白い部分を言います。
白い海綿状の部分を指して言います。

この白い部分には強い脂肪分解効果があることが知られており、ライムやレモンには同じ効果がないとか。
また、みかんをむいたときにみかんにくっついている白い筋、とっちゃう人いますよね。
それは、「橘絡(きつらく)」と言って、みかんが成長する過程で中の身に栄養を送るだいじな筋なんです。
これには、痰の喀出を楽にするという効果があるのですよ。

 

みかんの皮の持つ栄養素

いつも捨ててしまうみかんの皮ですが、こんなにたくさんの栄養があったなんて~と、驚いてしまいますよ。

ペクチン

野菜や果物などに含まれている食物繊維の一種です。
体内のコレステロールや糖分吸収を抑えます。
コレステロールや糖分を抑えるということは、太りにくくなるということですから女性にとって喜ばしいことですね。

へスぺリジン ポリフェノール(別名 ビタミンP)

みかんの皮には、ポリフェノールの一種のビタミンPというビタミンが含まれています。
これは、とくに皮の部分に多く含まれているようです。
毛細血管を強くする効果の他、血中コレステロール値の改善効果があると言われています。

ビタミンC

よくご存じにように、お肌にとっても良い栄養素です。
皮膚や粘膜の健康を維持をし、抗酸化作用もあります。

他にも、クエン酸(疲労回復)・カリウム(利尿作用)・テレピン油(血中コレステロールの制御)などが含まれます。

 

みかんの皮の栄養効果と漢方薬としての効能

凄いですね~、みかんの皮って実のほうよりも皮のほうが栄養や効能がぎっしりだったなんて。
みかんの皮をポイポイ捨てていた事を反省⋯です。

みかんの皮を有効活用の一つとして中国では漢方薬として昔から親しみ愛されてきました。
熟成したみかんの皮を乾燥させたものを「橘皮」(きっぴ)と言い、さらに古いものを「陳皮」(ちんぴ)と言います。

中国では、お茶や生薬として陳皮をよく使います。
生薬は1年以上乾燥させたものを使っているそうですよ。

みかんの皮から水分を蒸発させ、お日様をいっぱい浴びてカチカチのみかんの皮のどこにそんな力があるのでしょう。
みかんの皮の効果は、以下の通りです。

  • 血流改善効果・・血流改善ということは毛細血管まで血液を運ぶので身体を温めることに繋がります。
  • むくみ改善・・・血流がよくなることは、リンパの流れも良くなります。
  • 胃腸機能向上・・消化機能を高めてくれます。
  • 美肌効果・・・・お肌に優しい効果です。
  • 咳や痰の抑制・・咳や痰を鎮める効果があります。
  • 脂肪分解効果・・柑橘類、特にみかんの脂肪分解効果は高いそうです。

効果がたくさんあって、なんだか身体に良さそうな感じがしてきましたね。

 

みかんの皮を活用した美味しい食べ方

Sponsored Link

 

店頭にはピカピカのみかんが美味しそうに並んでいますが、ワックスや農薬がちょっと心配ですよね。
なるべくオーガニックのものを選びましょう。

調理するときは、重曹やぬるま湯でよく洗ってください。
ぜひ作ってほしいレシピのご紹介です。

 

みかん皮のパウダー

  1. みかんをお湯で洗う。
  2. 水気を拭き、皮を剥く。(中の実は美味しく頂いてくださいね。)
  3. 皮をザルに並べ天日か干す。外に出せない場合は、室内の日の当たる場所で。(カラカラと音がするほどに)
  4. 干せたら、はさみで細切りに。
  5. すり鉢でするとパウダーになる。
  6. 密封できる容器や瓶などに入れて、湿らないように保管する。

意外と簡単に作れます。さらさらとしてほんのりオレンジ色のみかん粉、ぜひ試してみてください。

 

みかん粉の使い方

風邪症状や胃腸の調子の悪い時の飲み物として、みかんの皮は活躍します。

カップにみかんの粉を小さじ1(約3g)杯を入れ熱湯を注ぎます。
かき混ぜ、お好みではちみつなどを入れても美味しく頂けます。

お好みで生姜を少し入れると、さらに温まりこれはまた美味しいですよ!

他に、野菜スープやジュースに入れてもまた豆乳に混ぜて飲んでください。
身体の中からポカポカ温まり効果を実感できますよ。

 

その他の使い方

  • 豆腐ドーナッツ・・・種に混ぜて、揚げて砂糖に混ぜてまぶしても。
  • みかん粉&生姜シフォンケーキ・・・生姜シフォンケーキの生地にみかん粉を混ぜ込むだけ。
  • 甘酒インみかん粉・・・・・温かい豆乳に、お好きなだけみかん粉をどうぞ。
  • みかん鍋・・・山口県では、小ぶりのみかんを鍋に入れて丸ごと食べる地方があります。さっぱりといただけます。
  • ママレード・・・皮と実と砂糖を鍋に入れて弱火で煮詰めます。
  • みかんピール・・・オレンジピールと同じように、砂糖水で煮て乾かすだけです。

ちょっと工夫すれば、温州ミカンもいろいろな料理に使えますね。
最近の研究では、温州ミカンの皮が花粉症にも効くとか。。
ちょっと試してみる価値ありそうですね。

 

おわりに

旬を迎えるみかん、剥いたみかんの皮から飛び散るエキスに掌を黄色くなるまで食べています。
横にはタワーのように積み重なったみかんの皮。何気なく食べていますが、食品それぞれに私たちを元気にしてくれるパワーを持って食べれる時期を迎えていました。

自然の中で地球からそして宇宙からの恵として、捨てるところがない果物や野菜。
漢方薬としても活用するみかん皮、すごいです~

食べても良しお風呂にぷかぷか浮かべてゆっくりするも良し。
干したみかんの皮をネットに入れて入浴するもよし。

無農薬ノーワックスのみかんが手に入ったら、ぜひみかんの皮でたのしんでくださいね。

 

Sponsored Link



  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
  • ツイート

もし記事が「面白かった!役に立った!」と感じたら「いいね!」していただけると嬉しいです!



コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア