柚子風呂の作り方と効果効能|肌がピリピリしない入り方や対処方法

  • 1
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

Sponsored Link

 

『ゆず湯に入ると1年風邪ひかないよ!』と昔からいいますが、なぜ風邪をひきにくくなるのでしょう。

柚子にはすごい健康効果がいっぱい。
ちょっと工夫や注意をするだけで、誰でもこの柚子パワーを満喫することができるんです。

そんな柚子風呂の作り方と効果効能と肌がピリピリしない入り方や対処方法についてお届けします。

 

柚子風呂の効果効能が凄い!

ゆず風呂

ゆず風呂に入るとうれしい効果がいっぱい。
香りがよくてリラックスできますが、それも柚子の精油成分効果だったんですね。

 

血行を良くする効果

柚子には、血行を良くする効果がある成分があります。
その成分とはへスぺリジン。

あまり耳にしないかもしれませんが、これはポリフェノールの一つで抗酸化作用があり毛細血管をしなやかにするという効果があります。

毛細血管をしなやかにすることで身体の血流がよくなり身体をを温めるということにつながりますね。
柚子風呂には体を温める温熱作用があり、冷え性やリュウマチ・肌をなめらかに美しくし、ひび・あかぎれにの改善に効果があります。

お湯の温度で血管を広げ、柚子の効果で毛細血管まで行き届く・・・
効果倍増ですね。

 

美肌効果やアンチエイジング

美肌効果の高い成分もたくさんあります。
紫外線からのダメージを軽減し老化防止(アンチエイジング)に役立つ成分もあります。

また、薄皮や種に含まれるペクチンは、肌をしっとりとさせる効果もありますのでうれしいかぎりですね。

その他にも殺菌効果や抗炎症作用といった効果もあります。

 

リラックス効果がすごい

柚子の持つさわやかな香りにも注目です。
ゆずの精油成分のリモネン・シトラスが自律神経に作用して、リラックス効果をもたらし心が落ち着きストレス改善につながります。

イライラや怒り・不安・気分の落ち込み・元気がない時などにも効能があります。

身体の外部、内部そしてkokoroに作用する柚子。
素晴らしいの一言に尽きません。

 

柚子風呂の作り方

柚子風呂

作り方はとっても簡単。
柚子をお風呂の中にぽいっと入れるだけでOKなんですよ。

ちょっとバリエーションがありますので紹介しましょう。

  • 柚子の成分が優しくはたらく方法は、洗ったゆず数個をそのままプカプカお風呂に浮かせます。
  • ゆずに切れ込みを入れバスタブに入れると、エキスが出やすいです。
  • 半分に切ったり輪切りにしたゆずを、種が浴槽に落ちないように布や洗濯ネットに入れて湯船に浮かべるといいです。(切ったものや輪切りにしたものを入れた方が、香りや成分がもっとよく染み出ます。)
  • 干した柚子の皮を袋に入れて使います。(ゆずのシーズンに作っておくと一年中使えますね)

いろんな方法があります。
初めての方は、まずそのまま入れて試してみて下さい。

柚子には肌を刺激する成分が入っていますので、敏感肌やアトピーに人は切ったりせずにそのままで。
肌の様子と相談しながらどうぞ。

 

柚子風呂に入ると肌がピリピリする?対処方法は?

Sponsored Link

 

ゆず湯には嬉しい効果がたくさんありますが、ときどき肌がピリピリするとかチクチクすることありませんか?

そうなんです!原因があるのです。
今からその原因を紐解いていきましょう。

 

柚子風呂の『ピリピリ』の原因は精油成分と果汁

柚子などの柑橘類の皮に含まれているリモネンという成分があり、香りのもとになる精油成分ですが、油を分解する働きもあります。
洗剤に利用されているのを聞かれたことがあるかもしれません。

これが肌の油を落としてしまい分子がとても小さいため皮膚の毛穴までに入り込んでしまいます。
そうなると、肌は外敵から防御できなくなってしまうのです。

柚子の果汁は、強い酸性で肌にとっては刺激になります。
柚子を切ったり、柚子を絞ったりした状態でお風呂に入れると刺激が強く、敏感肌のトラブルにつながることもあります。
様子を見ながらどうぞ~

でも、すごく嬉しい効果がたくさんあるゆず風呂。
その効果を頂くためにも、怖がらず少しずつ自分に合った方法を見つけられれば最高ですね。
上手に使ってあげれたら、柚子も喜んでくれるかな。

 

赤ちゃんや敏感肌の人でもOK?

赤ちゃんの肌の厚みは大人の肌の半分からそれ以下です。
刺激にとても弱く傷つきやすい状態にあります。
普段からオムツかぶれやあせもなど起こしやすい肌の弱い赤ちゃんの場合、柚子の成分で強いトラブルも考えられます。

赤ちゃんや敏感肌の人が無理せず柚子風呂を楽しみたいときは、

  • 上がり際に丸ごとの柚子をバスタブに浮かべる。
  • 洗面器に浮かべて香りを楽しむ。
  • 柚子を絞りお風呂の中の蒸気でアロマ気分もいいかもしれませんね。

肌が薄い赤ちゃんや敏感肌の人も、工夫次第で柚子効果や効能を楽しめますね。

 

肌がピリピリしない入り方や注意点

柚子の恩恵を受けるため、肌がピリピリしない入り方や注意点を確認しましょう。

  • 柚子の皮を良く水洗いしましょう。
  • 柚子の数はすくなめにバスタブに入れて様子を見ましょう。
  • 果汁をお湯に入れないため、柚子の皮をむいたり切れ目を入れないようにしましょう。
  • 長くお湯に浸からないで、短い時間から始めましょう。
  • 柚子に対するアレルギーがないか調べるのもひとつです。

そして柑橘系の精油には紫外線に反応してトラブルを起こす作用もあるんです。
これは誰にでも起こるかもしれないので、外出前に柚子風呂は要注意!!

 

効果効能がすごい柚子。
柚子のシーズンにはお風呂用の柚子も出回るので、がんばってゆずの皮を干しておけば一年中使えますね。

 

Sponsored Link
看護師と介護施設管理者の二足の草鞋を履く。健康弱者の処置が得意なのに、自分の健康には無関心の過去。 これではいけないと、ある日とつぜん思い立ってナチュラルライフに変更。 こんな素晴らしい生き方を、医療現場とナチュラルライフの視点から、どんどん発信していきたい。



  • 1
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

もし記事が「面白かった!役に立った!」と感じたら「いいね!」していただけると嬉しいです^^



コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア