エッセンシャルオイルとアロマオイルの違い|精油に値段の違いがある理由

  • 2
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

Sponsored Link

 

最近では日本でもアロマを販売するお店が増え、よく見かけるようになりました。

値段も100円で買えるものから、高価なものまでさまざまです。
しかし、なぜアロマの値段が全く違うのだろう?と思ったことはないでしょうか。
そして、呼び方もアロマやエッセンシャルオイル、精油などさまざまです。

実は一般的に呼ばれるアロマとエッセンシャルオイルとは違うものを指しているのです。

今回は、初心者にでも分かりやすくエッセンシャルオイルとアロマオイルの違いについて、またエッセンシャルオイルに値段の違いがある理由についてご紹介いたします。

 

エッセンシャルオイルとは?

エッセンシャルオイル,アロマオイル

エッセンシャルオイルとは花や草から生まれる香りのエッセンスです。

植物の中に存在する芳香物質のみを抽出したものです。
ハーブの葉の裏などを指でこすってみると、その植物のエッセンスの香りを嗅ぐことができます。

その植物のエッセンスが一滴一滴に凝縮されている、100%自然なものがエッセンシャルオイルです。
その為、とても濃度が濃く原液塗布や飲料としては禁止です!(ラベンダーやティーツリーは原液で用いることもあります。)

エッセンシャルオイルを日本語にしたのが精油です。なので精油も同じ定義になります。

一般的に呼ばれているアロマオイルとは広い意味があり、精油~化学香料が入ったものまでも呼んでいたりします。
本来アロマセラピーでは合成の香料が使われているものは使用しません。

アロマと呼ぶ時はアロマセラピーの略の場合もあります。

植物の効能を効果的に使いたい場合は、『エッセンシャルオイル』や『100%pure』などと記載されているものを購入しましょう。
香りを嗅いで楽しむだけで良いという方はアロマオイルを購入して楽しんでください^^

 

 エッセンシャルオイルに値段の違いがある理由

エッセンシャルオイル,アロマオイル

精油を買う時に、植物によって価格が全く違うことに驚かれるのではないでしょうか。
逆に価格がどの種類も同じというオイルは精油ではないので気をつけてください。

なぜかというと、植物には精油が採れやすいものと採れにくいものがあります。

例えば、ローズの精油の場合は1滴を抽出する為に約60~200個分の薔薇を必要とします!
そう考えると、値段が髙い精油は希少な精油だと言えますね。

抽出方法や抽出時間もさまざまで、時期や産地によっても値段は変わってきます。

産地はほとんどの精油のラベルに記載があると思います。
植物名の後にオットーやアブソリュートと記載のあるものは抽出方法の違いです。

オットーは水蒸気蒸留法でアブソリュートは溶剤抽出法という方法になります。

溶剤抽出法は溶剤を使った抽出方法なので、トリートメントなど肌につける場合はオットーの方が良いとされています。また、精油の定義は100%自然ということなので、海外では精油とアブソリュートを分けて区別しています。

初心者の方が精油を買う時は、香りを嗅いでみて好きな香りであったり、手ごろに買える精油を試してみてから、だんだんと色んな種類の精油を集めると良いでしょう。

高価な精油でも自分に合っていなかったら何の意味もありません。
一番は自分が心地よい香りを嗅ぐことで相乗効果がでるのです!

 

エッセンシャルオイルとアロマオイルの違い

Sponsored Link

 

2つのオイルの違いをまとめました。
購入の際は、下の項目の違いを把握していれば、自分の思っているオイルを買うことができますよ^^

 

成分の違い

■□エッセンシャルオイル
100%植物の芳香物質を抽出している。花、葉、ハーブ、果皮、実や種子、木、樹脂などの植物のエッセンスを凝縮したオイル。植物の成分の色がついているものもある。

■□アロマオイル
広い意味があり、精油や化学香料が入ったものも含めて呼ぶ場合がある。アルコールなどで希釈してる場合などがある。

 

使い方の違い

■□エッセンシャルオイル
アロマセラピーで用いる。オイルの効能を人の心身に対して使う。原液塗布や飲料としては厳禁。キャリアになるものに希釈して使う。それぞれの植物の禁忌事項がある。

■□アロマオイル
フレグランスとして楽しむ目的で使う。身体に使うのは避け、主に芳香として使用する。

 

値段の違い

■□エッセンシャルオイル
抽出が難しい植物は高価になる。原産地で異なったり、その時期の生産状況によってはなかなか手に入らなかったりもする。

■□アロマオイル
とても安いものから高いものまで幅広くあるが、植物の種類が違っても、一つ一つの価格に差はあまりない場合が多い。大量生産しているので安価で手に入る場合が多い。

 

ラベルの表示

ラベルの表示がエッセンシャルオイル表記なのか、フレグランスオイル(アロマオイル)表記なのかを見ましょう。

そして、抽出方法が書いてあるかをしっかり確認してください。エッセンシャルオイルであれば、抽出方法の記載があります。

その時に原産地や、抽出部位なども見ると良いでしょう。

それによって香りも全く違ってきますので、ムエットなどで香りを嗅ぐことができれば、抽出部位と香りの確認をしてから購入しましょう。

 

Sponsored Link
田舎生まれの自然が大好きなアロマセラピスト。エステティシャンなどを経験した後に鍼灸院内の一室でアロマセラピーを取り入れた小さなサロンを開く。セラピストをしながらアロマ講師としても自然療法について発信し続けている。



  • 2
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

いいね


コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア