柿の栄養や効能と美容効果|食べ過ぎによる便秘や下痢・カロリーに注意

  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
  • ツイート

Sponsored Link

 

日本の秋の代表的くだもの『柿』
しかし以前は、庭に柿の木を持っているお家も少なくなかったようですが、都市ではなかなか見つけることができなくなりましたね。

今回は、秋の最強の果物『柿』の栄養や効能と美容効果や、食べ過ぎの注意点についてお話したいと思います。

関連記事:余った柿の使い方は漬物で!作り方や大根・かぶ・白菜との美味しいレシピ

関連記事:ダイエット効果や血圧を下げる柿の葉茶のタンニンの副作用や注意点

 

柿の凄い栄養価!

 

柿

栄養の宝庫の柿。

さて、どのような栄養素が含まれているのでしょう。
そしてその栄養素には、すごい効果がいっぱいで驚きます。

 

ビタミンC

柿は、1個で100mgほどの豊富なビタミンCがあります。
これは大人の一日摂取量の100gと同じで、1個で1日の所要量を摂取できるというわけです。

ビタミンCは強い抗酸化作用を持つのでシミ・そばかす・しわ・たるみなどの美肌対策や、疲労回復にも期待ができるといわれています。

 

βーカロチン(ビタミンA

βーカロテン(カロテノイドの一種)は体に入ると『ビタミンA』に変換されます。
カロテノイドは、活性酸素を除去しながら身体の抵抗力を高めて元気をつけ、病気も早く回復させてくれます。
風邪の予防はもちろん、老化・ガン予防にも効果があるとか。

β-カロテンは、ビタミンCと同じく強い抗酸化作用を持つ成分で、ビタミンCと同時に摂取することで相乗作用が起こるため肌荒れなどに効果的!
特に干し柿には、生柿と比較して約2倍のβ-カロテンを含んでおり、効率よく摂取することができそうです。

その他、β-クリプトキサンチン、ゼアキサンチン、リコピンなどのカロテノイドも含んでいます。

 

ペクチン

柿に含まれるペクチンはそのほとんどが水溶性。
人の消化酵素では分解されないので食物繊維として機能し、整腸作用やコレステロール低下作用などがあります。
干し柿はペクチンの含有量が非常に豊富なため便秘予防にも効果的。

柿と牛乳を2対1の割合でミキサーでどろどろにし、冷やし固めると柿プリンができます。
ペクチンが多いからできるプリンですね。

 

タンニン

柿が渋いのは、ポリフェノールの一種の渋味成分のタンニンという物質があるからです。
私たちが食べている甘柿や渋抜きした柿には、渋みを感じることはなくてもタンニンが含まれています。

タンニンは血液中にある毒素や悪玉コレステロールを減らし、血液の流れをよくする働きがあるため、体全体の新陳代謝がよくなると考えられています。

また、種々のウィルスに対する抗ウィルス効果が、ノロウィルス、ロタウィルス、インフルエンザウィルス、ヘルペスウィルスなどにあるそうです。

 

カリウム

カリウムを多く含むので「高血圧」や「むくみ」にも効果的です。
体内の血液に含まれるナトリウムを、尿と一緒に排出する作用があるからです。
足がつる・疲れやすい・高血圧・不整脈・尿が出にくい方もカリウム不足があるかもしれませんね。

カリウムの成人摂取量の目安は、男性が2500mg、女性が2000mg。
柿100gに170mg、干し柿だと670mgもあるんですよ。

 

柿の効能には美容やダイエット効果も?

柿

さて、柿には美容やダイエットに、ものすごく効果があるって知っていましたか。
柿はどの品種にも多くの栄養素があり、肌や身体を守ってくれるんです。

 

美肌効果

ビタミンCの活性酸素の抑制により、シミやそばかすなどの予防・ハリ・しわ・たるみなどの美肌効果が期待できます。
活性酸素を抑制するということは、美肌にとって様々な力を発揮しますよね。

 

ダイエット効果

カリウム・ビタミンCやビタミンB1・ビタミンB2・ペクチンなどが豊富に含まれる柿。
その栄養効果もさることながら、代謝が高くなって痩せやすい体作りができるということです。
とくに、朝に柿を食べるとよいとか。

しかし、カロリーが100g中60kcalあるので、一日に2個程度を目安としていかがでしょう。
また、スイーツと置き換えたり、高カロリーな食品を減らし柿を食べるという方法も効果があります。
工夫次第ですね^^

 

免疫力の向上

柿タンニンには抗ウィルス効果が期待されます。

また、高い抗酸化作用のカロテン、白血球の働きを高め細菌やウイルスを撃退するビタミンCの連携でさらに免疫力アップですね。

 

二日酔い

ビタミンCとタンニンには、血液中のアルコール分を外へ排出する働きがあるそうです。
また、酵素がアルコールの分解をうながし、血中アルコール濃度の上昇防ぎます。

お付き合いでお酒を飲むとき、飲む前に柿を食べ、翌朝にも柿で元気でいられますよ。
ただし、お酒と一緒に柿は食べないほうか良いようです。

 

便秘や下痢の解消

柿はペクチンも多く、食物繊維が豊富で便秘には効果的。

またタンニンには、排便するための腸のぜん動運動にかかわり腸内環境を整え、有害物質の排泄や栄養素の吸収、腸内環境の正常化に働きかけます。

 

むくみの解消・高血圧予防

カリウムはむくみ解消に効果的な栄養素。
むくみの原因である、体内に増えすぎたナトリウムの排出を促し、体内の水分量を一定に保つ働きをしてくれます。

カリウムが塩分を尿と一緒に体外に排出するため、「むくみを解消し、高血圧予防」に役立つのです。

 

柿の食べ過ぎは便秘や下痢になる?カロリーにも注意!

Sponsored Link

 

ビタミンCやペクチンは、頑固な便秘に悩んでいる女性にはぴったり。
しかし食べ過ぎは、胃腸が弱い人や産前産後の人などは、下痢をすることがあるので注意が必要です。
過ぎたるは及ばざるが如しですね。

 

柿の食べ過ぎは便秘や下痢になる?

タンニンやペクチンは便秘にも効きますが、下痢にも効果があります。

柿には整腸作用のあるタンニンが含まれていて、食べると下痢止めになると昔から言われています。
しかし、下痢止めの効果のあるタンニンも摂り過ぎれば便秘になってしまいます。

ペクチンは水溶性の食物繊維で、便の中の水分を吸い取って便の硬さを調整してくれる機能があります。
豊富に含まれている柿は消化に時間がかかり、人によっては胃腸に負担をかけてしまうことがあります。
このため下痢を起こすと考えられています。

便秘と下痢は、どちらもタンニンが胃腸の機能低下をひき起こすためなんですね。

 

柿の食べ過ぎはカロリー過多?

糖分(果糖)が多くカロリーが高いので、食べ過ぎはダイエットに不向き。
しかし、柿の栄養の恩恵を受けるために、柿を一日1~2個食べたいものです

前記しましたが、柿のカロリーは100g中60kcalつまり1個あたり120kcalほど。
一日2個食べれば240kcal。

ショートケーキ1個あたり約370kcalなので、おやつにケーキではなく柿を食べるという手もありますね。

 

その他の注意点は

  • 食べ過ぎは、貧血になる可能性があるので、妊婦は要注意。
    鉄とタンニンが結びつき、鉄分の吸収が妨げられることもある。
  • 食べ過ぎると、身体を冷やす。
    ナトリウムを排出してしまうので、血中ナトリウム値が下がる。
    漢方では「陰」の食物。

しかし、上記は大量に食べた場合のことで、1日1~2個程度なら何の心配もなく美味しく栄養を摂取できますよ。

 

柿が赤くなると医者が青くなる!

その昔、「柿が出回るころになると病気が減り医者が暇になることのさま」をいった言葉ですが、まさに柿には栄養がぎっしりで健康効果抜群。
干し柿はさらに凝縮されて、栄養価は高くなります。

『柿は適量を食べ、食べ過ぎには注意する』ということさえ気を付ければ、こんなありがたい果物はないですね。

柿の実より皮の部分に多く栄養が含まれているため、できれば皮も食べるとよいですよ。
皮ごとスムージーや柿プリン、剥いた皮を乾燥させてチップスや漬物の味付けなどに利用してはいかがでしょう。
こんなにおいしくて栄養のある柿を、そのままだけでなくスイーツやお料理にも活用したいものです!

柿でしっかり栄養をとって免疫力を高め、インフルエンザに備えようと目論んでいる筆者です^^

 

Sponsored Link
中国の伝統健康法・気功法や中国武術を上海で学び、有効な身体の使い方と健康法の指導をする健康運動指導士。オーガニックライフやエコロジーに目覚めたきっかけは合成洗剤の不買運動。 身体を壊さない・未病にならない方法を、多くの人に提案し続けている。



  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
  • ツイート

もし記事が「面白かった!役に立った!」と感じたら「いいね!」していただけると嬉しいです!



コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア