七草粥の日の意味や由来と美味しい作り方|春の七草の効能や種類も

  • 1
    ツイート
  • 1
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

Sponsored Link

 

毎年1月7日に食べる七草粥。

その一年間を無病息災で過ごせるという言い伝えがありますね。
その理由は、旬な野草を使って体によい健康食であるといわれていますが、どんな意味や由来があるのでしょうか?

毎年なんとなく食べていた七草粥。
今回は、春の七草の効能や種類、美味しい七草粥の作り方についてお届けいたします!

 

「七草粥の日」のはいつ?意味や由来について

七草粥

七草粥とは、春の七草や餅などを具材として食する塩味の粥。

おせち料理は甘くて濃い味付けが多いので、お正月明けに食すととても優しく感じられ美味しいですよね^^

七草粥を正月明けに食す背景には、おせち料理で濃い味に慣れてしまった舌の味覚を元に戻したり、正月休みの食べ過ぎや飲み過ぎで疲れてしまった胃袋をいたわるという意味があります。

七草粥の日は、毎年1月7日
1月15日にも食されることが多いです。

年末から年明けにかけて、美味しいお料理ばかりを食べることが多く、ついつい食べ過ぎてしまったりしてしまいがちですよね^^;

七草粥はいわゆる「薬効粥」で、疲れた胃腸の調子を整えたり、体を温めたり、粘膜を強化してくれる働きがあります。

もともとは、日本には古来から「若菜摘み」という、春の野に芽を出した若菜を摘む習慣がありました。
「春」といっても、正月明けのことですからまだ雪が積もっています。

百人一首の光孝天皇の歌でも

君がため 春の野に出でて 若菜摘む
我が衣手に 雪は降りつつ

とありますが、春の野で若菜を摘む着物に雪が降っていますね。

そして、平安時代に唐から「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という7種類の若菜を入れて無病息災を祈る習慣が伝えられ、これと日本古来の習慣が合体して、七草粥を1月7日(人日の日)に食べるのが始まりと言われています。

つまり、七草粥は人日の節句料理。
1月7日に、春の七草を摘んで神様にお供えし、その一年の健康をお祈りするという意味があります。

もともとの由来からは、大変神聖な食べ物で縁起物とされていますが、現代医学の観点からも、七草粥には健康効果が立証されており、漢方の知恵がつまったメニューなのです。

 

七草粥の春の七草の種類と効能

セリ

七草がゆ

セリ科の野草で湿地帯などに自生していますが、健康でのメリットには解熱効果や整腸作用があることです。

さらに血圧を安定させる働きもありますので、お正月後の胃が疲れている時や食べ過ぎの時期には大変体によいですね。
七草粥は低カロリーなので女性にも安心です。

 

ナズナ

春の七草

 

ナズナは通称ぺんぺん草とも呼ばれていますが、小さな頃道端で摘んだ思い出がありませんか?

注意して探してみると都会の道端で見つけることができます。

ナズナには利尿作用があり、体内に溜まっている老廃物をだすデトックス効果がありますので、寒い季節には欠かせませんね。
優しい香りと味があるナズナには、おかゆ以外の美味しい食べ方がたくさんあります。

 

ゴギョウ(ハハコグサ)

七草がゆ

ゴギョウはキク科の多年草で、道路の端で自生しているところをよく見かけますよね。
効能としては咳止めに効き目があり、風邪を引きやすい冬にはとても効果があります。

また去痰の働きもありますので、咳が止まらない時にはお料理にもちょっと入れてみるとよいでしょう。

 

ホトケノザ(タビラコ)

七草粥 ホトケノザ

ホトケノザには解熱や解毒作用があります。湿気のある場所に自生しているキク科の植物なのですが、ビタミンも大変豊富ですので、体の細胞の働きをサポートするメリットがあります。

七草粥は厄除けとしても食べられていますので、新しい年明けにはぜひ食べないといけませんね。

 

ハコベラ(ハコベ)

七草粥 ハコベラ

意外と知られていないのが、お正月は塩分を摂りすぎやすいという点です。

おせち料理やお雑煮は塩分が多く体内に余分な水分を溜め込み、体のむくみの原因になっています。

ハコベラには利尿作用が高く、体内の老廃物を出す為には大変効果がありますので食べすぎの時期に欠かせませんね。

 

スズナ(カブ)

七草粥 スズナ

スズナには七草の野草のなかでも特にビタミン類が豊富である点が特徴です。

ビタミンC、カルシウム、鉄分など栄養バランスが大変がよいために風邪予防や肝臓機能を活発にする効果もあります。

さらに注目したいのは精神的な安定効果があるため、リラックスしたい時のサポートにもなります。

 

スズシロ(ダイコン)

七草粥 スズシロ

スズシロにはお肌によいビタミンCが多く含まれていますので、風邪が流行しやすい冬の季節には欠かせません。

さらにカルシウムやカロチンも含まれていますので、風邪をひいた時のせき止め効果や気管支炎の予防にも効果ガあります。

さらに食欲増進効果もありますので、元気がない時にはオススメです。

 

七草粥の作り方

Sponsored Link

 

冷ご飯を使えばとても簡単で、おかゆを作って茹でた七草を混ぜるだけなのですが、せっかくですからお米から作って美味しくいただきましょう^^

生米で炊くと、ごはんの味がしっかり生きてふっくらとしているので塩味だけでも十分満足できるぐらい美味しいですよ~

こちらは以前NHKの「ためしてガッテン」でも紹介されていた『究極のおかゆ』のレシピに、七草を加えてアレンジした作り方です。

 

七草粥の作り方

それでは、美味しい七草粥の作り方をご紹介したいと思います^^

材料・準備するもの
  • 春の七草
  • 米 1合(180ml)
  • 水 1000ml
  • 塩 少々

 

作り方

七草の下準備

  1. 春の七草をさっと茹でます。(塩を少々入れて)
  2. 茹で上がったら固く絞り、細かく刻んでおきます。

※七草はできれば別々のお湯で茹でた方が、それぞれの香り立ち美味しいです。

 

究極の七草粥の作り方

  1. 米はよく洗い、ざるに上げて20分ほど放置。
  2. 鍋に水を入れて、沸騰させたら米を入れて2~3回優しく混ぜます。
  3. 火は強火で、ここから時間を測ります。強火の時間は3分。
    途中、鍋の中で米が寄ってきたら優しく2~3回混ぜます。(混ぜ過ぎ注意)
  4. 米を入れてから3分経過したら、火加減を強火から中火へ。
    ※もし強火の途中に吹きこぼれそうな時はその時点で中火へ
  5. とろみがでてきたら、焦げ付かないように注意しながら鍋底や鍋肌を撫でるように混ぜます。
  6. 米を入れてから11分後、差し湯50mlを入れて混ぜます。
  7. 米を入れてから15分後、鍋肌を撫でるように優しく混ぜてから、刻んでおいた七草を加えて混ぜあわせます。
  8. 火を消し、フタをして3~5分蒸らします。
  9. 最後に、塩で味を整えて出来上がり。

※ おかゆを混ぜ過ぎると粘りが出るので注意
※ おかゆのとろみは差し湯の量で調節してください
※ 最後の蒸らし時間を長くするとおかゆが柔らかくなります。お好みで調節してください。

 

味付け

塩味が基本ですが、もの足りないという方は少し醤油を加えても美味しいです。
また、最近は味噌味にしたり、ウェイパーやごま油を入れて中華風にしたり、コンソメを入れて洋風にする方も増えてきています。

豆乳がゆ風や、チーズを加えてリゾット風にするなど、アレンジの幅も広いですね^^

 

Sponsored Link
当サイトの管理人。 自然やナチュラルな生き方を日々追求している。 地球の環境問題や食料問題を真剣に考えるようになり、菜食主義を実践。 現在も元気にベジタリアニズム道を突っ走っている。



  • 1
    ツイート
  • 1
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

いいね


コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア