日光の紅葉狩りの名所5選!2016の見頃時期や混雑状況と渋滞回避方法

  • 0
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

Sponsored Link

 

2016年もいよいよ日本各地で紅葉の始まる季節となりました。
日光は観光地の中でも、紅葉のおすすめスポットがたくさんある人気エリアですよね。

今年はどこに紅葉狩りに行こうかまだ迷っている方は、ぜひ日光にお出かけになってみてはいかがでしょうか?

非常に素晴らしい紅葉の景色が堪能でき、都心からのアクセスが比較的良いので、日帰りでお出かけになられる方も多いようですね。

今回は、おすすめの日光の紅葉スポットや見頃時期についてご紹介させていただきます^^

 

絶対チェック!日光の紅葉の絶景スポット5選と見頃時期

紅葉 日光

日光の紅葉の名所ですが、これだけは一度は行っておきたいと思われるおすすめのスポットをピックアップしました。

また、紅葉狩りには人気スポットの日光ですが、気になる見頃の時期は各スポットによって多少異なりますので、気になるスポットがあれば、事前にチェックしておきましょう^^

 

龍王峡

 

清流を覆い囲むような巨岩と鮮やかな紅葉が織り成す自然の絶景を満喫できるスポット。
日光の数ある紅葉スポットの中でも、非常に人気で有名な場所です。

「岩と水の公園」とも言われ、奇岩と怪石が織りなす鬼怒川の渓谷美が大変見事。

2016年の見頃の時期は10月中旬~11月上旬までになります。
昨年よりも若干早くなりそうですね^^

 

中禅寺湖

 

奥日光の入り口にある中禅寺湖は、標高1269mと自然湖としては日本一高い場所にあります。

非常に美しい湖としても有名で、紅葉の時期になると、色とりどりに色づいた葉が湖面に映り込むという素晴らしい景観をつくります。
また、男体山や日光白根山を湖上に望み、その様子はまるで絵画のよう。

遊覧船も出ており、この遊覧船からの眺めがパノラマ状態で紅葉を楽しむことができ、とてもおすすめです。
こちらも2016年の見頃時期は10月中旬~11月上旬頃になります。

 

湯滝

滝と紅葉のコントラストが見事な湯滝も、人気のスポットです。

湯ノ湖からの湖水が110mの高さから流れ落ちる湯滝は、滝壺付近に観爆台があり、そこからの眺めは迫力そのもの。
色づいた紅葉と滝の素晴らしい景観を堪能したい方にはおすすめのスポットです。

見頃時期は少し早めの10月中旬~10月下旬と他の日光の紅葉の名所に比べると、若干時期が早いのでご注意くださいね。

 

華厳の滝

華厳の滝via: Photo by (c)Tomo.Yun

華厳の滝も非常に有名な日光の名所。
紅葉の時期になると、普段よりもさらにその魅力に気が付かれることでしょう。

落差97mを流れ落ちる水の様子は圧観で、さすが日本三名瀑の一つとにもなっているだけある、と納得させられる景観です。
地上からエレベーターで下がり、観爆台へと進みますが、地上との温度が10度ぐらい違うことがあるので上着は必須です。

迫力の滝が落ちる音と、季節の美を同時に堪能し、大きな感動を体験できるスポットとして特におすすめしたいですね。

こちらの見頃は、例年ですと10月上旬〜下旬になります。

 

日光東照宮

 

歴史的世界遺産の日光東照宮も、紅葉のスポットとしてもおすすめです。

紅葉の時期の東照宮は、色づく景観が社寺を飾り、周辺あたりも見事な紅葉が見られます。
言わずと知れた歴史的な遺産「日光東照宮」は徳川家康が祀られた神社で、豪華絢爛な建築美が見所ですが、紅葉の時期には、この歴史を感じられる社寺と紅葉が一体となって織りなす景観のさまがとても綺麗です。

こちらは、11月上旬から下旬にかけて見頃となります。

 

 

要注意!日光の紅葉時期に気をつけたい混雑・渋滞状況や回避方法

Sponsored Link

 

日光は都心からもアクセスが大変よく、日帰りで紅葉狩りを楽しめますし、ドライブで紅葉スポットを巡るにもとても都合が良いスポットですよね。
しかし非常に著名で人気なエリアなだけに、混雑状況が大変気になるところですし、実際、日光の紅葉の時期は、見頃のスポットを含め混雑することが多いです。

なかでも、坂を上るごとに徐々に広がる紅葉の風景が見どころになっている「いろは坂」は、例年大渋滞が予想される要注意箇所です。
コース全体に広がる赤や黄色のコントラストはこの時期だけの見どころですから、各地から観光で訪れる人々が集まり、このエリアの混雑も大変有名になっています。

ちなみに、いろは坂の場所はこちら。

第一いろは坂

 

第二いろは坂

 

第一いろは坂は「下り専用」、第二いろは坂は「上り専用」となっており、どちらも一方通行です。

ですので、一旦いろは坂に入ると、引き返せないということになり、ここで渋滞にはまると、いろは坂を抜けるまではずっと車の中・・ということになりかねません。

この混雑を回避し、ストレスなく紅葉狩りを楽しむためには、次のようにプランを立てていくといいでしょう。

 

平日に出かける

週末は特にお出かけの方が多いため、できれば平日にプランを立てるとよいでしょう。

この時期は、平日でも交通渋滞に巻き込まれる可能性はないとは言えませんが、週末や祝日よりも大混雑を避けることができるでしょう。

平日であれば、ゆっくりと景色を堪能でき、効率よく名所を見まわることもできそうですね。

 

朝早く出発する

早朝に到着するよう、計画を立てるのも一つの方法です。

いろは坂が混雑し始めるのはかなり早くて、7:00頃にはもう混み始めます。
それから、お昼ごろにまでにかけて徐々にツアーバスなども増え始め、所要時間2、3時間という大渋滞になることもしばしばです。

これを回避するには、7:00前には第二いろは坂に突入し、午後一には第一いろは坂を通って帰路につく、というように、他の人と違う時間帯で行動することもおすすめの方法です。

 

電車やバスを利用する

渋滞に巻き込まれても、自分で運転するのでなければ少しはストレスが減ることもあるかもしれません。

車でドライブをしながら、折々の紅葉の景色を堪能するのもとても気持ちがいいのですが、渋滞に巻き込まれたときのドライバーののストレスを避けるためには、電車やバスを使って日光の紅葉を楽しんでみるのもいいでしょう。

また、こちらも混雑を避けるにはできるだけ朝早く出発するのがいいですね。

 

「いろは坂」を避けて別ルートで

シーズン中最も混雑が予想されるのは「いろは坂」ですので、週末や祝日にお出かけになる場合は、あえてこの場所を避けるというのも一つの選択肢ですね。

確かに「いろは坂」は素晴らしい景観を拝むことができますが、日光には他にも紅葉の名所がたくさんあります。

例えば、山王林道や奥日光の紅葉なども、いろは坂に匹敵するほどの紅葉を楽しむことができますよ。
交通渋滞をさけて自然を満喫しながら季節の美しさを堪能するにはおすすめのコースです。

渋滞を避けるおすすめのコース3151_3via: kouyou.4-seasons.jp

 

宿泊のプランを立てる

時間に余裕がある時は、日帰りではなく思い切って宿泊のプランを立ててみてはいかがでしょうか。
日光は紅葉だけでなく、温泉のおすすめスポットもたくさんありますので、紅葉と温泉の両方を楽しむ旅も素敵ですね^^

前日の夜から日光に滞在しておくことで、上り方面のいろは坂の渋滞を回避できますし、一番乗りで人の少ない静かな景色を独占状態で堪能することも可能です。

ただ、紅葉の見頃の時期は各温泉地も普段より混雑が予想されることは否めません・・・
宿泊する場合には早めに宿の手配もしておきましょう^^!

 

Sponsored Link
当サイトの管理人。 自然やナチュラルな生き方を日々追求している。 地球の環境問題や食料問題を真剣に考えるようになり、菜食主義を実践。 現在も元気にベジタリアニズム道を突っ走っている。



  • 0
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

いいね


コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア