お月見2016年の十五夜はいつ?満月になる?中秋の名月の意味や由来

  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
  • ツイート

Sponsored Link

 

そろそろお月見の季節がやってきましたね。
日本の秋の代表的な風物詩、それは十五夜のお月見です。

今年2016年の十五夜はいつで、その日は満月になるのでしょうか?

また、「中秋の名月」の意味や由来についてもご紹介します。

関連記事:超スーパームーン2016の見える方角とスマホできれいな写真の撮り方

中秋の名月とは?意味や由来

十五夜 中秋の名月

旧暦8月15日の月のこと。いわゆる「十五夜」のことです。

ちなみに「仲秋の名月」という表現もありますが、これは「旧暦8月の月」を意味するので、十五夜の月(旧暦8月15日)に限定されなくなり、指す範囲が広くなります。

 

中秋の名月は他の季節の月よりもとても綺麗なイメージがあります。

以前筆者も、海の上に浮かぶ秋の満月を見てとても感動した経験がありますが、秋の月が綺麗な理由単に心理的なものだけではなく、空気の水分量や月の高さが秋にはベストな状態になるからという、科学的にも根拠があるようです。

ですので、中秋の名月の頃に月を眺める習慣は古くから存在しており、中国では唐代の頃からはあったようです。
日本でも縄文時代の頃から習慣としてはありましたが、行事として取り入れられたのは平安時代に遣唐使によって日本に伝えられたと言われています。

その頃はまだ、一般的な風習ではなく貴族が風流を楽しむという意味が強かったそうですが、江戸時代になって、一般庶民の間でも、中秋の名月を鑑賞しながら収穫した芋を食べるという風習が生まれました。

そして、それが除々に「収穫の季節に豊作を感謝する」という意味あいがうまれ、その時期に穫れた野菜などもお供えするようにもなったんですね。

ちなみに、お供え物と一緒に「すすき」を供えるのは、すすきを稲穂に見立てており、神様への収穫感謝を表明しています。

このように、お月見の由来には「最も美しく見える季節に月を鑑賞する」という意味あいの他にも、「神様への豊作祈願や収穫の感謝を表す」という意味合いもあるのです。

 

2016年お月見の『十五夜』はいつ?

旧暦で8月15日が中秋の名月。
お月見の日は「旧暦」で行う行事なので、現行の太陽暦にすると毎年違う日になり一定していません。

近年の旧暦8月15日の日を見てみると、現行の太陽暦では以下の日になっています。

旧暦8月15日にあたる日
2011年 9月12日
2012年 9月30日
2013年 9月19日
2014年 9月8日
2015年 9月27日
2016年 9月15日
2017年 10月4日
2018年 9月24日
2019年 9月13日
2020年 10月1日

このように、中秋の名月の日である「旧暦8月15日」にはかなりばらつきがあり、その振れ幅は1ヶ月ぐらいの差がありますね。

今年2016年の中秋の名月(十五夜)は 9月15日(木)になります。

 

2016年中秋の名月は満月が見られる?

Sponsored Link

 

さて、「十五夜」というと満月のイメージが強いですが、実は、中秋の名月は必ずしも満月とは限りません。
単に、旧暦8月15日の月ことを「十五夜」「中秋の名月」と呼び、日取りの問題であるため、それが満月かどうかというのは関係がないんですね。

ただ、昔は天文学が未発達だったので、「秋分の日に最も近い満月」という意味で、旧暦8月15日を「満月」とみなしていたようです。
実際、陰暦15日は、月の満ち欠け周期の半分(29.5÷2≒14.8)にだいたい相当するので、満月になることが多いです。

それでは、近年の中秋の名月の日と、満月の日を見てみましょう。

中秋の名月の日 満月の日 満月の時間
2011年 9月12日 9月12日 18:27
2012年 9月30日 9月30日 12:19
2013年 9月19日 9月19日 20:13
2014年 9月8日 9月9日 10:38
2015年 9月27日 9月28日 11:51
2016年 9月15日 9月17日 04:05
2017年 10月4日 10月6日 03:40
2018年 9月24日 9月25日 11:52
2019年 9月13日 9月14日 13:33
2020年 10月1日 10月2日 06:05

2013年までは中秋の名月の日と満月の日が一致していましたが、それ以降は1日か2日のずれがあります。

今年2016年は、中秋の名月が9月15日、満月の日が17日なので、2日のずれがあるようですね。
なので、残念ながら満月ではありません・・。

 

今年の中秋の名月の日の夜に観測すると、空にはこんな形の月が観測できるでしょう。

十五夜,中秋の名月

いわゆる新月から数えて13日目の月で、8割の月が見えて2割が欠けている月ですね。

これを『十三夜』といいますが、今年は、十三夜の月が中秋の名月、つまり『十五夜』ということになりますね^^

 

 

Sponsored Link
当サイトの管理人。 自然やナチュラルな生き方を日々追求している。 地球の環境問題や食料問題を真剣に考えるようになり、菜食主義を実践。 現在も元気にベジタリアニズム道を突っ走っている。



  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
  • ツイート

もし記事が「面白かった!役に立った!」と感じたら「いいね!」していただけると嬉しいです!



コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア