だるさや頭痛の夏バテ症状の原因は?対策はチベット体操がおすすめ!

  • 0
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

Sponsored Link

 

だるさや頭痛を引き起こすつらい夏バテ症状・・・

一体夏バテはどのようにして引き起こされるのでしょうか?
正しく原因を知り、夏バテを解消するべく対策をしていきましょう。

今回は、夏バテに効果的な「チベット体操」についてもご紹介していきます。

 

夏バテ症状はなぜ起こる?原因は?

夏バテ

 

1. 暑さと冷房による自立神経の失調

夏の温度環境はとても過酷。

外は炎天下でジリジリ暑く35度を超えることも珍しくないですよね。
ところが、家やオフィス、ショッピングデパート、喫茶店、あらゆる室内環境にはしっかり冷房が効いていて、室内温度はおよそ20度~26度ぐらいになっていたりするケースも。

この温度差を行き来することで、体の中では非常に困ったことが起こっています。

体は5℃以上の気温差を急激に繰り返すと、体温調整を行う自律神経がいわば混乱している状態になり、負担をかけられ続けた結果、失調をきたしてしまう、という状態になってしまいます。

自律神経が失調をきたすと、だるさや頭痛、吐き気、不眠症やめまいの他、やる気がでないなどの心の症状にまで影響してくるので、注意が必要です。

 

2. 体内の水分が不足

夏に気温が上昇すると、体温も上がるため、体は体温を適温に保とうとするので、汗を出し熱を放出しようとします。

これを補うのに十分な水分を補給していないと、体の中が水分不足の状態になり、ひどくなるといわゆる「脱水症状」の状態を引き起こします。

脱水症状は、体内の血液の量が減ってしまっているので、血圧が下がり、内臓への血流の量が少なくなります。
これにより、内臓の機能が低下し、食欲不振などの状態を引き起こしてしまうのです。

 

3. 胃腸の働きの低下・栄養不足

夏の食欲不振の原因は、胃腸の働きが弱まってしまったことによるもの。
暑さで体内の温度が上がったり、自律神経の失調が引き起こされると、胃への交感神経が作用して、胃腸への血行が著しく減ることになってしまいます。

そこに、暑いからと冷たいドリンクやアルコールをガブガブ飲んでしまうと・・・
ただでさえ、血行不良で働きが弱くなっているのに、もっと働け!と鞭打つようなものですね・・

そして、弱り切った胃は栄養の吸収も悪くなってしまい、夏バテをますます悪化させる原因になります。

 

夏バテ症状の対策法は?

夏バテ症状に悩まされた時は、上記にあげた3つの原因を取り除く適切な対策が必要です。
これらの原因が相互に作用し、さらに夏バテの症状を悪化させてしまうので、このサイクルを断ち切るということですね^^

 

エアコンを弱冷房にする

自宅でのエアコンは極力弱冷房にしておくといいですね。
温度設定は28~30℃ぐらいがベターです。

これでもやっぱり「暑い」と感じた時は、濡らしたタオルで首の後ろを少し当てておくと、脳に流れる血液が冷やされ「涼しさ」を感じることができます。

 

外出時は羽織りものを持参する

外出時は、暑くてもカーディガンなどの長袖の羽織りものを持参するのがおすすめです。
薄手のものをちょっと持っていくと、エアコンがかかりすぎた場所でもさっと羽織ることができますね。

 

冷たい飲み物を避ける

暑い日にはキーンと冷えたドリンクやアルコールは美味しいですが、調子の悪い時は特にこれらの飲み物は絶対に控えるようにしてくださいね・・
できれば常温か、「少しだけ」冷えたもの、ぐらいにとどめておくほうがベターです。

 

消化が良く温かい食べ物

夏の不調の時はできるだけ消化が良く温かい食べ物を食べるようにするといいですね。

そうめんや冷やしうどんは、食欲不振のときにまあまあ食べられるメニューですが、ここは敢えて雑炊などを食べるようにすると調子がよくなってきます。

スタミナをつけるのにお肉ガッツリ!の方がいいのでは?というイメージがありますが、それはもう少し調子が良くなってからの方が胃に負担がかかりません。

 

適切に水分補給

夏はこまめに水分補給を忘れないようにしておくといいですね。
例え運動や作業をしていない日でも、夏は汗はけっこうかいていますので、いつもより多めに取っておくのがおすすめです。

もちろん冷え過ぎた飲み物は避けるようにしてくださいね^^

 

夏バテ対策☆自律神経を整えるにはチベット体操がおすすめ!

Sponsored Link

 

夏バテの症状を予防&解消するには、特に自律神経を正常に保つということは、必須というべきほど大切です。

そこで、自律神経の働きを正常に保つのにおすすめしたいのがチベット体操!

チベット体操とは、チベットのラマ僧が瞑想に入る前に行う儀式で、心身を浄化しエネルギーを高めていくための秘技。
心と体を最高の状態に保ち、体にエネルギーを巡らせる「チャクラ」を活発にする体操なので、アンチエンジングの効果もあるとして知られています。

チベット体操をすると、内臓の働きが活発になり、インナーマッスルが鍛えられるので、血流が増加し夏バテしにくい体になります。

ヨガと似ていますが、ヨガとは異なり即効性がありますので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

チベット体操のやり方はこちらの動画をご覧ください。

 

■■  チベット体操のやり方
第1の儀式: まっすぐに立ち手を水平に広げて右に回る
第2の儀式: 仰向けに横たわり、足と首を垂直に上げる
第3の儀式: 状態をまっすぐにして立ち膝でなり、手をお尻にあてて上体を後ろに反らせる
第4の儀式: 足を前に投げ出して両手を床に付けたまま、お腹を上にして机の形を作る
第5の儀式: うつ伏せの姿勢からお尻を持ち上げて、逆v字を作る。

 

筆者も実践していますが、とても簡単な動きなのですが、実際やってみると思ったよりもキツイです。
最初のうちはポージングするのがとてもキツく感じられますが、やり終えてみると体がスーッと軽くなるのが分かります。

慣れてきたら、少しずつセット数を増やしてみるといいですね。
だんだん、夏バテ症状が解消されていくのが分かると思いますよ^^

 

Sponsored Link
当サイトの管理人。 自然やナチュラルな生き方を日々追求している。 地球の環境問題や食料問題を真剣に考えるようになり、菜食主義を実践。 現在も元気にベジタリアニズム道を突っ走っている。



  • 0
    ツイート
  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket

もし記事が「面白かった!役に立った!」と感じたら「いいね!」していただけると嬉しいです!



コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア