キャンプや夏フェスの虫除けや暑さ対策!ハッカ油スプレーの作り方

  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
  • ツイート

Sponsored Link

 

夏フェスやキャンプなどの夏アウトドアシーンでは、虫対策と暑さ対策には頭を悩ますところですよね。

今回ご紹介するハッカ油スプレーはそんな悩みを解消してくれる秀逸アイテム!
ぜひお出かけの際は持参されるといいですね^^

そんなハッカ油スプレーの作り方もご紹介します。

 

夏フェスやキャンプでハッカ油スプレーが活躍!虫除けや暑さ対策にも

ハッカ油

夏フェスやキャンプに行くときに、ぜひ持参をおすすめしたい便利なアイテム、それはハッカ油スプレー。

ハッカ油とは、ハッカソウを乾燥させて水蒸気蒸留によって抽出した精油です。
ハッカはミントの和名なので、ミントと同じ種類のハーブと考えればイメージがしやすいですね。

このハッカの精油が、夏のさまざまなシーンでの不快症状を緩和してくれるんです!

夏のアウトドアシーンで困りものなのはやっぱり「虫」と「暑さ」ですよね。
ハッカ油スプレーを持っていくとこの二つの不快症状の他にも、制汗スプレー代わりに使用したり、夏バテを防いだりしてくれるので、大活躍間違いなし!

それぞれ、どんな効果があるのか見ていきましょう。

 

虫除け

ハッカ(ミント)には、いわゆるスーッとする「メントール」が含まれているのはよく知られているところですが、このメントールには強力な虫の忌避作用があり、アウトドアで悩まされがちな蚊、コバエ、アリ、などの他市販の虫除けスプレーでは効かないブヨも遠ざける効果があります。

ちなみにインドアでも、ゴキブリやダニにも効きます。

 

暑さを緩和

ハッカ油スプレーを肌に吹き付けると、メントールの効果で涼しさを感じられます。
メントールは、皮膚の表面にある冷たさを感じる細胞を活性化させて、「涼しい」という感覚を引き起こします。
多量に使うと、真夏の猛暑なのに寒さを感じるほどです。
少しの量でもかなり涼しくなるので、使いすぎには注意!

 

のぼせたときに

日差しに当たりすぎたときに、頭がクラクラとしてくる炎天下の「のぼせ」にもハッカ油スプレーは効果的です!

のぼせてしまった時は、木陰で体を休めながら使うのがいいですね^^

 

制汗スプレー代わりに

夏の悩みで多いのが、やはり汗のかき過ぎによる不快感!
次から次へと汗が流れ出て止まらない状態が続いて、ほんとうにじっとりと気持ちが悪いですよね・・・。
そんなときは、ぜひハッカ油スプレーを使ってみてはいかがでしょうか。

メントールによる涼感で、スーッと汗が引いていくのがわかりますよ^^

 

汗のニオイの消臭に

メントールには消臭効果があるので、汗臭さや蒸れてニオイが強くなった帽子やタオルなどの小物にひとふきすると嫌なニオイを消臭してくれます!

 

ドライブの気分転換に

目的地へ行く道すがら、運転に眠さや疲れを感じたときは、応急処置としてこのハッカ油スプレーをお試しください^^
ハッカは眠気を取り除き、集中力を増す効果があるので、一時的にスッキリした気分を取り戻すことができます。
ただ、運転中疲れを感じたときは、休憩を取るのが鉄則!
近くにSAがある時は、立ち寄るようにしてくださいね。
ハッカ油スプレーは、すぐに立ち寄る場所がない場合や少しの気分転換などに有効です!

 

ハッカ油スプレーの作り方

ハッカ油スプレーの作り方はとてもカンタン!
材料を揃えたら、あっという間につくれますのでぜひ作ってみてくださいね^^

またハッカ油のコスパの良さも秀逸!
たくさん作って用途が多いのも魅力です。

ハッカ油は、薬局などで500~700円ぐらいで入手できます。

■■ ハッカ油スプレーの作り方

<材料>

  • ハッカ油 20~40滴
  • 無水エタノール 10ml
  • 精製水 90ml
  • スプレー容器 ※

■■ 作り方

  1. 無水エタノールにハッカ油を混ぜ合わせる
  2. 精製水を加える
  3. スプレー容器に移し、よく振って出来上がり

※容器の選び方

ハッカ油はポリスチレンを溶かす性質があるので、ポリスチレン(PS)容器の使用は避けてください。
ガラス製の容器がベターですが、ポリプロピレン(PP)製やポリエチレン(PE)製の容器でも使用可能です。

 

ハッカ油スプレーを使う時の注意点

Sponsored Link

 

夏フェスやキャンプなどの夏のアウトドアシーンで大活躍のハッカ油スプレー。
とても便利なのですが、使用の際にはいくつか注意点があります。

 

1. 涼しいが体温が下がる訳ではない

ハッカ油スプレーを使うと涼を感じることができるので、うっかり暑さを忘れてしまいそうなのですが、メントールの効果で脳に「涼しい」と勘違いをさせているだけなので、実際に体温が下がっている訳ではありません。

ですので、暑さを忘れて長時間水分補給を行わないでいると、熱中症になってしまう恐れがあるので、ハッカ油スプレーを使った時も水分補給と日陰での休憩はこまめにするようにしてくださいね^^

 

2. ニオイが想像以上に強い

ハッカ油スプレーを付けるといかにもメントールという強い香りがしますが、そのうち自分は慣れてきてニオイに気が付かなくなります。

ところがしっかりとニオイは持続していて、1m以上離れた人からでもメントール臭が分かるほど強いニオイが残っていたりします。

 

3. スプレーしたハッカ液が目に入ると・・

スプレーしたハッカ液がうっかり目に入ってしまうと、目が開けられなくなるほどヒリヒリして涙の嵐になります。

目の周りの薄い皮膚の部分にも付着すると、かなり痛い思いをしてしまうので、目の周辺にはかからないように注意です。

 

4. 猫や小動物がいる場合は注意!

ハッカ油は猫にとって健康に悪影響を及ぼすので注意が必要です。
肉食動物である猫にとって、ハッカの他アロマの精油に危険な成分が含まれており、精油の毒性による健康被害がある例もありますので、猫がいるところではハッカ油スプレーを作るのを控えた方がいいでしょう。

 

5. 一応つけすぎにも注意!

ハッカ油スプレーは希釈しているので、濃度に関しては安全ですが、一応つけすぎにも注意してください。
一度に多量のハッカ油が皮膚に付くと、涼しさを通り越して寒くなってしまいます。
時には、付けた部分がヒリヒリしてしまうこともありますので適量を使用するようにしたほうがいいでしょう。

 

Sponsored Link
当サイトの管理人。 自然やナチュラルな生き方を日々追求している。 地球の環境問題や食料問題を真剣に考えるようになり、菜食主義を実践。 現在も元気にベジタリアニズム道を突っ走っている。



  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
  • ツイート

もし記事が「面白かった!役に立った!」と感じたら「いいね!」していただけると嬉しいです!



コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア