2015年のGW旅行は北陸・富山の自然絶景スポットがおすすめ

  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
  • ツイート

Sponsored Link

 

富山県、といえば「水が綺麗」「米やお酒が美味しい」という自然の恵みが豊かな県というイメージがありますが、実は全国的にも世界にも有数の絶景スポットを誇る県なんです。

北陸新幹線が開通し、アクセスも格段に良くなった今年2015年のGWこそ、北陸・富山への景勝地に行かれることをおすすめします。

特に絶対におすすめしたい富山の絶景スポット5ヶ所をご紹介します。

 

富山のおすすめ絶景スポット5選

1. 雨晴海岸

雨晴海岸

富山が世界に誇る美しい湾越しに立山連峰を臨む景観をご覧になれば、息を呑むほどの感動を体感することができるでしょう。

2014年に富山湾は「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟を果たしました。
「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟した日本の湾では松島湾に次いで2湾目になりますが、富山湾が評価された理由の一つにこの「雨晴海岸」が挙げられるでしょう。

世界的にも海をはさんで3000m級の山々を臨むことのできる景観は類がなく、ここ雨晴海岸以外にはないと言われています。

雨晴海岸出展:photohito.com 撮影. シロエビ さん

朝から夕方までの一刻一刻の表情も変化し、特に山の頂から登る日の出時間あたりの景色は、神々しいばかりにあたりを赤く染め、岩礁のシルエットを浮き立たせている様は素晴らしいの他に言いようがありません。

初夏は立山連峰も比較的綺麗に見える季節ですので、一見の価値大いにありです。

■■Location Info
Address:富山県高岡市太田
Access:JR氷見線雨晴駅から徒歩5分  能越自動車道高岡北ICから車で15分
TEL:0766-44-6200 (雨晴観光協会)
雨晴観光協会のHP

2. 称名滝

称名滝

日本一の落差350mを誇る、国指定名勝・天然記念物で「日本の滝百選」にも選定されている「称名滝」。

雪国富山だからこそ豊かな水量を誇っており、雪解けの春には、称名滝の横にハンノキ滝やソーメン滝が出現することがあり、3本の水脈を見ることができる時もあります。

落差350mというケタ違いの大きさは圧巻で、轟音を轟かせて落ちる水の迫力と、もうもうと立ち込める水しぶきとマイナスイオンの濃さにはさすが日本一を誇るだけあって見応えがあるでしょう。

ちなみに、称名滝が一番良く見えるスポットは「八郎坂登山道」で、称名滝を様々な角度から堪能できるようです。
八郎坂 登山コースの詳細

■■Location Info
Address:富山県中新川郡立山町芦峅寺
Access:
○富山地方鉄道立山駅から立山黒部貫光バス称名滝行きで約20分後徒歩約30分
○北陸自動車道立山ICから車で約60分後徒歩約30分
TEL:076-462-9971 (立山町商工観光課)

3. 雪の大谷ウォーク

雪の大谷

春なのに雪?
そうです。立山黒部アルペンルートの春の絶景スポットといえばこの「雪の大谷ウォーク」。

立山室堂平は積雪が20mを超える世界有数の豪雪地帯。
室堂ターミナル周辺の道路を上から削ってできた「雪の壁」はまさに雪の彫刻そのもので、約500mのあたり一面真っ白な雪の壁の間を歩く体験は、とても幻想的で大きな感動を得ることができるでしょう。
この「雪の大谷ウォーク」は世界的にも有名で、訪れた観光客はその圧巻な光景に感嘆の声をあげるほど。

近年は積雪量が少ない傾向にあり高さ15mほどの年もあったのですが、今年は雪量に恵まれ約19mは期待できるようです。

春とはいえ気温は平均1度と真冬なみで、防寒対策は必須です。
雪道を歩くので滑らない靴と、雪の照り返し対策に日焼け止めと帽子も持っていくことをおすすめします。

■■Location Info
Address:富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂
Access:
○北陸自動車道立山ICから車で40分(立山駅まで / 室堂へは車の乗り入れ不可) 駐車場は無料。
○富山地方鉄道立山駅~美女平 立山ケーブルカーで7分 / 美女平~室堂 立山高原バスで50分
TEL:076-431-3331 (立山黒部貫光(株)営業推進部 宣伝センター)
OPEN:
2015/04/16~2015/06/22
平日 10:00~15:15(入場は15:00まで)
土・日・祝日 9:30~15:15(入場は15:00まで)

4. 大岩:千巌渓 at上市町

千巌渓

隠れスポットと言われる上市町の大岩山日石寺から少し歩いたところにある景勝の渓谷「千巌渓」 。

初夏から夏にかけては、緑豊かで涼しく平地にはない空気感を感じることができるでしょう。
人が少なく穴場スポットで、自然の空気をほしいままに堪能できます。
水量も豊富で岩窟もあり、自然の景観と音と空気感の濃度が濃く、心やすらぐことうけあいです。

大岩山日石寺の六本滝を横に約130m下ったところにあります。

■■Location Info
Address:富山県中新川郡上市町大岩163(大岩山日石寺)
Access:富山地方鉄道本線上市駅から町営バス 約30分 時刻表はこちら

5. チューリップ畑 at 砺波

チューリップ畑

GW必須の自然絶景スポットといえば、砺波の「チューリップ畑」。
砺波はチューリップ球根の日本有数の生産地であり、4月下旬からは畑にはあたり一面じゅうたんのようにチューリップが咲き誇った景観が見られます。

また、GWには毎年「となみチューリップフェア」が砺波チューリップ公園で行われ、国内最多の650品種250万本のチューリップを堪能でき、チューリップで描かれた「地上絵」も圧巻。
今年は、北陸新幹線開通を記念して、「新幹線」のチューリップ地上絵が見られるようです。

■■Location Info(となみチューリップフェア at 砺波チューリップ公園)
Address:富山県砺波市花園町1-32
Access:
○北陸自動車道砺波ICから車で約5分 駐車場:500円
○JR城端線砺波駅から徒歩約15分(無料シャトルバス・タクシーで5分)
TEL:0763-33-7716 (チューリップ四季彩館)
OPEN:
2015/4/23~2015/5/6
8:00~17:30(入場は17:00まで)
Fee: 大人1000円 小人300円
※ フェアの前後日(4/13~4/22、5/7~5/10)は閉園

 

2015年GW旅行は北陸・富山に注目

Sponsored Link

 

富山県がこれほどのスペックが高い勝景地を持ちながら、知名度が高くなく「イメージが沸かない」という声も聞かれることも。
この素晴らしさを知らずにいるというのは実にもったいないことです。

近年では地方への注目度が上がってきており、特に今年は北陸地方への関心がさらに集まっているようです。
その中でも穴場はやはり富山の景勝地でしょう。

GWは混雑することもあり自然の感動を思う存分堪能できなかったという経験を持つ方もおられると思いますが、今まで知名度が高くなかったからこそ混雑を避け、自然の素晴らしさをゆっくりと味わうことができる可能性は大いに期待できますね。

ただし、「雪の大谷」や「となみチューリップフェア」などのイベントものはやはり普通に混雑しますので、注意してください。

 

Sponsored Link
当サイトの管理人。 自然やナチュラルな生き方を日々追求している。 地球の環境問題や食料問題を真剣に考えるようになり、菜食主義を実践。 現在も元気にベジタリアニズム道を突っ走っている。



  • 0
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 0
    Pocket
  • ツイート

もし記事が「面白かった!役に立った!」と感じたら「いいね!」していただけると嬉しいです!



コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア