美肌と健康を作るパクチーの栄養価が凄い!効能と美容効果を徹底紹介

  • 38
    ツイート
  • 507
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 11
    Pocket

Sponsored Link

 

ここ最近パクチーの注目度が高まっていますね。

パクチーは別名コリアンダーともいいますが、独特のクセのある香りがカメムシに似ているとも言われ、セロリとともに嫌われがちな芳香のあるハーブです。

ところが、最近パクチーには有害物質を身体の外に出してくれるデトックス効果が認められて実は凄いハーブだったと分かったのです。

調べてみるとこれは本当に凄い。。
今まで知らなかったのがもったいない、と思ってしまいました。

というわけで、何やら凄いハーブ、パクチーの栄養や効能についてご紹介していきます。

関連記事:パクチーはカメムシの味で嫌い?美味しい食べ方デトックスレシピまとめ
関連記事:ベランダ菜園でパクチー三昧!育て方や虫対策・種の撒き方や収穫方法
関連記事:パクチーを夏でも冬でもペットボトルで水耕栽培!室内で簡単な育て方

 

パクチーの栄養価が凄い!

パクチー コリアンダー

 

コリアンダーはアジアン料理には欠かせないハーブ。

独得のクセのある匂いがカメムシの臭気に似ていると言われ、苦手とする人も多いですね。
一方で好きな人にはたまらないようで、ここまでパッキリとスキ派、キライ派に分かれる食べ物も珍しいのではないでしょうか。

しかし、これは魅力が大きいということの裏返し!
存在すら否定してしまいたくなるぐらいキライになるということは、それだけ強烈な魅力があるということなんです^^

味と匂いはともかく、注目するべきはパクチーの持つ驚くべき栄養価。

まず特筆すべきはその豊富なビタミン類です。

疲労物質である乳酸を分解し疲労を回復するビタミンB1。
皮膚や粘膜の健康維持を助けるビタミンB2。
コラーゲンの生成を助けたり、病気に対する抵抗力を強めるビタミンC。
抗酸化のビタミンと言われ、身体の酸化を防いでくれるビタミンE。

さらに、体内でビタミンAに変化し、強い抗酸化力があるβカロチンも豊富に含まれています。
その含有量は、緑黄色野菜の代表ともいえるほうれん草やかぼちゃとほぼ同じです。

ミネラル類は、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、カリウムなど。

そして、パクチーの香り成分である、リナロール、グラニオールという成分は胃腸などの消化器系に働きかけてくれるという有り難いもの。

これだけの栄養価を誇るパクチーですから、食べないのはもったいないですね^^

 

パクチーが美肌を作る!?優れた美容効果の秘密は?

パクチー コリアンダー

 

デトックス効果

「デトックス」というのは体内に溜まった毒物を排出すること。
最近ではこのデトックスの重要性がやたらと叫ばれていますが、現代人というのは想像以上に日常生活の中で毒素にさらされているんです。
食品添加物、シャンプーなどの化粧品、残留農薬、排気ガスなど、挙げればキリがないほど。。
これらが、日々体の中に溜まっていると思うとゾッとしますよね。。

体内にこれらの有害物質を溜め込んでおくと、血行やリンパの流れが滞りを起こし新陳代謝が悪くなったり、毒素の影響で疲労感やだるさを感じたり、困ったことばかり。
美容方面では、肌荒れをを引き起こしたり艶がなくなりくすみが出てくるなど、美容にも大敵なのです。

本来ならば、汗や便などの人間の持つ生理的なの排出機能で余分な毒素は排出されるはずなのですが、現代生活において取り込まれる毒素が多すぎるため、排出しきれずに体内に蓄積されていきます。
そして、体内でできた老廃物も一緒に排出されず溜まっていくため、心身の不調となって現れてくるのです。

これを解消するにはやはり意識的にデトックスする効果のあるものを取り入れていく必要があります。
そこで、是非おすすめしたいのが、パクチーを摂り入れること!

近年注目されているパクチーのキレート作用は驚くべきもので、重金属など体内の有害物資を身体の外に排出してくれる機能が認められています。
有害物質の重金属とは、水銀、ヒ素、鉛、カドニウムなどですが、なんと放射性物質まで排出してくれるそう。
これらは一度体内に取り込むと、なかなか排出される溜め込みやすい物質ですから、パクチーのデトックス力は非常に有り難いものですね!

 

アンチエイジング効果

いつまでも若々しさを保ちたいですが、それを邪魔するイヤな物質「活性酸素」。
呼吸をするためには酸素が必要ですが、取り入れた酸素が体内でちょっとしたことでこの活性酸素に変化します。
時には、白血球と協力して体内に侵入してきた細菌などをやっつけてくれる活性酸素ですが、増えすぎると勢い余って大切な細胞も破壊してしまったり、酸化して錆びさせてしまったりするため、老化を引き起こす元凶となってしまうんです。

もちろん私たちの身体は活性酸素を除去するような機能も備わっていますが、過労やストレスなどによってあまりにも多くの活性酸素が発生すると、対処しきれなくなってしまうんですね。

そこで、日頃から体内で抗酸化物質を作ってくれる食物を摂っていれば、このやりたい放題の活性酸素の活動を抑えることができます。

パクチーに含まれるβカロチンには強力な抗酸化力があり、そのパワーは大豆の10倍。
しっかりと活性酸素を除去し、シミやシワなどの肌の老化を阻止してくれる秀逸なアンチエイジング食材なのです。
それだけではなく、健康面では、ガンや動脈硬化、糖尿病などの厄介な病気からの防御力も。
いつまでも若々しく健康でいるために避けては通れない抗酸化対策として、パクチーを摂り入れることは非常に効果的なのです。

 

まだまだある!パクチーの効能

Sponsored Link

 

注目されだしたのは最近ですが、実はパクチーは平安時代に日本に渡来していました。
が、あまりの独特のクセに嫌われてしまい、定着しなかったようです。
江戸時代には再びポルトガルから伝えられましたが、これ以降は薬として使用されるようになったそうです。

パクチーは古代エジプトや古代ローマでは医療に使用されていたり、中世ヨーロッパでも薬草として使用されており、薬としての歴史は意外と長い。

重金属のデトックス効果は最近になって発見されたようですが、デトックス効果や抗酸化作用の他にも、「薬草」と呼ばれるにふさわしい働きがまだまだあるんです^^

 

胃を丈夫にし消化を促進する

パクチーの独特の香りが苦手、とする声も聞かれますが、あの個性的な香りは「ゲラニオール」という成分によるもの。
このゲラニオールのおかげで、パクチーには胃腸の調子を整え、消化を促進してくれる働きがあります。
食後の胃もたれを解消したり、ストレス性の胃痛などにも効果があるようです。
また、腸内のガスを排出し、お通じを促してくれるので、便秘気味の方には嬉しい効果満載です。

 

血管を保護し血圧を調整

なんと、パクチーには血管壁のコレステロールを取り除いてくれる働きがあり、心疾患や脳血管疾患などの恐ろしい病気の予防効果があるんです!
そして、悪玉コレステロールを少なくし、柔らかくてしなやかな血管を作ってくれます。
また、カリウムも多く含むので血圧を調整してくれるので、高血圧の方にも嬉しい食材。
サラサラな血流としなやかで強い血管作りは健康維持のためにもとても大切ですよ^^

 

免疫力を増強し細菌やウイルスへの抵抗力をつける

パクチーは免疫力アップの実力もとても秀逸。
ビタミンCやβカロチンを豊富に含むので、細菌やウイルスへの抵抗力がつき風邪や疾患にかかりにくくなります。

 

加齢臭や口臭などの臭い消し

皮脂や老廃物が酸化すると、あのキツイ加齢臭を放ちます。
パクチーの強い抗酸化力により、皮脂や老廃物が酸化するのを防ぎ、加齢臭や体臭を抑えてくれる働きも。
また、パクチーを食べることでお口の中の殺菌効果もあり、口臭対策にも効果があります。

 

目を保護し眼精疲労にも

不快な症状がいつまでも続き地味に辛い眼精疲労。
そんな時にはパクチーを摂り入れることで、症状が和らぎます。
パクチーはビタミンCやビタミンAが豊富に含まれているので、ドライアイや夜盲症の予防にも効果があります。
また、鎮静作用があるので偏頭痛の症状も緩和してくれます。

 

まとめ

こんなに凄い栄養効果を持つパクチーですが、スーパーで買うとやや高いのが難点・・・。
特にパクチー好きさんには、1パックぐらいのパクチーなんて1食で食べてしまえるぐらい少なく感じるのではないでしょうか?

そこでオススメなのは、自宅の庭やベランダで栽培すること。
パクチーは栽培しやすく生育も良いので、食べても食べても追いつかない、という夢のようなパクチーライフを送ることができますよ♪

関連記事: ベランダ菜園でパクチー三昧!育て方や虫対策・種の撒き方や収穫方法

ぜひこちらの記事を参考にして、あなたも食生活にたくさんパクチーを取り入れてみてくださいね^^

 

Sponsored Link
当サイトの管理人。 自然やナチュラルな生き方を日々追求している。 地球の環境問題や食料問題を真剣に考えるようになり、菜食主義を実践。 現在も元気にベジタリアニズム道を突っ走っている。



  • 38
    ツイート
  • 507
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 11
    Pocket

いいね


コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア