スギナのご飯に合う美味しい食べ方は?採取の際の選び方と注意点

  • 6
    ツイート
  • 169
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 1
    Pocket

Sponsored Link

 

生命力が強く農家の嫌われ者のスギナですが、最近は健康食材として注目されており、スギナを積極的に取り入れる人が増えてきています。

スギナの薬効は昔から良く知られており、日本では昔から民間療法で親しまれていました。
非常に高い栄養価を持ち、デトックス効果も高いとか。。
これはもう食べない訳にはいきませんね~

せっかくですから、スギナをご飯と合わせて美味しくいただきましょう。
今回はスギナの食べ方や、スギナを採取する際の選び方、食べる際の注意点についてお届けします。

 

ご飯とよく合うスギナの美味しい食べ方

スギナのおにぎり

スギナのおにぎり

若干固くてカサカサした感じが気になるスギナも、細かく刻んでおにぎりにまぶすことで、わりと美味しく食べられます。
食感はネギをまぶしてる感じに近いかも。
青臭さは全くなく、風味はお茶のような香りに似ていてけっこうイケる。

■■スギナのおにぎりの作り方
スギナを、塩を少々入れた熱湯でゆでて、冷水にさらします。
なるべく細かく刻んで水気を切り、塩を加えてよくもみます。
汁気をしっかり絞ったら、ボウルに入れご飯を混ぜあわせ、おにぎりに握ります。

 

スギナの佃煮

スギナのシャリシャリした感じが意外と美味しく食べられる食べ方。
炊きたてのご飯と良く合います。
お好みで、油揚げや干ししいたけと一緒に煮詰めても◎。

■■スギナの佃煮の作り方
スギナは下茹でをし、細かく刻んで水気を切り、鍋に入れ、しょうゆ、みりん、水飴少々を入れて煮詰める。

 

スギナの天ぷら

スギナの天ぷら

スギナを天ぷらにしていただくと、特に風味があるとか味があるとかそういう感じではありませんが、食感はサクサクとして美味しいです。
スギナそのものをガッツリと味わうのには良い食べ方かもしれませんが、粉末にした方が良い香りがして美味しいでしょう。
今回はスギナ粉と塩を混ぜた「スギナ塩」でいただいてみました。

■■スギナの天ぷらの作り方
ボウルに小麦粉と卵と水をさっくりとまぜ合わせ、衣のたねを作ります。
鍋に油を160度に熱し、2本づつ束にして片側だけに衣をつけたスギナを入れ、サクッと揚げて出来上がり。
揚げたてを塩でいただいてくださいね。

 

スギナふりかけ

スギナのふりかけ

これは美味しいぃ〜!
スギナの粉末の香りが抹茶の香りに似ていて、ふんわりと甘い風味がします。
乾燥したスギナを荒くこなごなにするよりも、きちんとミルサーで細かく粉末状にしたほうが風味が良いですし、スギナのカサカサした食感が残りません。

■■スギナのふりかけの作り方
スギナを乾燥させてミルサーで粉末状にしたスギナ粉末と同量の黒ゴマを混ぜ、炒り塩で味付けすれば出来上がり。

 

スギナはパンとも合う?

ご飯と合うならきっとパンにも合う!
ということで、パンにスギナを活用したレシピをご紹介します。

スギナパン

スギナパン

スギナ粉末を使えば、パン生地に練り込んでスギナ風味のパンだって作れます。
きれいな緑色で美味しそう~!
蒸しパンにも練り込んで、「スギナ蒸しパン」も出来そうですね。

 

スギナフレンチトースト

スギナのフレンチトースト

パンににスギナをまぶして焼いたフレンチトーストはいかが?
パセリのような感覚でフレンチトーストに彩りを飾ってくれます。
フレンチトーストにするとバターなどでスギナの風味が負けてしまい、あまりスギナを感じられないですね。
ただ、栄養価の高いフレンチトーストになることは間違いないでしょう。

 

スギナを食べる際の注意点と選び方

Sponsored Link

 

スギナの選び方

スギナを美味しく食べるには、まず食用に適した状態のスギナを選ぶことが大切です。
スギナが群生しているところをよくみると、背丈が小さかったり葉が開いていたり、ツクシのはかまのように葉がきちんと上を向いているものなど、いろいろな状態のスギナが生えていますね。
この中からしっかりと美味しいスギナをGETしていきましょう。

 

ポイントは若芽!

食用に適していて美味しいスギナは、大きく育っていない若芽のスギナです。
タケノコ形で葉が広がっておらず、緑色が明るい若緑色のものが若芽。

スギナ ご飯

 

比べてみると一目瞭然ですが、右側の方が「若芽」です。
こっちの方が美味しそうですよね^^
左側の方は大きく育ってしまったスギナでこちらは固すぎて食用には適しませんので、避けてください。
(ただし、お茶やスギナ粉末を作る時はこちらの大きなスギナでも大丈夫です。)
もし、少し成長したものでも穂先が柔らかければ、その部分だけを採取してもOKです。
触ってみて柔らかいものを採取するようにしてくださいね^^

若芽が見つからない時は?

成長しすぎたスギナばかりで美味しそうなものが見つからない時は、一度スギナを刈り取ってしまいましょう。
スギナは生育が強靭ですので、あっという間に新しい若芽がニョキニョキと伸びてきますよ^^

農薬や除草薬に注意!

スギナは畑や道端などいろいろなところに生えていますが、農薬や除草薬がかかっていないところのものを選ぶといいですね。
口に入れるものですから、安全には十分気をつけたほうがいいでしょう。

 

スギナを食べる際の注意点

スギナは柔らかい若芽を食するのが適していますが、決して消化が良いものではありません。
ですので、高齢者や子供が食べるのは基本的には不向きです。
ただし、スギナ粉末にしてお料理に使う場合やお茶で煎じて飲む場合は大丈夫です。

また、スギナは植物毒のアルカロイドや無機ケイ素、チアミナーゼを含んでいるため大量摂取はNGです。
ただ、毎日どんぶりいっぱいのスギナをガツ食いするとか、そういう異常な摂取をしない限り、時々お料理に使う程度であるならば問題はないでしょう。

スギナの栄養価や副作用についてはこちらの記事もご覧ください。
栄養豊富スギナ茶の作り方とダイエット効果|飲み方の注意点と副作用

 

Sponsored Link
当サイトの管理人。 自然やナチュラルな生き方を日々追求している。 地球の環境問題や食料問題を真剣に考えるようになり、菜食主義を実践。 現在も元気にベジタリアニズム道を突っ走っている。



  • 6
    ツイート
  • 169
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 1
    Pocket

いいね


コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア