蚊対策はハーブが効果的!赤ちゃんにも安心な虫除けスプレーの作り方

  • 1
    ツイート
  • 1
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 3
    Pocket

Sponsored Link

 

夏には必須の虫除けスプレーですが、市販の虫除けスプレーは赤ちゃんへの影響が心配ですよね。

そこで蚊対策には是非天然由来のハーブを使った虫除けスプレーの使用がおすすめです。
植物の力で蚊を遠ざけるので、とっても安心^^

今回は虫除けに効果があるハーブの種類とスプレーの作り方についてご紹介します。

 

市販の虫除けスプレーが赤ちゃんにとって危険?

蚊※画像はイメージです

夏の必需品虫除けスプレー。
昨年はデング熱も話題になりましたが、蚊は鬱陶しい以上に地味に恐ろしい昆虫ですよね。

蚊の季節はしっかりと蚊の被害から身を守ることが必要ですが、市販の多くの虫除けスプレーには昆虫忌避剤として「ディート」という成分が使われているのをご存知でしょうか。

ディートは忌避剤としてはとても効力を発揮し、効果も長持ちするとされ、人体への影響はないとされています。
が、実は重度の神経障害や皮膚炎を引き起こすことも分かっています。

筆者は虫除けスプレーを使用すると、肌がなんとなくカサカサしたり痒くなったりします。
肌の弱い赤ちゃんや子供に使用するのはいかがなものかと。。

確かに、よくよく使用上の注意を読んでみると、ディートが使用されている製品は、乳児に対しては「1日に1回未満の使用が目安」などと書かれており注意喚起されています。

現在のところ一応毒性が低いとされており、使用上の注意を守れば大丈夫、、というのが一般的な見解ですが、逆にいうと安全性に関してそこまで神経質に気をつけなければいけないということでもあるのです。

そもそも、このディートという成分、戦時中にマラリアなどの伝染病の予防のために米軍で開発された農薬成分なので、これを安全なシロモノと言い切ってしまう方が違和感がありますよね。

 

虫除け効果のあるハーブは?

実はハーブにも蚊よけ効果のある成分を含む種類のものがいくつかあり、実際虫除けにも利用されています。
虫除けに効果のあるハーブの種類は以下のものです。

シトロネラ

シトロネラ

via: practicalgardenplants.com

シトロネラはイネ科の植物で生命力が強く、昆虫が嫌うシトラールという成分を含んでおり、特に蚊に対しては強く効果を発揮するとして知られています。
古くから蚊帳に編みこんで虫除けとして使われていました。
香りはシトラス系の香りで、昆虫は嫌がるが人間にはいい香り^^
この香りには蚊が誘引されるという二酸化炭素の探知能力を低下させる働きがあります。

 

ゼラニウム

ゼラニウム

 

ヨーロッパでは窓辺にゼラニウムを植える習慣がありますが、アロマ効果や魔除けの意味だけでなく昆虫の侵入を防ぐ役割のためにも利用されています。
ゼラニウムにはいろいろな種類がありますが、蚊除けに効果があるのはセンテッドゼラニウムです。
このセンテッドゼラニウムにシトロネラの遺伝子を組み込んで品種改良されたものが、いわゆる「蚊連草」という名前で売られているシトロネラゼラニウム。
シトロネラールという蚊が嫌う成分を含んでおり、蚊除け効果があります。

 

レモングラス

レモングラス

via: www.etsy.com

レモングラスはシトロネラと同じくイネ科のハーブ。
外観はそっくりであまり見分けがつきませんね。
レモングラスは鮮烈なレモンの香りあり、シトロネラと同じく「シトラール」という成分が含まれているので、優れた昆虫忌避作用を持ちます。
タイ料理のトムヤムクンにも利用されていますが、タイでは虫除けとしても定番のようです。

 

ユーカリシトリオドラ(レモンユーカリ)

レモンユーカリ

via: www.plantoftheweek.org

米国の疾病予防管理センターから、蚊の忌避剤として認可されており、非常に強い昆虫忌避作用を発揮するユーカリシトリオドラ。
こちらもレモンに似た香りを持ち、別名レモンユーカリとも呼ばれます。
シトロネラよりも有効成分の含有量が多いです。
蚊除けに絶大な効果があるとして定評があります。

 

ニーム(インドセンダン)

ニーム

via: www.dogster.com

ニームは「虫よけの木」として園芸店などで売られており、ゴキブリやアブラムシなどの害虫200種類以上に対して効き目があります。
動物には無害で子供やペットの虫除けとして利用されており、蚊にもかなり有効な効果を発揮します。
また、ニームは健康茶としても取り入れられています。

 

ハーブを使った虫除けスプレーの作り方

これらの昆虫忌避作用のあるハーブのエッセンシャルオイルを使って虫除けスプレーを作りましょう。
必要な時に必要な分だけ作ることができますし、何より天然成分で手作りなので安全な虫除けスプレーです。
エッセンシャルオイルは1種類だけではなく、好きな香りを2、3種類組み合わせてブレンドするのもおすすめです。

それでは作り方にいってみましょう。

<準備するもの>
・ エッセンシャルオイル 5~10滴 ※
・ 無水エタノール 5ml
・ 精製水 45ml
・ スプレー容器

※虫除け効果のあるシトロネラ、ゼラニウム、レモングラス、ユーカリシトリオドラ、ニームの中からお好きな配合でブレンドしてください。

<作り方>

まず、スプレー容器に無水エタノールを入れたあと、エッセンシャルオイルを加えてよく混ぜます。
こうすることで、エッセンシャルオイルが精製水と分離してしまうのを防ぎます。
次に精製水を加えてよく混ぜ合わせれば出来上がり。

簡単ですね^^

注意点としては、エッセンシャルオイルの原液は刺激が強いので直接塗らないこと。
スプレーの濃度は濃くても1%までが限度です。(50mlに対して10滴まで)
赤ちゃんに使用する場合は、3~5滴程度にしてくださいね。

保存は日の当たらない涼しい場所で保管します。
遮光性のあるスプレーボトルを使用するとより良いでしょう。

 

ディート不使用・ハーブが原料ののおすすめ虫除けスプレー

Sponsored Link

 

虫除けスプレーを手作りしてもいいですが、エッセンシャルオイルをわざわざ購入するのも煩わしい、、と思われる時は、既成品でもやはりディート不使用の安全な虫除けスプレーを選ぶようにするのがいいですね。

虫除けスプレーは直接肌に触れるものですし、スプレータイプのものは噴射する際に飛散する成分を吸い込んでしまう可能性や、特に赤ちゃんや子供はうっかり散布した場所を舐めてしまう可能性もあります。
既成品を購入する際は原料に化学薬品が使われてないかをしっかりとチェックしましょう!

こちらの「Herb Guard」は、ディート不使用で昆虫忌避作用のあるハーブ油をバランスよく配合した天然植物由来原料100%の安心な虫除けスプレーです。

虫除け ハーブガードvia: sooooos.com

石油系の原料や合成香料、防腐剤も一切使われていないので、赤ちゃんや子供にも安心ですね^^
成分は、蚊が嫌う効果の高いシトロネラ油がユーカリ油がしっかりと配合されており、6時間経過しても効果が持続。
ラベンダーも配合されているので香りも爽やかでリラックス効果もあり、とても優しい製品です。
天然植物成分のみで余計なものが入っていないので、虫除け目的だけではなく、お部屋やハンカチなどの小物に散布してリフレッシュ、という使い方もできます^^
普段使いにもアウトドアでも携帯していたいおすすめの製品です。

■■ItemInfo
ディート無添加・虫よけスプレー ハーブガード

 

Sponsored Link
当サイトの管理人。 自然やナチュラルな生き方を日々追求している。 地球の環境問題や食料問題を真剣に考えるようになり、菜食主義を実践。 現在も元気にベジタリアニズム道を突っ走っている。



  • 1
    ツイート
  • 1
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 3
    Pocket

もし記事が「面白かった!役に立った!」と感じたら「いいね!」していただけると嬉しいです!



コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア