夏フェスの靴の選び方|足元を快適に過ごす必須3種のシューズとは?

  • 0
    ツイート
  • 2
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 1
    ブックマーク
  • 1
    Pocket

Sponsored Link

 

夏の野外フェスの靴の選び方はとっても重要。
これでイベントを最大限楽しめるか否か、といっても過言ではありません。
足元に何を履くかは夏フェスの持ち物の最大のチェックポイントです。
今回は、夏フェスの足元を快適に過ごすために必須の3種類のシューズをチェックしていきましょう。

 

夏フェスの足元はかなり過酷

夏フェス

夏の必須イベントといえるほど定着した夏フェス!
かなりメジャーなイベントになっていますが、まだまだこれから夏の野外フェスに挑戦しようとする人は多いことでしょう。

野外フェスの達人からすると基本中の基本ですが、野外フェスで一番気をつけなければいけないこと、というのは実は足元のコンディションなんです。
フェス会場は山の中や郊外の公園などが多く、足元は芳しくなことがほどんど。
土や泥、砂砂利の上を歩いて移動したり、雨が降れば道がぬかるむ場所もあります。
さらに、会場内のステージからステージを移動するのに歩いて30分ぐらいかかることもあり、足にとってはかなりタフな環境。

うっかりオシャレ優先で間違った靴選びをしてしまうと、かなり過酷な体験となってしまうので、何はともあれ足元の装備だけは気をつけていきましょう!

 

夏フェスを快適に過ごす必須3種類のシューズとは?

シューズ

野外フェスの足元を快適に過ごすためには3種類のシューズがあると便利です。

 

通常はやっぱりスニーカーが基本!

ライブを観る、会場内を歩きまわるなど、フェス会場では足をかなり酷使しがち。
山で開催されるフェスでは道がゴツゴツしたところもあるでしょう。
フェスをアクティブに思う存分楽しむのであれば、足元の基本スタイルはスニーカー+靴下です。

しっかりしたものを選ぶと足の疲れ方が全然違います。
持ち物の中でおそらく一番気をつけておくべきチェックポイントでしょう。
フェス中で一番着用時間が長いものですので、足を守ることを優先に選ぶのがいいですね。

ちなみに、ヒールがあるものはかなり危険です。
自分の足が疲れるだけでなく、他人の足を踏んでしまったときも大変なことになりますので絶対に避けてくださいね。

 

雨でぬかるむ足元にはラバーブーツ

野外のフェスでは雨が降ると、その後の足元のコンディションが悲惨な状態に。。
特に、モッシュゾーンなどの人が動く場所では特にぬかるんでいます。
普通の靴だと足元がびしょ濡れになり、汚れと冷えで不快極まりなく、せっかくのフェスが台無しになってしまいます。
長靴は泥んこ&びしょ濡れ地獄を避け、快適にフェスを楽しむための必須アイテム!
特に山の天気は変わりやすいので、天気予報が晴れでも必ず持参しましょう。

 

リラックスシューズで疲れた足に息抜きを

人混みの中やモッシュゾーン、移動中などの使用は避けたいサンダルですが、休憩中やテント周りなどアクティブでない時間にはかなりお役立ちなアイテムです。
いくら機能的とはいえ、一日中スニーカーで歩きっぱなし立ちっぱなし、ではさすがに疲れます。
時々、足を休息させるためにサンダルに履き替えるだけでかなりラクチンに。
やはり、フェス中もONとOFFを切り替えていきたいものですね。

 

夏フェスに準備したいおすすめの靴と選び方

ライトトレッキングシューズ

MERRELL MOAB GTXvia: item.rakuten.co.jp/mischief

トレッキングシューズは登山などで傷めがちな足の保護を第一に設計されたシューズ。
メレルのモアブは安定感が抜群で、モッシュで足を踏まれまくってもビクともしません。
ゴアテックス素材なので夏場の蒸し暑い時や、雨が降っている時も蒸れず快適。
トレッキングシューズなのに軽くて通気性があるところも嬉しいところです。

野外フェスでアクティブに動きまわりたい人には是非おすすめしたいシューズです。

■■ItemInfo
rakutenlogoMOAB GTX モアブゴアテックス DARK TAN / MERRELL(メレル)

 

トレイルランシューズ

montrail FLUID FUSION OUTDRYvia: item.rakuten.co.jp/clickmarket

トレイルランシューズは舗装されていない山道などを走るのに最適化されたシューズ。
ローカットでくるぶしの自由度が高く、地面と接地するアウトソールにグリップ力があるので、野外の夏フェスにはぴったりでしょう。
また、発汗量にも考慮されており通気性も良い製品が多いのが特徴です。
モントレイルのフリューイッドフージョンは、トレッキングシューズとしても使用OKの抜群の安定感とフィット感があります。
防水性もあるので、多少の水濡れにも強く安心な足元で過ごせるでしょう。

■■ItemInfo
FLUID FUSION OUTDRY フリューイッドフージョン アウトドライ / montrail (モントレイル) 15120yen

 

ラバーブーツ

雨が降ればあると最強に助かる必須アイテムですが、降らなければかえってかさばって邪魔になるラバーブーツ。
なので、野外の夏フェスに準備したいラバーブーツは携帯用に優れたパッカブルタイプのものがおすすめです。
使わない時は小さくたたんで袋にいれ、バッグに収納すればかさばらないので便利!

 

Columbia ラディパッカブルvia: zozo.jp

デザイン性も高いが耐久性も高い優秀なレインブーツ。
パッカブル仕様で、足首からすねにあたる部分をコンパクトに折りたたむことができる上に、このしっかり感は嬉しいですね。
厚みがあって柔らかいラバー素材なので、動きまわってもストレスなく快適な履き心地です。

■■ItemInfo
rakutenlogo ラディパッカブル レインブーツ スペシャルモデル / Columbia

 

coen ポケッタブルレインブーツvia: zozo.jp

さらにコンパクトに持ち歩くなら、こちらのレインブーツがおすすめ。
筒に芯がないタイプなので、くるくると丸めるようにして収納できます。
しかも動きやすいので、フェスにもぴったり。
履き口がリブになっていてフィットするので、雨の侵入を防いでくれるのもいい。
メンズサイズのみですが、一番小さいサイズなら女性でも厚手の靴下を履いたりインソールを入れるなどしてカバーできますよ^^

■■ItemInfo
ポケッタブルレインブーツ / coen 7344yen

 

サンダル

疲れた足のリラックスシューズは、アウトドア対応の足のサポート力のあるサンダルを選ぶべし!
ライブにサンダルは危険なのでNGですが、テント周りやコンディションが良い安全地帯であればサンダルで足を開放させてあげてもいいですね。
やはり、しっかりした作りのサンダルにはビーサンにはない安定感がありますよ^^

 

Chaco Z/1 UNAWEEPvia: zozo.jp

ぬかるみや悪天候時の道でも負けないしっかりとしたサンダル。
ソールの溝が深くしっかりとしているので、アクティブ使いに適しており、でこぼこしたトレイルや滑りやすい岩肌にも対応できます。
ストラップを引いて調節できるようになっているので、足にもぴったりとフィットさせることが可能。
足の自然なアーチに基づいたデザインなので足のサポート力が高く、履き心地やフイット感の良さは折り紙つきです。

■■ItemInfo
Z/1 UNAWEEP / Chaco(チャコ) 9720yen

 

Teva HURRICANE XLTvia: zozo.jp

履き心地が超秀逸なスポーツサンダルはTevaのハリケーン。
足の指を保護してくれる機能がありつま先を圧迫しないので、疲れた足はほっと一息。
クッション性を高め柔軟性があるEVAインソールを採用しているため、快適感はお墨付きです。
足のリラックスタイムには是非一つは持っておきたいアイテム。

■■ItemInfo
rakutenlogoHURRICANE ハリケーン XLT / Teva(テバ)

 

夏フェスの足元をさらに快適に

Sponsored Link

 

いかがでしたでしょうか。

夏フェスでは、かなりの距離を歩く上、飛んだり跳ねたり踊ったりというのを一日中繰り返すので、足の疲れっぷりは尋常じゃない、というのをまず前提として覚えておいてくださいね。

シューズが3種類あるとずいぶんラクチンだとは思いますが、さらに足を快適に保つための工夫としては以下のようなものがあります。

シューズの中敷き(インソール)を追加する

クッション力がもの足りないと思うシューズに低反発のインソールをプラスすると足の疲れが和らぎます。
また、長時間履き続けることになるスニーカーには、蒸れ防止用や消臭用のインソールを追加するのもオススメです。

トレッキング用レギンズやむくみ解消のサポーターを使用する

夏にレギンスというと暑苦しいイメージですが、トレッキング用とされているタイプのものは、ドライ生地を使用していて汗を吸収してくれるのでけっこう快適。
UVカット効果もあります。
足のいろいろな部分で圧がかかっているので、血液の流れを良くしてくれるので疲労物質が取れやすく疲れにくいです。

足裏シートを休憩時間に使用する

お手軽にフットケアが出来る足裏シートを持参していくのもおすすめ。
ドラッグストアや100均でも購入することができ、かなり気持ちがいいので、疲れきった足にはとても有り難いアイテムです。
いろいろなタイプのものがありますが、足がベタベタになってしまう樹液タイプのものは厄介なので避けましょう。
普通にジェルシートタイプのものが良いですね。
むくんで熱っぽくなった足にひんやりととても気持ちがいいですので、休憩時間に効果的に使っていきましょう。

 

Sponsored Link
当サイトの管理人。 自然やナチュラルな生き方を日々追求している。 地球の環境問題や食料問題を真剣に考えるようになり、菜食主義を実践。 現在も元気にベジタリアニズム道を突っ走っている。



  • 0
    ツイート
  • 2
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 1
    ブックマーク
  • 1
    Pocket

もし記事が「面白かった!役に立った!」と感じたら「いいね!」していただけると嬉しいです^^



コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア