男性のUV対策|メンズオーガニック日焼け止めと女性用との違いは

  • 0
    ツイート
  • 1
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 1
    Pocket

Sponsored Link

 

いつまでも若々しく肌の綺麗な男性は、仕事も出来そうな印象ですし好感度が高いですよね。
最近はスキンケアに高い意識を持つ男性も増えてきましたが、UV対策の重要性に関してはどの程度認知されているのでしょうか。

また男性用の日焼け止めのラインナップも最近は少しずつ出てきましたが、女性用の日焼け止めとの違いとは?

男性におすすめの自然由来のオーガニック日焼け止めなども紹介していきます。

 

男性のUV対策事情は?

日差し

最近は男性のスキンケア意識が向上しており、外見を磨いていくことも「自分磨き」の一環として捉えている男性が多くなっています。

男性がスキンケアをするのは「若々しさをキープしたい」「人から評価されたい」という欲求が背景にありますが、実際、外見に気を使っている男性は、様々は場面において印象が良いですし好感度も高いですね。

美容にとっての大敵である紫外線から肌を守ることは、老化を防ぐためにとても大切なことですが、男性にとってUV対策とは、化粧水や乳液でのスキンケアに比べ、やや意識と実践率が少ない傾向にあるようです。

20代~60代の男性の半数が「紫外線が気になる」と回答しているのに対し、紫外線対策を行っているのは若干13~25%にとどまっています。

気にはなっているがこれといった対策をしていないのは、「面倒だから」「具体的な対策方法がわからない」という意見がありますね。

しかし、男性の老化は加齢に伴って肌表面が硬質化していき弾力性が失われていきますが、その原因はホルモンバランスなどの生理的なものよりも、外的な紫外線による真皮の破壊によるところが大きいのです。
さらに、紫外線の影響を加速させる要因としてヒゲ剃りに使うカミソリの使用により肌のダメージが大きくなっていることも挙げられます。

ですので、やはり男性にとってもUV対策をしっかりと心がけていくことが大切ですよ^^

 

男性が使いたい日焼け止めとは?女性用との違い

日差し

男性のUV対策に対する関心が高まっていますが、実際日焼け止め化粧品を購入する際に「どのようなものを選べばいいか分からない」という声が多いのが実情です。

女性用の日焼け止め商品のラインナップは種類も多く、女性特有の悩みにフォーカスした商品もありますが、意外と男性用のラインナップが少ないですよね。
日焼け止めの女性用と男性用の違いとは、実は機能に違いがあるという訳ではなく、ターゲットを明確にしているだけなので、男性でも女性用の日焼け止めで肌に合うものがあればそれを使っても全く構わない訳です。

ただ、男性と女性の肌事情というのは少し異なるところがあるようです。

まず、男性は毎日のヒゲ剃りの刺激により肌が傷ついており乾燥が進んでいる場合が多いのです。
乾燥した肌はUVからのバリア機能も低下しており、より多くのUVの悪影響にさらされる可能性があります。
そして、さらには男性の肌には女性の2倍もの毛穴数があり、その分皮脂の分泌が多いので油性肌も引き起こしやすくなります。
結果、ヒゲ剃りによる「乾燥」と皮脂分泌による「油性肌」が混在する「混合肌」という厄介な状態になっている場合が多く、何もケアをしないと紫外線が肌の表面の油脂を酸化したり、乾燥をより一層進め、深いシワを作ったりとかなり危険な状況を招いてしまいます。

ですので、意外とデリケートな男性の肌には「肌に優しい」ものを選ぶというのは大変合理的ことなのです。

 

おすすめのメンズオーガニック日焼け止め

Sponsored Link

 

女性に比べて皮脂が多く乾燥しがちな男性こそ、肌に優しいオーガニック日焼け止めでUV対策をする必要があると言えそうですね。
女性のようにメイクをする訳ではないので、洗顔石鹸以外にクレンジングが必要な日焼け止めを使うのは煩わしいのでできれば洗顔石鹸で落とせるものというのもポイントです。
さらに、女性は日焼け止め以外にも+αで日傘や帽子を併用しますが、男性はあまりそういった小物を使うことがありませんし、髪も短いので肌の露出が女性よりも多くなりがちなので、紫外線のプロック力を表すSPF値は30は欲しいところですね。※SPF値は高ければ高いほど紫外線のブロック力は高くなりますが、肌への負担が大きくなります。
ただ、リゾートやアウトドアで一時的にSPF値の高いもの(SPF40~50)を使うというのは良いですが、日常的に使用することはおすすめしません。

以上のことを踏まえ、男性に適していて使いやすい日焼け止めの条件は、

・ 使用感がよい(べたつかない)
・ クレンジングが不要で洗顔せっけんで落ちる
・ SPF30前後

という基準で選ぶのが良いと思います。

そこで、以上の条件を満たしたオーガニック日焼け止めをピックアップしてみました。

HANAオーガニック / ウェアルーUV

ウェアルーUV HANAオーガニック

男性にぴったりなオーガニック日焼け止めは、このHANAオーガニックの「ウェアルーUV」がおすすめです。
天然成分100%で作られており、ヒゲ剃りで酷使しがちな肌にも優しい製品です。
もちろんノンケミカルで、紫外線吸収剤不使用。
それなのにSPF30という防御力があり、しっかりと紫外線から肌を守ってくれます。
使用感もさらりとしていて、つけた後はしっとりとするのにペタつき感はありません。
洗顔石鹸で落とせるので、クレンジングも要らない手軽さも嬉しいですね。

 

ジョンマスターオーガニック / ナチュラルミネラルサンスクリーン

ジョンマスターオーガニック ナチュラルミネラルサンスクリーン

こちらのジョンマスターオーガニックの「ナチュラルミネラルサンスクリーン」も男性におすすめしたい秀逸なオーガニック日焼け止めです。
こちらも100%ナチュラル成分ノンケミカルで肌への優しさはお墨付き。敏感肌の方にも人気です。
SPF30なのでUVカット力もあり安心できますね。
洗顔で落とすことができ、クレンジングは不要です。
日焼け止めにありがちなベタ付き感や被膜感はありませんが、保湿成分が配合されておりしっとり感はしっかりあるので、油性肌の強い方には少し油分が多いと感じるかもしれませんが、白浮きはしませんし使いやすい日焼け止めです。

■■Item Info
ジョンマスターオーガニック ナチュラルミネラルサンスクリーンSPF30 2floz/59ml

Sponsored Link
当サイトの管理人。 自然やナチュラルな生き方を日々追求している。 地球の環境問題や食料問題を真剣に考えるようになり、菜食主義を実践。 現在も元気にベジタリアニズム道を突っ走っている。



  • 0
    ツイート
  • 1
    facebookでリンクをシェア
  • 0
    google+
  • 0
    ブックマーク
  • 1
    Pocket

もし記事が「面白かった!役に立った!」と感じたら「いいね!」していただけると嬉しいです^^



コメントを残す

    「自然とともにある生活」をテーマにオーガニックライフな感性を追求するメディア